2017年05月20日

化学的競馬投資コメント20170521

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11Rのオープンの韋駄天ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がシンボリデイスコで、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がステインライクビーでした。
私は、新潟11Rは上位2頭に加えて過去にG2/G3で上位入着の経験があるオメガヴェンダッタを加えた3頭を絡めた馬券を検討予定です。


東京11RのG1のオークスは、「馬場脚質不利克服馬」はブラックスピーチとアドマイヤミヤビの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はソウルスターリングとレーヌミノルの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がソウルスターリングで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がフローレスマジックとブラックスピーチでした。
私は、東京11Rはソウルスターリングを軸に上記4頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rの1600万の下鴨ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はナムラシングンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はナムラシングンとノーブルマーズとサツウルーエアーとサンライズタイセイの4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走しておりませんでした。
私は京都11Rは上位4頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟1Rのカホピーチ、新潟2Rのオトチャン、新潟3Rのラーゴブルー、新潟5Rのブライヤビスタ、東京4Rのヒルノアトラーニ、東京6Rのアルーフクライとダイワドノヴァン、東京7Rのミュートロギア、東京9Rのパブリックフレンド、東京12Rのシホウ、京都1Rのマルノハヤテとタムロセレッサ、京都9Rのサトノマイヒメとレイリオンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:27TrackBack(0)

2017年05月13日

科学的競馬投資コメント20170514

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11Rの1000万の赤倉特別は、「馬場脚質不利克服馬」はキークラッカーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がレッツゴースターでした。
私は、新潟11Rは上位2頭に加えて過去に1000万条件で2着の経験があるレーヌドプリエとラインハーデイの2頭を加えた4頭を絡めた馬券を検討予定です。


東京11RのG1のヴィクトリアマイルは、「馬場脚質不利克服馬」はジュールポエールとクリノラホールの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がスマートレイアで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がレッツゴードンキとソルヴェイグでした。
私は、東京11Rは上記4頭に過去にG1を2勝しているミッキークインを加えた5頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11Rのオープンの栗東ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコウエイエンブレムとサイタスリーレッドとビッグリバテイの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、京都競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がデルマヌラリヒョンでした。
私は京都11Rは上位4頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟1Rのメヌエットとカフジジュエル、新潟3Rのデイープウインダムとコンフェクション、新潟8Rのヴレ、新潟12Rのベイサージュ、京都2Rのメガフレアとワデスドンマナー、京都4Rのルリオン、京都5Rのカルトヂュモンドとホウオウドリームとケイツーフラン、京都8Rのアイアンヒロインとファンタサイズに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:02TrackBack(0)

2017年05月06日

科学的競馬投資コメント20170507

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11RのG3の新潟大賞典は、「馬場脚質不利克服馬」はメートルダールの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はメートルダールとレッドソロモンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がフルーキーで、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がトーセンレーヴでした。
私は、新潟11Rはメートルダールを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。


東京11RのG1のNHKマイルカップは、「馬場脚質不利克服馬」はアエロリットとレッドアンシェルとボンセルヴィーソとリエノテソーロの4頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬が高い馬がミスエルテで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がタイムトリップで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がアウトライアーズでした。
私は、東京11Rは上記7頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11Rのオープンの鞍馬ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はオールインワンとファインニードルの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がレッドラウダでした。
私は京都11RはG3で上位入着経験があるセカンドテーブルに上位3頭を加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟2Rのジョーシナモン、新潟6Rのブラウンラファール、新潟9Rのテルヴィング、東京3Rのオーランガバード、東京7Rのエバーアシャルマン、東京8Rのリキサンダイオー、東京9Rのエイシンエルヴィン、京都1Rのアポロオーランド、京都3Rのサンマルタイトルに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:45TrackBack(0)

2017年04月29日

科学的競馬投資コメント20170430

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11Rのオープンの谷川岳ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はヒーズインラブの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、休養明適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルバタックスとダノンリバテイとレブランシュで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がロイカバードでした。
私は、新潟11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのスイートピーステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はブラックスピーチとハートオブスワローの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がブラックスピーチで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がヒストリアでした。
私は、東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG1の天皇賞は、「最強馬場脚質不利克服馬」はキタサンブラックが出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はアルバートとサトノダイヤモンドとゴールドアクターとシャケトラとスピリッツミノルとタマモベストプレイとファタモルガーナの7頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアルバートとサトノダイヤモンドとシュヴェルグランの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がシャケトラとデイーマジェステイーとアドマイヤデウスで、京都競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がアルバートで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノダイヤモンドした。
私は京都11Rはアルバートとサトノダイヤモンドの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟7Rのアッパレドンキ、新潟8Rのマカレア、新潟12Rのモコトルーメンとパレード、東京1Rのハミングパッション、東京2Rのレイダー、京都2Rのサンライズソーマ、京都4Rのオーシャンセブン、京都5Rのクールファンタジー、京都6Rのファンタサイズ、京都7Rのナムラヘイハチロー、京都10Rのスーパーモリオンとマイネルバールマンとタガノカトレアに少々興味を持っております。



  
Posted by morishita1 at 16:49TrackBack(0)

2017年04月22日

科学的競馬投資コメント20170423

さて今週の3競馬場のメインですが、

福島11Rの1000万の福島中央TV杯は、「馬場脚質不利克服馬」はフジノパンサーとクラウンアイリスの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がキョウワゼノビアで、福島競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がフジノパンサーとクラウンアイリスでした。
私は、福島11Rは上記3頭に坂路調教状況が非常に良いシルバーコードを加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11RのG2のフローラステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はフローレスマジックとホウオウパフュームとラユロットの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がフローレスマジックで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がアドマイヤローザとキャナルストリートでした。
私は、東京11Rはフローレスマジックを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


京都11RのG2の読売マイラーズカップは、「馬場脚質不利克服馬」はエアスピネルとイスラボニータの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はエアスピネルとフィエロの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がプロデイガルサンで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がフィエロでした。
私は京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

  
Posted by morishita1 at 17:01TrackBack(0)

2017年04月15日

科学的競馬投資コメント20170416

さて今週の3競馬場のメインですが、

福島11Rのオープンの福島民報杯は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はシャドウパーテイーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がシャイニングレイで、高齢馬適性の種牡馬適性が高く阪神競馬場の種牡馬適性が高い馬がシャドウパーテイーで、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がバロンドウフォールでした。
私は、福島11Rはシャドウパーテイーを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


中山11RのG1の皐月賞は、「馬場脚質不利克服馬」はクリンチャーとアダムバローズとレイデオロとアウトライアーズとダンビュライトとアメリカズカップの6頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はスワーヴリチャードの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルアインとサトノアレスで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がベルシアンナイトでした。
私は、中山11Rは注目馬が多く、絞り方が難しいので、「複勝軸馬候補」はスワーヴリチャードを軸に上記馬たちを絡めたワイド馬券を検討予定です。


阪神11Rのオープンの難波ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はハナズレジェンド1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」もハナズレジェンドの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がボルトドートウイユでした。
私は阪神11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島2Rのスペランツア、福島3Rのコンバーニとシルバーコンパス、中山1Rのブランドチャームとデイーワンプリモ、中山2Rのキョウワヒラリー、中山9Rのエアビザレー、阪神3Rのシュクラ、阪神4Rのマナープリンセス、阪神5Rのステッドファストとテンペストとアドマイヤジョラスに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:05TrackBack(0)

2017年04月08日

科学的競馬投資コメント20170409

さて今週の3競馬場のメインですが、

福島11Rの1000万の米沢特別は、「馬場脚質不利克服馬」はショートストーリーとナムラミラクルの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、福島11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。


中山11Rのオープンの京葉ステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はショコラブラウンの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はレッドゲルニカの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はブルドッグボスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がナンチンノンでした。
私は、中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の桜花賞は、「馬場脚質不利克服馬」はアエロリットとカワキタエンカとミスエルテとジューヌエコールとアドマイヤミヤビの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く阪神競馬場の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がソウルスターリングとミスエルテで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサロニカでした。
私は阪神11Rはソウルスターリングを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島1Rのロングバージョンとフリヴォル、福島2Rのショウナンカノンとクリスプウインド、福島5Rのウインドフォールとサーカムスダンス、福島12Rのキッズライトオン、中山4Rのサクラセンテイーレ、中山8Rのヴィータファイン、中山12Rのベストセラーアスク、阪神1Rのレクセル、阪神2Rのヴェストリスとロシニヨール、阪神3Rのメイショウラプター、阪神4Rのモズアムール、阪神5Rのダノンケンリュウ、阪神6Rのエネルムサシ、阪神10Rのトウシンイーグルに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:53TrackBack(0)

2017年04月01日

科学的競馬投資コメント20170402

さて今週の2競馬場のメインですが、


中山11Rの1600万の船市制は、「最強馬場脚質不利克服馬」はナイトフォックスの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はダイワダッチェスとアルチマブラッドの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はダイワダッチェスとシゲルノコギリザメの2頭も出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、中山11Rはダイワダッチェスを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


阪神11RのG1no大阪杯は、「最強馬場脚質不利克服馬」はキタサンブラックの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はロードヴァンドールの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はキタサンブラックとモンドインテロの2頭も出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマカヒキで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がサトノクラウンとマルターズアポジーで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がモンドインテロでした。
私は阪神11Rはキタサンブラックを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのグランセリュール、中山Rの、中山3Rのシェリーカスクとメガン、中山6Rのドラゴンボート、中山10Rのサンライズノバとグランドデイアマンとサンライズノヴァ、中山12Rのフィラーレ、阪神2Rのバイアストリートとミアグレース、阪神3Rのダノンハーレーとピュアラブに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:18TrackBack(0)

2017年03月18日

科学的競馬投資コメント20170319

さて今週の2競馬場のメインですが、


中山11RのG2のスプリングステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はサクレエクスプレスの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はシーズララバイとデアレガーロの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭が出走しており、3歳成長馬適性の調教師牡馬適性が高い馬がハナレイムーンでした。
私は、中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG2の阪神大章典は、「馬場脚質不利克服馬」はサトノダイヤモンドとシュヴァルグランとタマモベストプレイとスピリッツミノルの4頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はサトノダイヤモンドとシュヴァルグランの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師牡馬適性が高く距離短縮適性の牡馬適性が高い馬がサトノダイヤモンドでした。
私は阪神11Rはサトノダイヤモンドを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山6Rのジッパーレーンとエスコフィオン、中山7Rのアークアーセナル、阪神2Rのマイネルケントニス、阪神3Rのコールアングレ、阪神5Rのスリーランデイア、阪神8Rのアドマイヤロアに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:33TrackBack(0)

2017年03月11日

科学的競馬投資コメント20170312

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11RのG3の中山牝馬ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はパールコードの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、芝ダ変更適性の調教師牡馬適性が高い馬がデニムアンドルビーで、距離短縮適性の牡馬適性が高い馬がパールコードでした。
私は、中山11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rの1600万のトリトンステークアスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はラクアミの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はマテンロウハピネスの1頭が出走してり、「複勝軸馬候補」はラクアミとマテンロウハピネスとトーセンヂュークの3頭が出走しておりました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭が出走しており、距離短縮適性の牡馬適性が高い馬がオルレアンローズでした。
私は中京11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

阪神11RのG2のフィリーズデビューは、「馬場脚質不利克服馬」はジューヌエコールとシグルーンとヤマカツグレースの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、3歳成長馬適性の調教師牡馬適性が高い馬がアンジュデジュールでした。
私は阪神11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのマラデボラ、中山2Rのダウンザライン、中山3Rのバラードストーリー、中山4Rのハレカイ、中山9Rのクイーンズターフ、中山12Rのフレンチイデアル、阪神1Rのララスモーキン、阪神5Rのザベストエバー、阪神7Rのショウナンマシェリ、阪神9Rのケイブルグラムとキングブレイクに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:20TrackBack(0)

2017年03月04日

科学的競馬トウシコメント20170305

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11RのG2の弥生賞は、「最強馬場脚質不利克服馬」はダンビュライトの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はダイワギャグニーとマイスタイルの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、距離延長適性の牡馬適性が高い馬がマイスタイルで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の牡馬適性が高い馬がサトノマックスでした。
私は、中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11Rのオープンの大阪城ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はアスカビレンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はレコンダイトとガリバルデイの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離短縮適性の牡馬適性が高い馬がガリバルデイでした。
私は阪神11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11Rの1000万の太宰府特別は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、距離短縮適性の牡馬適性が高く小倉競馬場適性の牡馬適性が高い馬がワンスイナライフで、小倉競馬場適性の牡馬適性が高い馬がニシノジャーニーでした。
私は小倉11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのトリブレッド、中山5Rのレッドアメリア、中山8Rのシャドウトルーパー、阪神1Rのファームフェイスとデイアドーロとマルムーテイエ、阪神5Rのジュンハーツ、小倉8Rのスーセントマリー、小倉10Rのサンタアズライトに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:24TrackBack(0)

2017年02月25日

科学的競馬投資コメント20170226

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11RのG2の中山記念は、「馬場脚質不利克服馬」はネオリアリズムの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はネオリアリズムとリアルステイールとアンビシャスの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、距離短縮適性の牡馬適性が高い馬がリアルステイールで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がヴィヴロスでした。
私は、中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG3の阪急杯は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離適性の牡馬適性が高い馬がブラヴィツシモでした。
私は阪神11RはG2を勝っているシュウジに上記馬を加えた2頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11Rの1600万の関門橋ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はサンデーウイザードの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は小倉11Rはサンデーウイザードを中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのポップシンガーとコパノジャクソン、中山2Rのツクバカントウオオ、中山4Rのレジェンドセラー、中山5Rのプロテイジャアス、中山7Rのメガポリゴン、阪神1Rのミエノブルーハワイ、阪神5Rのワラツチャウオネとグレンマクナス、阪神9Rのグランドデイアマン、小倉3Rのアーキタイプ、小倉4Rのクララツウーラ、小倉7Rのレッドラミア、小倉97Rのファントムグレイに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:28TrackBack(0)

2017年02月18日

科学的競馬投資コメント20170219

さて今週の3競馬場のメインですが、


東京11RのG1のフェブラリーステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はベストウオーリアとサウンドツウルーとモーニンとノンコノユメの4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、東京競馬場適性の牡馬適性が高く距離適性の牡馬適性が高い馬がベストウオーリアで、東京競馬場適性の牡馬適性が高い馬がモーニンでした。
私は、東京11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11Rの1600万の斑鳩ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はテラノヴァの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はトーセンデユークの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がレッドアヴァンセでした。
私は京都11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11RのG3の小倉大賞典は、「馬場脚質不利克服馬」はレッドソロモンとバトルウイールとダノンメジャーとロードヴァンドールの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く小倉競馬場適性の牡馬適性が高く距離適性の牡馬適性が高い馬がストロングタイタンで、小倉競馬場適性の牡馬適性が高く距離適性の牡馬適性が高い馬がフルーキーで、距離適性の牡馬適性が高い馬がマルターズアポジーでした。
私は小倉11Rは上記8頭をうまく絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのデイーチェとフェザーリング、東京2Rのラボーナ、東京4Rのベストテイアーズ、東京6Rのヴァレーロ、東京9Rのブルエアバブーン、東京10Rのデイアマイダーリン、京都3Rのサンジェルヴェ、京都5Rのサウンドラブリー、京都8Rのリーサルストライク、京都10Rのゼンノタチカラオ、京都12Rのクリスタルタイソン、小倉2Rのアートラヴァー、小倉4Rのエール、小倉6Rのオカホンコー、小倉7Rのメイショウミソラ、小倉8Rのノボリレジェンドとツウルームーンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:34TrackBack(0)

2017年02月11日

科学的競馬投資コメント20170212

さて今週の3競馬場のメインですが、


東京11RのG3の共同通信杯は、「馬場脚質不利克服馬」はスワーヴリチャードとエルトンデイーニュとタイセイスターリーの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がムーヴザワールドで、東京競馬場適性の牡馬適性が高い馬がエルトンデイーニュした。
私は、東京11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG2の京都記念は、「馬場脚質不利克服馬」はマカヒキとアングライフェンとスマートレイアーの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はサトノクラウンとマカヒキとガリバルデイーの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、京都競馬場適性の牡馬適性が高く距離適性の牡馬適性が高い馬がサトノクラウンで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマカヒキで、距離延長適性の牡馬適性が高い馬がスマートレイアーとガリバルデイーでした。
私は京都11Rはサトノクラウンとマカヒキの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。

小倉11Rの1600万の文字ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はサトノアッシュとトミケンシャルゴーとワンダービルエットの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサマンダでした。
私は小倉11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

月曜日の芝ダ変更出走馬は、東京2Rのクロンヌ、東京9Rのワンダーロード、東京Rのプロデイジャズ、東京7Rのロードセレリテイ、京都12Rのメモリーレーン、小倉3Rのヨドノベスト、小倉4Rのサンタテレサ、小倉6Rのレレオーネとイージーゴー、小倉8Rのフォルゴラーレに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:46TrackBack(0)

2017年02月04日

科学的競馬投資コメント20170205

さて今週の2競馬場のメインですが、


東京11RのG3の東京新聞杯は、「馬場脚質不利克服馬」はエアスピネルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」もエアスピネルの1頭が出走しておりました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がプロデイガルソンで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がロイカバードした。
私は、東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG3のきさらぎ賞は、「馬場脚質不利克服馬」はプラチナヴォイスとスズカメジャーとダンビュライトとエスピリツトウオーゾとアメリカズカップの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がセトノアーサーでした。
私は京都11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、東京3Rのプロデイジャズ、東京7Rのロードセレリテイ、京都2Rのネオヴァヴェルに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:28TrackBack(0)

2017年01月28日

科学的競馬投資コメント20170129

さて今週の3競馬場のメインですが、


東京11RのG3の根岸ステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はブルミラクルの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はモンドクラッセの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はモンドクラッセの1頭が出走しておりました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、高齢馬適性の種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がタールタンで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストウオーリアで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストマッチョした。
私は、東京11Rはモンドクラッセを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


中京11Rの1600万の長篠ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はマルヨバクシンとアルチマブラッドの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はフィヅウーシアの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がマルヨバクシンで、中京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がフィヅウーシアでした。
私は、中京11Rは上記馬たちを中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG3のシルクロードステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はネロの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の種牡馬適性が高い馬がブランボヌールでした。
私は京都11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのプラクテイス、東京3Rのアルーフクとグロースアルテイヒ、東京6Rのアポロノホシ、東京9Rのアンノートル、東京12Rのフォーワードカフェ、中京7Rのルールアゲイン、中京9Rのタカラフローリックとファドとフェザリータッチ、京都6Rのダブルスピリット、京都8Rのブンブンブラウに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:41TrackBack(0)

2017年01月21日

科学的競馬投資コメント20170122

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11RのG2のAJCは、「馬場脚質不利克服馬」はクラリテイスカイの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭が出走しており、中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がミライヘノツバサで、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がナスノセイカンで、4歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がゼーヴィントで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がヤマニンボアラクテでした。
私は、中山11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


中京11RのG2の東海Sは、「最強馬場脚質不利克服馬」はモズライジンの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はリッカルドとピオネロとメイショウウタゲの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はグレンツエントとロワジャルダンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭が出走しており、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がラストインパクトでした。
私は、中京11Rはグレンツエントとロワジャルダンの2頭を軸に軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rの1600万の石清水ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はテラノヴァとキングハートとウインムートの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はエステイタートの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走しておりませんでした。
私は京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのセイウンチャームとハクサングロウ、中山2Rのボールバンドル、中山4Rのザベストエバー、中山5Rのベルウッド、中山8Rのカキツバサチグサ、中山10Rのキングストーン、中山12Rのオージャイト、中京2Rのジュングレイド、中京10Rのシンボリダビッド、京都1Rのサイレントアスカ、京都3Rのベルエスメラルダ、京都4Rのヴィーナスフローラとクールファンダジー、京都10Rのメイショウスイズキに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 17:09TrackBack(0)

2017年01月14日

科学的競馬投資コメント20170115

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11RのG3の京成杯は、「馬場脚質不利克服馬」はバリングラとボボカテベトルとアサギリジョーの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高く中山競馬場適性の種牡馬適性が高く距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がバリングラで、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がボボカテベトルで、距離延長適性の種牡馬適性が高く中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がイブキでした。
私は、中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rの1000万の知立特別は、「馬場脚質不利克服馬」はワンツウワンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」もワンツウワンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がワンツウワンでした。
私は、中京11Rはワンツウワンを軸に馬券を検討予定です。



京都11RのG2の日経新春杯は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はミッキーロケットとモンドインテロの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がミッキーロケットとモンドインテロとレーヴミストララルでした。
私は京都11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのオウケンスターダとパトリヨテスム、中山4Rのプエルトプリンセサ、中京3Rのキョウエイボヌール、中京9Rのグローサーザール、京都1Rのハシルマサムネ、京都2Rのゼンノワスレガタミ、京都3Rのノゾミとネオヴェッキオ、京都4Rのフオーカード、京都5Rのロードコランダム、京都8Rのゼンノタチカラオ、京都9Rのキングストーンに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:39TrackBack(0)

2017年01月07日

科学的競馬投資コメント20170108

さて今週の2競馬場のメインですが、


中山11RのG3のフェアリーステークスは、馬場脚質不利克服馬」はブラックオニキスとジャストザマリンとモリトシラユリの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬も1頭もいませんでした。
私は、中山11Rは上記3頭のワイド馬券を検討予定です。



京都11RのG3のシンザン記念は、「最強馬場脚質不利克服馬」はブレイブバオーズの1頭で、「馬場脚質不利克服馬」はトラストとタイセイスターリーとマイスタイルとメイショウソウビとブラックランナーの5頭で、「複勝軸馬候補」は1頭が出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルアイン、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がケンシンでした。
私は京都11Rは調教が抜けて良いアルアインを中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのニシノオマージュ、中山3Rのマイネルヴィレとゲンパチマサムネ、中山8Rのブレツイオーレ、中山12Rのロジテースト、京都1Rのブルーブラッド、京都3Rのテイルバックとスニグラーチカ、京都5Rのライオネルカズマ、京都7Rのメイショウミソラに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:00TrackBack(0)

2016年12月24日

科学的競馬投資コメント20161225

さて今週の2競馬場のメインですが、


中山10RのG1の有馬記念は、馬場脚質不利克服馬」はキタサンブラックとシュバルグランとマルターズアポジーとサトノプレスとアルバートの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はキタサンブラックとシュバルグランとゴールドアクターとサトノダイアモンド4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノプレス、4歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がミッキークイン、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がマルターズアポジーとデウスとサトノプレスとデニムアンドルビーでした。
私は、中山10Rはキタサンブラックとシュバルグランの2頭を軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。



阪神11Rの1600万円のカウントダウンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はザツウルーエアーとフロムマイハートとアドマイヤキズナの3頭で、「複勝軸馬候補」は1頭が出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、降級馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマキシムドパリとレアリスタとクインズミラーグロの3頭でした。
私は阪神11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのリオファンクとヴィオラとココホレワンワン、中山2Rのウルラーレとガクチカキッズ、中山12Rのサウンドテーブルとアテイーヴオ、阪神3Rのハイアクト、阪神8Rのアルパーシャンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:26TrackBack(0)