2017年02月18日

科学的競馬投資コメント20170219

さて今週の3競馬場のメインですが、


東京11RのG1のフェブラリーステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はベストウオーリアとサウンドツウルーとモーニンとノンコノユメの4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、東京競馬場適性の牡馬適性が高く距離適性の牡馬適性が高い馬がベストウオーリアで、東京競馬場適性の牡馬適性が高い馬がモーニンでした。
私は、東京11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11Rの1600万の斑鳩ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はテラノヴァの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はトーセンデユークの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がレッドアヴァンセでした。
私は京都11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11RのG3の小倉大賞典は、「馬場脚質不利克服馬」はレッドソロモンとバトルウイールとダノンメジャーとロードヴァンドールの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く小倉競馬場適性の牡馬適性が高く距離適性の牡馬適性が高い馬がストロングタイタンで、小倉競馬場適性の牡馬適性が高く距離適性の牡馬適性が高い馬がフルーキーで、距離適性の牡馬適性が高い馬がマルターズアポジーでした。
私は小倉11Rは上記8頭をうまく絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのデイーチェとフェザーリング、東京2Rのラボーナ、東京4Rのベストテイアーズ、東京6Rのヴァレーロ、東京9Rのブルエアバブーン、東京10Rのデイアマイダーリン、京都3Rのサンジェルヴェ、京都5Rのサウンドラブリー、京都8Rのリーサルストライク、京都10Rのゼンノタチカラオ、京都12Rのクリスタルタイソン、小倉2Rのアートラヴァー、小倉4Rのエール、小倉6Rのオカホンコー、小倉7Rのメイショウミソラ、小倉8Rのノボリレジェンドとツウルームーンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:34TrackBack(0)

2017年02月11日

科学的競馬投資コメント20170212

さて今週の3競馬場のメインですが、


東京11RのG3の共同通信杯は、「馬場脚質不利克服馬」はスワーヴリチャードとエルトンデイーニュとタイセイスターリーの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がムーヴザワールドで、東京競馬場適性の牡馬適性が高い馬がエルトンデイーニュした。
私は、東京11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG2の京都記念は、「馬場脚質不利克服馬」はマカヒキとアングライフェンとスマートレイアーの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はサトノクラウンとマカヒキとガリバルデイーの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、京都競馬場適性の牡馬適性が高く距離適性の牡馬適性が高い馬がサトノクラウンで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマカヒキで、距離延長適性の牡馬適性が高い馬がスマートレイアーとガリバルデイーでした。
私は京都11Rはサトノクラウンとマカヒキの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。

小倉11Rの1600万の文字ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はサトノアッシュとトミケンシャルゴーとワンダービルエットの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサマンダでした。
私は小倉11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

月曜日の芝ダ変更出走馬は、東京2Rのクロンヌ、東京9Rのワンダーロード、東京Rのプロデイジャズ、東京7Rのロードセレリテイ、京都12Rのメモリーレーン、小倉3Rのヨドノベスト、小倉4Rのサンタテレサ、小倉6Rのレレオーネとイージーゴー、小倉8Rのフォルゴラーレに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:46TrackBack(0)

2017年02月04日

科学的競馬投資コメント20170205

さて今週の2競馬場のメインですが、


東京11RのG3の東京新聞杯は、「馬場脚質不利克服馬」はエアスピネルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」もエアスピネルの1頭が出走しておりました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がプロデイガルソンで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がロイカバードした。
私は、東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG3のきさらぎ賞は、「馬場脚質不利克服馬」はプラチナヴォイスとスズカメジャーとダンビュライトとエスピリツトウオーゾとアメリカズカップの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がセトノアーサーでした。
私は京都11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、東京3Rのプロデイジャズ、東京7Rのロードセレリテイ、京都2Rのネオヴァヴェルに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:28TrackBack(0)

2017年01月28日

科学的競馬投資コメント20170129

さて今週の3競馬場のメインですが、


東京11RのG3の根岸ステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はブルミラクルの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はモンドクラッセの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はモンドクラッセの1頭が出走しておりました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、高齢馬適性の種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がタールタンで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストウオーリアで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストマッチョした。
私は、東京11Rはモンドクラッセを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


中京11Rの1600万の長篠ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はマルヨバクシンとアルチマブラッドの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はフィヅウーシアの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がマルヨバクシンで、中京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がフィヅウーシアでした。
私は、中京11Rは上記馬たちを中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG3のシルクロードステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はネロの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の種牡馬適性が高い馬がブランボヌールでした。
私は京都11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのプラクテイス、東京3Rのアルーフクとグロースアルテイヒ、東京6Rのアポロノホシ、東京9Rのアンノートル、東京12Rのフォーワードカフェ、中京7Rのルールアゲイン、中京9Rのタカラフローリックとファドとフェザリータッチ、京都6Rのダブルスピリット、京都8Rのブンブンブラウに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:41TrackBack(0)

2017年01月21日

科学的競馬投資コメント20170122

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11RのG2のAJCは、「馬場脚質不利克服馬」はクラリテイスカイの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭が出走しており、中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がミライヘノツバサで、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がナスノセイカンで、4歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がゼーヴィントで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がヤマニンボアラクテでした。
私は、中山11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


中京11RのG2の東海Sは、「最強馬場脚質不利克服馬」はモズライジンの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はリッカルドとピオネロとメイショウウタゲの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はグレンツエントとロワジャルダンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭が出走しており、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がラストインパクトでした。
私は、中京11Rはグレンツエントとロワジャルダンの2頭を軸に軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rの1600万の石清水ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はテラノヴァとキングハートとウインムートの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はエステイタートの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走しておりませんでした。
私は京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのセイウンチャームとハクサングロウ、中山2Rのボールバンドル、中山4Rのザベストエバー、中山5Rのベルウッド、中山8Rのカキツバサチグサ、中山10Rのキングストーン、中山12Rのオージャイト、中京2Rのジュングレイド、中京10Rのシンボリダビッド、京都1Rのサイレントアスカ、京都3Rのベルエスメラルダ、京都4Rのヴィーナスフローラとクールファンダジー、京都10Rのメイショウスイズキに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 17:09TrackBack(0)

2017年01月14日

科学的競馬投資コメント20170115

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11RのG3の京成杯は、「馬場脚質不利克服馬」はバリングラとボボカテベトルとアサギリジョーの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高く中山競馬場適性の種牡馬適性が高く距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がバリングラで、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がボボカテベトルで、距離延長適性の種牡馬適性が高く中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がイブキでした。
私は、中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rの1000万の知立特別は、「馬場脚質不利克服馬」はワンツウワンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」もワンツウワンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がワンツウワンでした。
私は、中京11Rはワンツウワンを軸に馬券を検討予定です。



京都11RのG2の日経新春杯は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はミッキーロケットとモンドインテロの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がミッキーロケットとモンドインテロとレーヴミストララルでした。
私は京都11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのオウケンスターダとパトリヨテスム、中山4Rのプエルトプリンセサ、中京3Rのキョウエイボヌール、中京9Rのグローサーザール、京都1Rのハシルマサムネ、京都2Rのゼンノワスレガタミ、京都3Rのノゾミとネオヴェッキオ、京都4Rのフオーカード、京都5Rのロードコランダム、京都8Rのゼンノタチカラオ、京都9Rのキングストーンに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:39TrackBack(0)

2017年01月07日

科学的競馬投資コメント20170108

さて今週の2競馬場のメインですが、


中山11RのG3のフェアリーステークスは、馬場脚質不利克服馬」はブラックオニキスとジャストザマリンとモリトシラユリの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬も1頭もいませんでした。
私は、中山11Rは上記3頭のワイド馬券を検討予定です。



京都11RのG3のシンザン記念は、「最強馬場脚質不利克服馬」はブレイブバオーズの1頭で、「馬場脚質不利克服馬」はトラストとタイセイスターリーとマイスタイルとメイショウソウビとブラックランナーの5頭で、「複勝軸馬候補」は1頭が出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルアイン、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がケンシンでした。
私は京都11Rは調教が抜けて良いアルアインを中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのニシノオマージュ、中山3Rのマイネルヴィレとゲンパチマサムネ、中山8Rのブレツイオーレ、中山12Rのロジテースト、京都1Rのブルーブラッド、京都3Rのテイルバックとスニグラーチカ、京都5Rのライオネルカズマ、京都7Rのメイショウミソラに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:00TrackBack(0)

2016年12月24日

科学的競馬投資コメント20161225

さて今週の2競馬場のメインですが、


中山10RのG1の有馬記念は、馬場脚質不利克服馬」はキタサンブラックとシュバルグランとマルターズアポジーとサトノプレスとアルバートの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はキタサンブラックとシュバルグランとゴールドアクターとサトノダイアモンド4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノプレス、4歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がミッキークイン、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がマルターズアポジーとデウスとサトノプレスとデニムアンドルビーでした。
私は、中山10Rはキタサンブラックとシュバルグランの2頭を軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。



阪神11Rの1600万円のカウントダウンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はザツウルーエアーとフロムマイハートとアドマイヤキズナの3頭で、「複勝軸馬候補」は1頭が出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、降級馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマキシムドパリとレアリスタとクインズミラーグロの3頭でした。
私は阪神11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのリオファンクとヴィオラとココホレワンワン、中山2Rのウルラーレとガクチカキッズ、中山12Rのサウンドテーブルとアテイーヴオ、阪神3Rのハイアクト、阪神8Rのアルパーシャンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:26TrackBack(0)

2016年12月17日

科学的競馬投資コメント20161218

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11Rのオープンのデイセンバーステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はルミナスウオーリアとフェスチヴィエルとクラリテイスカイの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はツクバアズマオーとヤマニンボアラクテの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭が出走しており、高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がシャドウパーテイでした。

私は中山11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rの1600万の三河ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はメイショウツレズレの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はプルミラコロの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離適性の種牡馬適性が高い馬がエイシンバランサーとポイントブランクでした。
私は中京11Rは4頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の朝日杯フューチュリテイは、「馬場脚質不利克服馬」はダンビュライトとトラストとボンセルヴィーソとアメリカズカップとレッドアンセルとミスエルテの6頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、2歳成長適性の調教師種牡馬適性が高く阪神競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がミスエルテで、2歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノアレスとクリアザトラックとダンビュライトで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がトリリオネアでした。
私は阪神11Rはミスエルテを中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのルーナデラセーラ、中山9Rのニシノオタケビ、中山12Rのメイプルキング、中京2Rのタイキラトナンジュ、中京3Rのマサノハナチャン、中京9Rのトップインパクト、阪神2Rのオーサムバローズに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:20TrackBack(0)

2016年12月10日

科学的競馬投資コメント20161211

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11RのG3のカペラステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はニシケンモノノフとダノングッドとスイープアウェイの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がノボバカラで、中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がエイシンブルズアイで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がタールタンでした。

私は中山11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rの1000万の名古屋日刊スポーツ杯は、「最強馬場脚質不利克服馬」はタイセイサミットの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はアグリッパーバイオの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はタイセイサミットの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がカレンバッドボーイでした。
私は中京11Rはタイセイサミットを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の阪神ジュベナイルは、「馬場脚質不利克服馬」はジューヌエコールとサトノアリシアとアリンナとジャストザマリンとブラックオニキスとエムオービーナスとショーウエイとシグルーンの8頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、2歳成長適性の中山競馬場適性の調教師種牡馬適性が高く阪神競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がソウルスターボーイでした。
私は阪神11Rは出走回数が少なく混戦模様ですので馬券購入を断念します。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのヤマノブロンコ、中山2Rのニーマルサンデー、中山8Rのサトノバリアント、中山12Rのリターンラルク、中京6Rのクラリテイアイズ、中京9Rのワールドリースター、中京10Rのフィスキオ、阪神8Rのアートラヴァー、阪神10Rのタマモネイヴィーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:03TrackBack(0)

2016年12月03日

科学的競馬投資コメント20161204

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11Rの1600万の北総ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はセンチュリオンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭もいませんでした。
私は中山11Rはセンチュリオンを軸に馬券を検討予定です。

中京11RのG1のチャンピオンズカップは、「馬場脚質不利克服馬」はアポロケンタッキーとモンドクラッセの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はモーニンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長適性の調教師種牡馬適性が高く中京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がモーニンとラニで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がアポロケンタッキーとアウオーデイでした。
私は中京11Rはモーニンを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。


阪神11Rのオープンのタンザナイトステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコスモドールの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はミッキラブソングの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がエポワスでした。
私は阪神11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのリバーカッション、中山7Rのポットジーニー、中京2Rのプレゼンスブルー、中京8Rのキワノゼノビア、中京10Rのボンボンキャスト、阪神1Rのビックリシタナモー、阪神7Rのテイーエスナインに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:39TrackBack(0)

2016年11月26日

科学的競馬投資コメント20161127

さて今週の2競馬場のメインですが、


東京11RのG1のジャパンカップは、「馬場脚質不利克服馬」はリアルステイールとシュヴァルグランとトーセンヴァジルの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はリアルステイールとゴールドアクターの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がリアルステイールとビッシュとルージュバックで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がデイーマジェステイでした。
私は東京11Rはリアルステイールとを軸に上記5頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rのオープンのオータムリーフステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はエイシンバッケンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、京都競馬場適性の種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がサトノプリンシパルで、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がシゲルガガでした。
私は京都11Rはエイシンバッケンを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、東京2Rのアビラウンケン、東京12Rのボルダヂソール、京都3Rのロードエフェクト、京都7Rのサイモンゼーレ、京都12Rのアルナミルトに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:38TrackBack(0)

科学的競馬投資コメント20161127

さて今週の2競馬場のメインですが、


東京11RのG1のジャパンカップは、「馬場脚質不利克服馬」はリアルステイールとシュヴァルグランとトーセンヴァジルの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はリアルステイールとゴールドアクターの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がリアルステイールとビッシュとルージュバックで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がデイーマジェステイでした。
私は東京11Rはリアルステイールとを軸に上記5頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rのオープンのオータムリーフステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はエイシンバッケンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、京都競馬場適性の種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がサトノプリンシパルで、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がシゲルガガでした。
私は京都11Rはエイシンバッケンを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、東京2Rのアビラウンケン、東京12Rのボルダヂソール、京都3Rのロードエフェクト、京都7Rのサイモンゼーレ、京都12Rのアルナミルトに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:34TrackBack(0)

2016年11月19日

科学的競馬投資コメント20161120

さて今週の3競馬場のメインですが、

福島11Rのオープンの福島民友カップは、「最強馬場脚質不利克服馬」はモズライジン、「馬場脚質不利克服馬」はリッカルドとブラゾンデュロスとサンライズホームの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はキクノソルの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離適性の種牡馬適性が高い馬がアジアエクスプレス、福島競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がサトノプリンシパル、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がミヤジタイガでした。
私は福島11Rは上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンの霜月ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はスーサンジョイとスイープアウエイの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はタールタンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高く高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がタールタンで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がサンレーンでした。
私は東京11Rはタールタンを軸に上記3頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11RのG1のマイルチャンピオンシップは、「馬場脚質不利克服馬」はネオリアリズムとマジックタイムの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はミッキーアイルとサトノアラジンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がミッキーアイル、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がダコールでした。
私は京都11Rはミッキーアイルとサトノアラジンを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、福島1Rのプラウドデイ、福島2Rのクリミアタイガー、福島9Rのツウルームーン、東京8Rのエルフィンコープ、京都1Rのネオレジェンドとシゲルビッグホーン、京都4Rのラビットシップ、京都7Rのデイープエクシードとマコトルーメンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:42TrackBack(0)

2016年11月12日

科学的競馬投資コメント20161113

さて今週の3競馬場のメインですが、

福島11RのG3の福島記念は、「馬場脚質不利克服馬」はマルターズアポジとマイネルハニーとゼーヴィントとダイワドレッサーの4頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高く福島競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がマルターズアポジで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がゼーヴィントで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がダイワリベラルで、休養明適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマーテインボロで、高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がファントムライトでした。
私は福島11Rは上記7頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのオーロラカップは、「馬場脚質不利克服馬」はコスモドールの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がアットザシーサイドでした。
私は東京11Rは上記2頭に加えてG3で上位入着経験のあるトウショウドラフタとマイネルアウラートを加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG1のエリザベス女王杯は、「馬場脚質不利克服馬」はパールコードとプリメラアスールの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はミッキークイーンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がミッキークイーンで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がタツチングスピーチで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がヒルノマテーラとシャルールとクイーンズリングとシングウイズジョイでした。
私は京都11Rはミッキークイーンを軸にG1を2勝しているマリアライトと上記7頭を加えた8頭を絡めた馬券を検討予定です。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、福島2Rのレッドベリンダ、福島10Rのマイネルバールマン、東京2Rのラブブロッサム、東京3Rのコントローラとシーエーパイロット、京都2Rのレンレン、京都12Rのクレアドールに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:04TrackBack(0)

2016年11月05日

科学的競馬投資コメント20161106

さて今週の3競馬場のメインですが、

福島11Rの1600万のみちのくステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はクードラパンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はゴールドペガサスとアースエンジェルの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、福島競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がクリノコマチでした。
私は福島11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11RのG2のアルゼンチン共和国杯は、「馬場脚質不利克服馬」はフェステイヴイエルとヴォルシェーブの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はシュヴァルグランとフェイムゲームの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がレコンダイトでした。
私は東京11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG3のみやこステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はモンドクラッセとタムロミラクルの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はモンドクラッセとアポロケンタッキーとアスカノロマンとインカンテーションの4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離適性の種牡馬適性が高い馬がアポロケンタッキーでした。
私は京都11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、福島1Rのシロイバラ、福島7Rのカノヤカンザクラ、福島12Rのエテ、東京7Rのローズクランス、京都7Rのクロスアンジュとキングヴァラール、京都12Rのトウカイシェーンに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:42TrackBack(0)

2016年10月29日

科学的競馬投資コメント20161030

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11Rのオープンのルミエールオータムダッシュは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走していませんでした、「複勝軸馬候補」はプリンセスムーンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がトータルヒートでした。
私は新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11RのG1の天皇賞は、「馬場脚質不利克服馬」はリアルステールの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く東京競馬場の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がサトノクラウンで、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がアンビシャスで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がリアルステールで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がラブリーデイでした。
私は東京11Rは上記4頭にG1を4勝・2勝しているモーリスとエンシンヒカリを加えた6頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rのオープンのカシオペアステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はダンツプリンスの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はヒルノマテーラの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がデウスウルトで、京都競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がフェイマスエンドでした。
私は京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟1Rのマサルとパイオニアワーク、新潟10Rのモーゼス、東京3Rのニシノリヒト、東京6Rのセイウンジャイロ、東京8Rのファンシリシェス、京都1Rのアウラマイスターとキクノルア、京都3Rのシャドウブリランテ、京都8Rのアルパーシャンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:52TrackBack(0)

2016年10月22日

科学的競馬投資コメント20161023

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11Rの1600万の北陸ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はドリームドルチェとメジャーフォルムの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がアースゼウスでした。
私は新潟11Rは上記3頭に過去に1600万条件で上位入着しているゲマインシャフトを加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのブラジルカップは、「最強馬場脚質不利克服馬」はサンライズホームの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はアポロケンタッキーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアポロケンタッキーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がスズカデヴィアスで、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がラニで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がアポロケンタッキーでした。
私は東京11Rはアポロケンタッキーを軸に上記3頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11RのG1の菊花賞は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はサトノダイヤモンドとミッキーロケットの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノダイヤモンドとウムブルフとプロデイガルサンとマウントロブソンでした。
私は京都11Rはサトノダイヤモンドを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟9Rのチェストケリリー、新潟10Rのグレートアイランド、新潟12Rのテイールグリーンとレッドアフレイム、東京12Rのベルプラージュに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:45TrackBack(0)

2016年10月15日

科学的競馬投資コメント20161016

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11Rのオープンの信越ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はベイシャフェリスとベルルミエールの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はおりませんでした。
私は新潟11Rは上位3頭に過去にG3を勝っているメイショウドラフタを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのアイルランドトロフィーは、「馬場脚質不利克服馬」はマイネルハニーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はレコンダイトの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はおりませんでした。
私は東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG1の秋華賞は、「最強馬場脚質不利克服馬」はミエノサクシードの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はパールコードとダイワドレッサーとカイザーバルの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がヴィブロスとレッドアヴァンセとパーシーズベストで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がネオヴェルザンデイでした。
私は京都11Rは上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟3Rのレイバック、新潟4Rのマサノホーク、新潟7Rのローザルージュとキョウワゼノビア、東京2Rのアンソロポロジイーとプライマルフェアー、東京6Rのグラスレグラム、京都1Rのショウサンルビア、京都9Rのユメニカケルに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:50TrackBack(0)

2016年10月08日

科学的競馬投資コメント20161009

さて今週ですが、日曜日ではなく、月曜日の2競馬場のメインですが、

東京11Rのオープンのグリーンチャンネルカップは、「馬場脚質不利克服馬」はブルドッグボスとスーサンジョイとサンレーンの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はタールタンとブルドッグボスとスーサンジョイとキングズガードの4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、東京競馬場の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がタールタンで、芝ダート変更適性の調教師種牡馬適性が高い馬が高い馬がファントムロードでした。
私は東京11Rはタールタンを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


京都11RのG2の京都大賞典は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はサウンズオブアースの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、京都競馬場の種牡馬適性が高い馬がアドマイヤゼウスで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がファタモルガーナで、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高い馬が高い馬がラブリーデイとラストインパクトでした。
私は京都11Rは上記5頭に加えてG1を2勝しているキタサンブラックを加えた5頭を中心に馬券を検討予定です。



月曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのタイセイモーション、東京2Rのウマイモンスター、京都1Rのノーブルサターン、京都6Rのグレイトパール、京都8Rのウオーターレスターに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:53TrackBack(0)