2017年08月12日

科学的競馬投資コメント20170813

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG3のエルムステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコスモカナデイアンとテイエムジンソクの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はコスモカナデイアンとテイエムジンソクの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がクリノスターオーで、函館競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がモンドクラッセでした。
私は、札幌11Rはコスモカナデイアンとテイエムジンソクの2頭を軸に上記馬達絡めた馬券を検討予定です。


新潟11RのG3の関谷記念は、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がトーセンデュークで、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がマルターズアポジーで、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高い馬がダノンプラチナでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11Rの1600万の博多ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコパノマリーンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はマサハヤドリームの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は小倉11Rは過去に同条件で2着2回のザツウルーエアーと上記2頭を加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌2Rのステイオンザトップ、札幌3Rのフィヴォーラとイノセントデイズとヴェンチュラガール、札幌8Rのジュアンマリエ、札幌9Rのデイアドーロ、新潟1Rのシャベルアンドレ、新潟3Rのムックンとバブルウイズジョイ、小倉3Rのタマモブローチとイルーシヴハピネス、小倉7Rのパレードに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:00

2017年08月05日

科学的競馬投資コメント20170806

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのオープンのUHB賞は、「馬場脚質不利克服馬」はアドマイヤゴッドの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がエポワスで、新潟競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がイッテツでした。
私は、札幌11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3のレパードステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はエピカリスとローズプリンスダムの2頭が出走しており「馬場脚質不利克服馬」はタガノカトレアとスターストラックとハルクンノテソーロの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はテンザワールドの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がイブキでした。
私は、新潟11Rは上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。


小倉11RのG3の小倉記念は、「馬場脚質不利克服馬」はフェルメッツアとストロングタイタンとサンマツテインの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がシャドウパーテイで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く小倉競馬場適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がストロングタイタンでした。
私は小倉11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌4Rのミナミ、新潟3Rのバレッテイとリフトツーヘブンとラベルヴィイー、新潟4Rのニシノスマッシュとキスミーダーリン、新潟10Rのエルカミーノレアル、小倉3Rのアレラーモ、小倉7Rのファーマシストとピオニームーン、小倉8Rのアドナルシー、小倉10Rのシロニイに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:14

2017年07月29日

科学的競馬投資コメント20170730

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG3のクイーンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はパールコードとクロコスミアの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアエロリットとアドマイヤリードとシャルールとパ−ルコードの4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、札幌11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3のアイビシサマーダッシュは、「馬場脚質不利克服馬」はアクテイヴミノルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、芝ダ変更出走適性の調教師種牡馬適性が高い馬がレヴァンテライオンで、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がフィドウーシアでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11Rの1600万の佐世保ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はオールインワンとダイアナヘイローの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はオーヴィレールとオールインワンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は小倉11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌4Rのソニックアローとサウスシュネルとラーゴブルー、札幌7Rのインツザターフ、札幌8Rのデイナステイーア、新潟2Rのレデイロックバンド、小倉1Rのアサクサゲンキ、小倉2Rのレクセル、小倉4Rのデイープベイ、小倉8Rのベルデイーヴァとメジャーガラメキ、小倉12Rのゼンノブレーメンに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:48

2017年07月22日

科学的競馬投資コメント20170723

さて今週の3競馬場のメインですが、

函館11RのG3の函館2歳ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はナンヨープランタンとリンガラポップスとカシアスn3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はダンツクレイオーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く函館競馬場適の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がデルマキセキで、函館競馬場適の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がジェッシージェニーとサンダベンポートで、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がキタノユウキで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がスズカマンサクで、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がモントアレグロでした。
私は、函館11Rはダンツクレイオーを中心に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。


福島11Rのオープンの福島テレビオープンは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も共に1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がマウントロブソンでした。
私は、福島11Rは過去にG2で2着しているマイネルハニーと上記マウントロブソンの2頭を中心に馬券を検討予定です。


中京11RのG3の中京記念は、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も共に1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は中京11Rは馬券購入を見送る予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館2Rのコパカバーナ、福島4Rのロジキセキ、福島9Rのブラヴォバンビーノ、福島10Rのケルフロイデ、福島12Rのアリエルバローズ、中京6Rのアスターアゲインとグレスコシップ、中京7Rのジュンテオドーラとセンショウレイナ、中京12Rのサーヒューストンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:17

2017年07月15日

科学的競馬投資コメント20170716

さて今週の3競馬場のメインですが、

函館11RのG3の函館記念は、「馬場脚質不利克服馬」はマイネルミラノとタマモベストプレイの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はツクバアズマオーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノアレス、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がタマモベストプレイでした。
私は、函館11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


福島11Rのオープンのバーデンバーデンカップは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も共に1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、福島11Rは馬券購入を見送る予定です。


中京11Rのオープンの名鉄杯は、「馬場脚質不利克服馬」はマイネルバイカとマスクゾロとオウケンワールドの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はカゼノコの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離適性の種牡馬適性が高い馬がマスクゾロでした。
私は中京11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館10Rのエクストラベトル、福島6Rのロジキャロル、福島7Rのオーブルージュ、福島10Rのスーパーモリオン、福島12Rのアポロノホウリン、中京2Rのエイシンスパンキーとオースミベリル、中京3Rのジュンドウとベルメーリア、中京4Rのイスラドラーダ、中京8Rのショウンアンマシェリ、中京9Rのハーツジュニアに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:56

2017年07月08日

科学的競馬投資コメント20170709

さて今週の3競馬場のメインですが、

函館11Rのオープンのマリーンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はテイエムジンソクの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はジュベルムーサの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がショウナンアポロン、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がリッカルドでした。
私は、函館11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


福島11RのG3の七夕賞は、「馬場脚質不利克服馬」はフェルメッツアの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がゼーヴィントで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がソールインパクト、福島競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がマルターズアポジーでした。
私は、福島11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


中京11RのG3のプロキシオンステークス賞は、「馬場脚質不利克服馬」はアキトクレッシェントの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はベストマッチョとキングズガードの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く中京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストマッチョでした。
私は中京11Rはベストマッチョを軸に上記2頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館8Rのリキサンダイオー、函館10Rのパセンジャーシップ、福島12Rのシュンザワールド、中京1Rのトウシンアサヒ、中京6Rのステドファストに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:48

2017年07月01日

科学的競馬投資コメント20170702

さて今週の3競馬場のメインですが、

函館11Rのオープンの巴賞は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はサトノアレスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノアレスで、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がスーパームーンで、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がナリタハリケーンでした。
私は、函館11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


福島11RのG3のラジオNIKKEI賞は、「馬場脚質不利克服馬」はサトノクロニクルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はクリアザトラックの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がクリアザトラックで、福島競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がバルベーラとマイブルーヘヴンでした。
私は、福島11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


中京11RのG3のCBC賞は、「馬場脚質不利克服馬」はエイシンスパルタンとメラグラーナの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はエイシンスパルタンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、休養明け適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がエイシンスパルタンで、中京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がメイショウジュニアでした。
私は中京11Rは上記3頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館10Rのサーストンコラルド、福島1Rのデコラス、福島8Rのテージーホイデン、福島9Rのヨシノザクラ、福島10Rのクイーンズターフ、中京2Rのスターライトとジョーアラビカとタガノヴァン、中京3Rのアストロノーテイカ、中京4Rのロードレジスタとトウシンアサヒに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:58

2017年06月24日

科学的競馬投資コメント20170625

さて今週の3競馬場のメインですが、

函館11Rの1000万のUHB杯は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がユメノマイホームとトロピカルガーデンとベルモントラハイナでした。
私は、函館11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのパラダイスステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はグランドシルクの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、東京11Rは上記グランドシルクに上位クラスで上位入着しているロードクエストとダイワリビエラを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の宝塚記念は、「馬場脚質不利克服馬」は、シャケトラとゴールドアクターとキタサンブラックの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はシャケトラとゴールドアクターとシュヴァルグランの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がミッキークインで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がサトノクラウンでした。
私は阪神11Rは上記5頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館8Rのゼセル、函館12Rのベストセラーアスク、東京2Rのパーリオ、東京6Rのメジャーロール、東京7Rのヤサシサ、東京10Rのメイネルデイアベル、阪神7Rのダノンケンリュウ、阪神12Rのジェネラルゴジップに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:20TrackBack(0)

2017年06月17日

科学的競馬投資コメント20170618

さて今週の3競馬場のメインですが、

函館11RのG3の函館スプリントステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はブランボヌールとセイウンコウセイの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高く函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がレヴァンテライオンで、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がイッテツで、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がホッコーサラスターでした。
私は、函館11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11RのG3のユニコーンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はハルクンノテソーロとタガノカトレアとテイエムヒッタマゲの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はサンライズノヴァとウオーターマーズの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がリエノテソーロでした。
私は、東京11Rはサンライズノヴァとウオーターマーズとリエノテソーロの3頭を中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


阪神11Rのオープンの米子ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は、1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はサトノラーゼンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノラーゼンでした。
私は阪神11Rはサトノラーゼンを軸にこの条件を勝っているベルキャニオンとブラックムーンを絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館2Rのメイショウクジャク、函館6Rのケイパーストーリーとサンジェルヴェとカフジブレイブ、函館9Rのスパーキングジョイ、函館10Rのチャイマックス、函館12Rのルグランフリソンとエアビザレー、東京2Rのバガットケープ、東京4Rのテミスト、東京9Rのレインオーバー、東京10Rのヴェラヴァルスター、東京12Rのスズカデイープ、阪神2Rのタイシンコラード、阪神3Rのサンライズマジック、阪神9Rのアスタースイングとエルカミールレアルに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 17:27TrackBack(0)

2017年06月10日

科学的競馬投資コメント20170611

さて今週の2競馬場のメインですが、


東京11RのG3のエプソムカップは、「馬場脚質不利克服馬」はマイネルミラノとタイセイサミットの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離適性の種牡馬適性が高い馬がフルーキーでした。
私は、東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG3のマーメイドステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は、1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はクインズミラグロの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がトーセンヴィクトリーとアースライズとリーサルウエポンでした。
私は阪神11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのミッキークロソラ、東京4Rのハートリッチ、阪神2Rのフーゴ、阪神6Rのキラーコンテンツ、阪神8Rのリーサルストライクとアイアンマンに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:23TrackBack(0)

2017年06月03日

科学的競馬投資コメント20170604

さて今週の2競馬場のメインですが、


東京11RのG1の安田記念は、「馬場脚質不利克服馬」はエアスピネルとイスラボニータの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がステファノスとアンビシャスで、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がコンテントメントでした。
私は、東京11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11Rの1600万円のグリーンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がシホウで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く阪神競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がリッチーリッチーでした。
も出走しておりませんでした。
私は阪神11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのノヴァルーナ、東京6Rのコーリンマカロン、東京7Rのファルゴラーレ、阪神3Rのマリーンシークレット、阪神6Rのダノンクライム、阪神8Rのヤマニンシルクとマウントゴールドに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:23TrackBack(0)

2017年05月27日

科学的競馬投資コメント20170528

さて今週の2競馬場のメインですが、


東京10RのG1のダービーは、「最強馬場脚質不利克服馬」はアドミラブルの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はサトノアーサーとダンビュライトとアメリカズカップとクリンチャーの4頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアドミラブルの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がサトノアーサーとアリアインで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアドミラブルで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストアプローチでした。
私は、東京11Rはアドミラブルを軸に上記5頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都10Rのオープンの安土城ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はファインニードルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がプリミラクルで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がラングレーとシャイニンググレイでした。
も出走しておりませんでした。
私は京都11Rは過去にG3で3着の経験がありこのクラスを勝っているセカンドテーブルに上位3頭を加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのキングズクライ、東京2Rのニシノスマッシュ、東京4Rのラユロット、東京12Rのラニ、京都2Rのサンタナ、京都3Rのホヨウブライトに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:37TrackBack(0)

2017年05月20日

化学的競馬投資コメント20170521

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11Rのオープンの韋駄天ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がシンボリデイスコで、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がステインライクビーでした。
私は、新潟11Rは上位2頭に加えて過去にG2/G3で上位入着の経験があるオメガヴェンダッタを加えた3頭を絡めた馬券を検討予定です。


東京11RのG1のオークスは、「馬場脚質不利克服馬」はブラックスピーチとアドマイヤミヤビの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はソウルスターリングとレーヌミノルの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がソウルスターリングで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がフローレスマジックとブラックスピーチでした。
私は、東京11Rはソウルスターリングを軸に上記4頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rの1600万の下鴨ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はナムラシングンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はナムラシングンとノーブルマーズとサツウルーエアーとサンライズタイセイの4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走しておりませんでした。
私は京都11Rは上位4頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟1Rのカホピーチ、新潟2Rのオトチャン、新潟3Rのラーゴブルー、新潟5Rのブライヤビスタ、東京4Rのヒルノアトラーニ、東京6Rのアルーフクライとダイワドノヴァン、東京7Rのミュートロギア、東京9Rのパブリックフレンド、東京12Rのシホウ、京都1Rのマルノハヤテとタムロセレッサ、京都9Rのサトノマイヒメとレイリオンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:27TrackBack(0)

2017年05月13日

科学的競馬投資コメント20170514

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11Rの1000万の赤倉特別は、「馬場脚質不利克服馬」はキークラッカーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がレッツゴースターでした。
私は、新潟11Rは上位2頭に加えて過去に1000万条件で2着の経験があるレーヌドプリエとラインハーデイの2頭を加えた4頭を絡めた馬券を検討予定です。


東京11RのG1のヴィクトリアマイルは、「馬場脚質不利克服馬」はジュールポエールとクリノラホールの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がスマートレイアで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がレッツゴードンキとソルヴェイグでした。
私は、東京11Rは上記4頭に過去にG1を2勝しているミッキークインを加えた5頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11Rのオープンの栗東ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコウエイエンブレムとサイタスリーレッドとビッグリバテイの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、京都競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がデルマヌラリヒョンでした。
私は京都11Rは上位4頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟1Rのメヌエットとカフジジュエル、新潟3Rのデイープウインダムとコンフェクション、新潟8Rのヴレ、新潟12Rのベイサージュ、京都2Rのメガフレアとワデスドンマナー、京都4Rのルリオン、京都5Rのカルトヂュモンドとホウオウドリームとケイツーフラン、京都8Rのアイアンヒロインとファンタサイズに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:02TrackBack(0)

2017年05月06日

科学的競馬投資コメント20170507

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11RのG3の新潟大賞典は、「馬場脚質不利克服馬」はメートルダールの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はメートルダールとレッドソロモンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がフルーキーで、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がトーセンレーヴでした。
私は、新潟11Rはメートルダールを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。


東京11RのG1のNHKマイルカップは、「馬場脚質不利克服馬」はアエロリットとレッドアンシェルとボンセルヴィーソとリエノテソーロの4頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬が高い馬がミスエルテで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がタイムトリップで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がアウトライアーズでした。
私は、東京11Rは上記7頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11Rのオープンの鞍馬ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はオールインワンとファインニードルの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がレッドラウダでした。
私は京都11RはG3で上位入着経験があるセカンドテーブルに上位3頭を加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟2Rのジョーシナモン、新潟6Rのブラウンラファール、新潟9Rのテルヴィング、東京3Rのオーランガバード、東京7Rのエバーアシャルマン、東京8Rのリキサンダイオー、東京9Rのエイシンエルヴィン、京都1Rのアポロオーランド、京都3Rのサンマルタイトルに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:45TrackBack(0)

2017年04月29日

科学的競馬投資コメント20170430

さて今週の3競馬場のメインですが、

新潟11Rのオープンの谷川岳ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はヒーズインラブの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、休養明適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルバタックスとダノンリバテイとレブランシュで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がロイカバードでした。
私は、新潟11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのスイートピーステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はブラックスピーチとハートオブスワローの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がブラックスピーチで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がヒストリアでした。
私は、東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG1の天皇賞は、「最強馬場脚質不利克服馬」はキタサンブラックが出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はアルバートとサトノダイヤモンドとゴールドアクターとシャケトラとスピリッツミノルとタマモベストプレイとファタモルガーナの7頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアルバートとサトノダイヤモンドとシュヴェルグランの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がシャケトラとデイーマジェステイーとアドマイヤデウスで、京都競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がアルバートで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノダイヤモンドした。
私は京都11Rはアルバートとサトノダイヤモンドの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟7Rのアッパレドンキ、新潟8Rのマカレア、新潟12Rのモコトルーメンとパレード、東京1Rのハミングパッション、東京2Rのレイダー、京都2Rのサンライズソーマ、京都4Rのオーシャンセブン、京都5Rのクールファンタジー、京都6Rのファンタサイズ、京都7Rのナムラヘイハチロー、京都10Rのスーパーモリオンとマイネルバールマンとタガノカトレアに少々興味を持っております。



  
Posted by morishita1 at 16:49TrackBack(0)

2017年04月22日

科学的競馬投資コメント20170423

さて今週の3競馬場のメインですが、

福島11Rの1000万の福島中央TV杯は、「馬場脚質不利克服馬」はフジノパンサーとクラウンアイリスの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がキョウワゼノビアで、福島競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がフジノパンサーとクラウンアイリスでした。
私は、福島11Rは上記3頭に坂路調教状況が非常に良いシルバーコードを加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11RのG2のフローラステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はフローレスマジックとホウオウパフュームとラユロットの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がフローレスマジックで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がアドマイヤローザとキャナルストリートでした。
私は、東京11Rはフローレスマジックを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


京都11RのG2の読売マイラーズカップは、「馬場脚質不利克服馬」はエアスピネルとイスラボニータの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はエアスピネルとフィエロの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がプロデイガルサンで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がフィエロでした。
私は京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

  
Posted by morishita1 at 17:01TrackBack(0)

2017年04月15日

科学的競馬投資コメント20170416

さて今週の3競馬場のメインですが、

福島11Rのオープンの福島民報杯は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はシャドウパーテイーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がシャイニングレイで、高齢馬適性の種牡馬適性が高く阪神競馬場の種牡馬適性が高い馬がシャドウパーテイーで、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がバロンドウフォールでした。
私は、福島11Rはシャドウパーテイーを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


中山11RのG1の皐月賞は、「馬場脚質不利克服馬」はクリンチャーとアダムバローズとレイデオロとアウトライアーズとダンビュライトとアメリカズカップの6頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はスワーヴリチャードの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルアインとサトノアレスで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がベルシアンナイトでした。
私は、中山11Rは注目馬が多く、絞り方が難しいので、「複勝軸馬候補」はスワーヴリチャードを軸に上記馬たちを絡めたワイド馬券を検討予定です。


阪神11Rのオープンの難波ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はハナズレジェンド1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」もハナズレジェンドの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がボルトドートウイユでした。
私は阪神11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島2Rのスペランツア、福島3Rのコンバーニとシルバーコンパス、中山1Rのブランドチャームとデイーワンプリモ、中山2Rのキョウワヒラリー、中山9Rのエアビザレー、阪神3Rのシュクラ、阪神4Rのマナープリンセス、阪神5Rのステッドファストとテンペストとアドマイヤジョラスに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:05TrackBack(0)

2017年04月08日

科学的競馬投資コメント20170409

さて今週の3競馬場のメインですが、

福島11Rの1000万の米沢特別は、「馬場脚質不利克服馬」はショートストーリーとナムラミラクルの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、福島11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。


中山11Rのオープンの京葉ステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はショコラブラウンの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はレッドゲルニカの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はブルドッグボスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がナンチンノンでした。
私は、中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の桜花賞は、「馬場脚質不利克服馬」はアエロリットとカワキタエンカとミスエルテとジューヌエコールとアドマイヤミヤビの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く阪神競馬場の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がソウルスターリングとミスエルテで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサロニカでした。
私は阪神11Rはソウルスターリングを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島1Rのロングバージョンとフリヴォル、福島2Rのショウナンカノンとクリスプウインド、福島5Rのウインドフォールとサーカムスダンス、福島12Rのキッズライトオン、中山4Rのサクラセンテイーレ、中山8Rのヴィータファイン、中山12Rのベストセラーアスク、阪神1Rのレクセル、阪神2Rのヴェストリスとロシニヨール、阪神3Rのメイショウラプター、阪神4Rのモズアムール、阪神5Rのダノンケンリュウ、阪神6Rのエネルムサシ、阪神10Rのトウシンイーグルに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:53TrackBack(0)

2017年04月01日

科学的競馬投資コメント20170402

さて今週の2競馬場のメインですが、


中山11Rの1600万の船市制は、「最強馬場脚質不利克服馬」はナイトフォックスの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はダイワダッチェスとアルチマブラッドの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はダイワダッチェスとシゲルノコギリザメの2頭も出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、中山11Rはダイワダッチェスを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


阪神11RのG1no大阪杯は、「最強馬場脚質不利克服馬」はキタサンブラックの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はロードヴァンドールの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はキタサンブラックとモンドインテロの2頭も出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマカヒキで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がサトノクラウンとマルターズアポジーで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がモンドインテロでした。
私は阪神11Rはキタサンブラックを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのグランセリュール、中山Rの、中山3Rのシェリーカスクとメガン、中山6Rのドラゴンボート、中山10Rのサンライズノバとグランドデイアマンとサンライズノヴァ、中山12Rのフィラーレ、阪神2Rのバイアストリートとミアグレース、阪神3Rのダノンハーレーとピュアラブに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:18TrackBack(0)