2017年12月09日

科学的競馬投資コメント20171210

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


中山11RのG3のカペラステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はプルミラコロとデイオスコリダーとドラゴンゲートとショコラブランとキャプテンンシップの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はブルドッグボスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、中山」11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rの1000万の名古屋日刊スポーツ杯は、「馬場脚質不利克服馬」はトレジャートローヴとジャーミネイトとスズカデイープの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はトレジャートローヴとダノンキングダムの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がエーテイサンダーでした。
私は、中京」11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の阪神ジュベナイルFは、「最強馬場脚質不利克服馬」はコーデイエライト1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はリリーノーブルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、阪神競馬場適性の種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がグリエルモで、阪神競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がナデイアとラスエモーショネスとモントアレグロで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマウレアとトーセンプレスでした。
私は、阪神11Rは上記8頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのコウユーホクト、中山2Rのフジノシャイン、中京1Rのメジャーマジックとアドマイヤクイーン、中京2Rのチカノワール、中京3Rのブックリシタナモー、中京8Rのハーツブライト、阪神1Rのクリノカナリアオーとセンスオブワンダーとビーチキャンドル、阪神2Rのパールウエデイングとテオゲネス、阪神3Rのマーテインルナに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:41

2017年12月02日

科学的競馬投資コメント20171203

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


中山11Rのオープンのラピスラズリステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はナックビーナスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がエイシンブルズアイでした。
私は、中山」11Rは上記2頭を軸に馬券を検討予定です。

中京11RのG1のチャンピオンズカップは、「馬場脚質不利克服馬」はミツバとアポロケンタッキーとローズプリンスダムの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はノンコノユメの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離適性の種牡馬適性が高アポロケンタッキーとアウオデイーでした。
私は、中京」11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11Rの1600万の逆瀬川ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はボルトドートウイとタニノアーバンシーの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はサトノアリシアとボルトドートウイとタニノアーバンシーの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、阪神11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのミッキーパパイヤ、中山4Rのスプリングダイヤ、中山7Rのセイウンスパイ、中京2Rのアウエイクとアオイテソーロ、阪神2Rのブースター、阪神3Rのチャーチタウン、阪神6Rのミコデイギーラブ、阪神8Rのグランドボビー、阪神9Rのスーサンドンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:40

2017年11月25日

科学的競馬投資コメント20171126

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


東京11RのG1のJCは、「馬場脚質不利克服馬」はサトノクラウンとシュヴァルグランの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はサトノクラウンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の種牡馬適性の高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がマカヒキで、3歳成長馬適性の種牡馬適性の高く距離延長適性の種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がソウルスターリングで、3歳成長馬適性の種牡馬適性の高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がマカヒキで、距離延長適性の種牡馬適性が高く東京競馬場適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノクラウンで、3歳成長馬適性の種牡馬適性の高い馬がレイデオロでした。
私は、東京11Rはサトノクラウンを軸に上記5頭にG1を6勝のキタサンブラックを加えた6頭を絡めた馬券を検討予定です。

京都11Rのオープンのオータムリーフステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はショコラプランの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はニットウスバルとコウエイエンブレムの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬適性の種牡馬適性の高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストマッチョでした。
私は、京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京2Rのデイープシャイン、東京6Rのレッドアメリア、京都1Rのアルゴス、京都2Rのテオゲネス、京都7Rのデイアエナに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:34

2017年11月18日

科学的競馬投資コメント20171119

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


福島11Rのオープンの福島民友カップは、「馬場脚質不利克服馬」も、「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性の高く休養明適性の種牡馬適性が高い馬がノウレッジで、福島競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がブライトアイデアでした。
私は、福島11Rは上位クラスで上位入着経験のあるアルタイルとデイアデルレイに上記2頭を加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンの霜月ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はダノンフェイスとテイエムヒッタマゲとゴーインググレートの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性の高く東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がポイントブランクで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性の高い馬がエイシンバランサーでした。
私は、東京11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

京都11RのG1のマイルチャンピオンシップは、「馬場脚質不利克服馬」はクルーガーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はエアスピネルの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノアラジンで、京都競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がジョーストリクトリーでした。
私は、京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島10Rのゴッドカリビアン、東京3Rのフェリーチェ、東京4Rのプレシャスクルー、東京10Rのマカハ、東京12Rのケルフロイデとレインオーバー、京都1Rのワイルドアクター、京都2Rのテイエムグフテットとイアハート、京都4Rのミヤジサクラコとダイシンソルス、京都7Rのブランニューカップに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:39

2017年11月11日

科学的競馬投資コメント20171112

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


福島11RのG3の福島記念は、「馬場脚質不利克服馬」はフェルメッツアとプリメラアスールの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、距離適性の種牡馬適性の高い馬がフルーキーで、休養明適性の調教師種牡馬適性が高い馬がケイテイプライドとフェルメッツアとサンマルテインでした。
私は、福島11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのオーロラカップは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離短縮適性の種牡馬適性の高い馬がマッチレスヒーローで、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性の高い馬がピンポンでした。
私は、東京11Rは上位クラスで活躍していたデバインコードとモンドキャンノに上記2頭を加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。

京都11RのG1のエリザベス女王杯は、「馬場脚質不利克服馬」はトーセンヴィクトリーとエテルナミノルとデイアドラの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はミッキークインの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の調教師種牡馬適性の高い馬がヴィヴロスで、距離延長適性の種牡馬適性の高い馬がトーセンヴィクトリーとジュールポレールでした。
私は、京都11Rはミッキークイーンを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島1Rのガウル、福島3Rのナンヨーブルート、福島9Rのメガポリゴン、東京8Rのトリリオネア、京都1Rのストリ、京都10Rのロイカバード、京都12Rのサーサルバトーレに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:51

2017年11月04日

科学的競馬投資コメント20171105

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、


東京11RのG2のアルゼンチン共和国は、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」共に1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の調教師種牡馬適性の高い馬がセダブリランテスでした。
私は、東京11RはセダブリランテスにG2を2勝しているアルバートとG1で2・3着の経験のあるデニムアンドルビーを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。

京都11RのG3のみやこステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はエピカリスの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はトップデイーヴオとシャイニービームとローズプリンスダムとサルデイオーネの4頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、京都11Rは上記5頭にG1で3着2回の経験のあるアスカノロマンを加えた6頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京2Rのアメリカンファクト、京都3Rのアイスフェアリー、京都4Rのハギノグランデ、京都7Rのフリーフリッカー、京都12Rのテーオーソルジャーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 15:21

2017年10月28日

科学的競馬投資コメント20171029

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


新潟11Rのオープンのルミエールオウタムダッシュは、「馬場脚質不利克服馬」はアクテイブミノルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、新潟11Rはオープン3勝のナックヴィーナスとオープン2勝のラインスピリットの2頭に上記アクテイブミノルを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11RのG1の天皇賞は、「馬場脚質不利克服馬」はシャケトラとサトノクラウンとネオリアリズムの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はリアルステイールの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性の高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がソウルスターリングで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマカヒキで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性の高い馬がミッキーロケットで、距離短縮適性の種牡馬適性の高い馬がカデナで、東京競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がサトノクラウンでした。
私は、東京11Rはリアルステイールを軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。

京都11Rのオープンのカシオペアステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はキョウヘイの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はパールコードとシャルールの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、京都11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟2Rのデンコウメジャー、新潟8Rのダノングランツ、東京3Rのノヴィア、東京6Rのダイヤインザライフ、京都2Rのタガノヒバナとワールドカフェに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:43

2017年10月21日

科学的競馬投資コメント20171022

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


新潟11Rの1600万の北陸ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はデイオスコリダーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はゼンノサーベイヤーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がゼンノサーベイヤーで、新潟競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がリハングリーベンでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのブラジルカップは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はメイショウウタゲの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高く4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性の高く芝ダ変更適性の種牡馬適性の高く東京競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がラニでした。
馬場が悪化したらラニに有利です。
私は、東京11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

京都11RのG1の菊花賞は、「最強馬場脚質不利克服馬」はクリノヤマトの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はマイネルヴンシュとアダムバローズの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアルアインとサトノクロニクルの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性の高く京都競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がベストアプローチで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性の高い馬がサトノアーサーとポポカテベトルとアルアインでした。
馬場が悪化したらステイッフェリオに特に有利で、サトノアーサーとアルアインも有利です。
私は、京都11Rはアルアインを軸に上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟8Rのケイビイノキセキ、新潟10Rのロードソリスト、東京1Rのジュンパッション、東京3Rのニシノラブコール、東京6Rのチリーシルバー、東京12Rのサトノダビンチ、京都1Rのトラストノブナガとビッグウエーブ、京都2Rのキーフラッシュ、京都8Rのオーヴァーライトとフィルハーモニーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:53

2017年10月14日

科学的競馬投資コメント20171015

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


新潟11Rのオープンの信越ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はベステンダンクとコウエイタケルの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はトーキングドラムの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更適性の調教師種牡馬適性が高く新潟競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がリエノテソーロでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのオクトーバーステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はストロングタイタンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はマウントロブソンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がストロングタイタンで、距離延長適性の種牡馬適性の高い馬がロジチャリスで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマウントロブソンでした。
私は、東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

京都11RのG1の秋華賞は、「馬場脚質不利克服馬」はカワキタエンカとアエロリットとリカビトスの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がブラックスピーチとラビットランでした。
私は、京都11Rは5頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟12Rのダノンデイーヴァとレッドアメリア、東京1Rのハウナニ、東京2Rのアルファーテイハ、東京10Rのモンドアルジェンテ、京都2Rブルヴェルソン、京都12Rのモルジアナとスズカアーサーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:45

2017年10月07日

科学的競馬投資コメント20171008

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、

東京11RのG2の毎日王冠は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらずり、「複勝軸馬候補」はサトノアラジンとマカヒキとソウルスターキングの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬が高く東京競馬場適性の種牡馬適性の高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がソウルスターキングで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマカヒキでした。
私は、東京11Rは上記3頭に加えて坂路調教がよかったグレーターロンドンを加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。

京都11Rのオープンのオパールステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコウエイタケルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はキングハートの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダート変更適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性の高い馬がマテンロウボスでした。
私は、京都11RはG1で3着の経験のあるソルヴェイグに上記2頭を加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。
日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのラヴィーズロマーン、東京7Rのデイーワンプリモ、京都1Rのテオゲネス、京都12Rのオールポッシブルに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:54

2017年09月30日

科学的競馬投資コメント20171001

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、

中山11RのG1のスプリンターズステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はダイアナヘイローの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がレッツゴードンキで、高齢馬適性の種牡馬適性の高い馬がダンスデイレクターで、中山競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がフィヅーシアでした。
私は、中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

阪神11Rのオープンのポートアイランドステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はアメリカズカップの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はボンセルヴィーソの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダート変更適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性の高い馬がマテンロウボスでした。
私は、阪神11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。




日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのマリノデイアラ、中山12Rのウインフェニックス、阪神1Rのテイカル、阪神3Rのデイープベイ、阪神8Rのフォーチューンキセキに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:50

2017年09月23日

科学的競馬投資コメント20170924

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、

中山11RのG2の産経オールカマーは、「馬場脚質不利克服馬」はタンタアレグリアの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はステファノスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がステファノスとショウナンバッハとルージュバックで、
距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がモンドインテロでした。
私は、中山11Rはステファノスを軸に上記4頭を絡めた馬券を検討予定です。


阪神11RのG2の神戸新聞杯は、「馬場脚質不利克服馬」はアダムバローズとサトノアーサーとメイショウテシャの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアダムバローズとキセキとレイデオロの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がキセキで、4歳成長適性の調教師種牡馬適性の高い馬がサトノアーサーで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がアダムバローズとサトノアーサーで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がホウオウドリームとダンビュライトとベストアプローチでした。
私は、阪神11Rはアダムバローズとキセキの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。




日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのパリモンマルトルとラインマツシモ、中山3Rのラデイアンスウエイ、中山6Rのバブルウイズジョイ、中山8Rのコトブキファルコン、阪神1Rのアーヴァイン、阪神3Rのレデイアリエッタとコペルニクス、阪神12Rのべルクリアに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:54

2017年09月16日

科学的競馬投資コメント20170917

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、

中山11Rのオープンのラジオ日本賞は、「馬場脚質不利克服馬」はコスモカナデイアンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がタムロミラクルでした。
私は、中山11Rは上位クラスでの競馬経験が多いカゼノコに上記2頭を加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG2のローズステークスは、「馬場脚質不利克服馬」ブラックスピーチの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は5頭で、4歳成長適性の調教師種牡馬適性の高く距離短縮適性が高い馬がブラックスピーチで、4歳成長適性の調教師種牡馬適性の高い馬がブライトムーンとラビットランで、距離短縮適性が高い馬がミスパンテールで、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がクイーンマンボでした。
私は、阪神11RはG1で2着2回の経験があるリスグラシューに上記5頭を加えた6頭を中心に馬券を検討予定です。




日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山4Rのレッドオリアナ、中山7Rのラベルヴィー、中山12Rのダノンアイリス、阪神1Rのサンドクイーン、阪神2Rのシゲルホウレンソウ、阪神4Rのオーシャンセブン、阪神7Rのクールデザイン、阪神9Rのメイショウボノムに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 14:31

2017年09月09日

科学的競馬投資コメント20170910

さて今週の2競馬場のメインですが、

中山11Rのオープンの丹頂ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、休養明距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がガルバルデイとウインフルブルームとミッキージョイでした。
私は、中山11RはG3を2勝しているマルターズアポジーに上記3頭を加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11RのG2のセンツールステークスは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」共に1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、阪神競馬所Y適性の種牡馬適性が高い馬がフィドウーシアとメラグラーナでした。
私は、阪神11Rは上記2頭を軸に馬券を検討予定です。




日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山10Rのナイトフォックス、阪神1Rのライナスとゲンデステイニー、阪神7Rのヤマヒサ、阪神8Rのヤマニンシルフとオーバーカム、阪神12Rのマテラアリオンに少々興味を持っております。







  
Posted by morishita1 at 17:00

2017年09月02日

科学的競馬投資コメント20170803

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11Rのオープンの丹頂ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はラブラドライトの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はタマモベストプレイとサラトガスピリットの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がタッチングスピーチでした。
私は、札幌11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3の新潟記念は、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」共に1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がロイカバードで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がハッピーモーメントでした。
私は、新潟11Rは上位クラスで上位入着経験があるアストラエンブレムとトーセンバジルに上記2頭を加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11RのG3の小倉2歳ステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はタイセイソニックの1頭が出走しており「馬場脚質不利克服馬」はアサクサゲンキとナムラアッパレとシトリカとジュンドリームとモズスーパーフレアの5頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はベイシャルアスサトノラーゼンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がモズスーパーフレアで、小倉競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がオーロスターキスで、小倉競馬場適性の種牡馬適性の高い馬がアサクサゲンキで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がヴァイザーでした。
私は小倉11Rは上記8頭をうまく絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌2Rのアクアリブラ、札幌6Rのユキノカトレア、札幌9Rのアルマレイモミ、札幌R10のモントアレグロ、新潟12Rのオーバーウエルモム、小倉4Rのワンダーゴレイロ、小倉6Rのダノングローリア、小倉7Rのジュンテオローラ、小倉8Rのグランドポピー、小倉12Rのエイシンキスミーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:01

2017年08月26日

科学的競馬投資コメント20170827

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG3のキーンランドカップは、「馬場脚質不利克服馬」はライトフェアリーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はモンドキャンノが出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、札幌競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がイッテツで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がメイソンジュニアでした。
私は、札幌11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3の新潟2歳ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はフィルハーモニーとシンデレラメイクとフロンテイアとコーデイエライトの4頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がムスコローソでした。
私は、新潟11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11Rのオープンの小倉日経オープンは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はサトノラーゼンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明適性の種牡馬適性が高い馬がロングリバイバルでした。
私は小倉11Rは過去に上位クラスで上位入着経験のあるバルーフに上記2頭を加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌3Rのシュクレビジュー、札幌4Rのタマモサーテインとサウスシュネル、札幌8Rのサンチャゴとレジメンタル、札幌9Rのマデイデイ、札幌10Rのヌーナ、新潟1Rのシガールとシゲルジャンボイモ、新潟6Rのエデイクト、新潟7Rのサトノオマージュとマコトグラヂウス、新潟8Rのレアドロップ、小倉3Rのアルバシュルク、小倉6Rのアトラーニ、小倉7Rのアドマイヤリアル、小倉9Rのオーバーカム、小倉10Rのメイショウボノム、小倉12Rのセンショウレイナに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:54

2017年08月19日

科学的競馬投資コメント20170820

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG2の札幌記念は、「馬場脚質不利克服馬」はマイネルミラノの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はヤマカツエースとツクバアズマオーの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマウントロブソンで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がデイサイファとエアスピネルでした。
私は、札幌11Rはヤマカツエースを軸に上記馬達絡めた馬券を検討予定です。


新潟11RのオープンのNST賞は、「最強馬場脚質不利克服馬」はプルミラコロの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はドラゴンゲートの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がプルミラコロで、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がウオータールルドでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11RのG3の北九州記念は、「最強馬場脚質不利克服馬」はダイアナヘイローの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はアクテイブミノウの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がホメグラネイトでした。
私は小倉11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌2Rのチルアウトとアドマイヤトリポル、札幌8Rのメイズオブオナー、新潟6Rのホウオウジャンプ、新潟12Rのラビットライズ、小倉2Rのラモントルドール、小倉3Rのプリンスオブペスカ、小倉7Rのクールデザイン、小倉8Rのブンブンブラウ、小倉10Rのタガノグロリオーサに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:51

2017年08月12日

科学的競馬投資コメント20170813

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG3のエルムステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコスモカナデイアンとテイエムジンソクの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はコスモカナデイアンとテイエムジンソクの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がクリノスターオーで、函館競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がモンドクラッセでした。
私は、札幌11Rはコスモカナデイアンとテイエムジンソクの2頭を軸に上記馬達絡めた馬券を検討予定です。


新潟11RのG3の関谷記念は、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がトーセンデュークで、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がマルターズアポジーで、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高い馬がダノンプラチナでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11Rの1600万の博多ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はコパノマリーンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はマサハヤドリームの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は小倉11Rは過去に同条件で2着2回のザツウルーエアーと上記2頭を加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌2Rのステイオンザトップ、札幌3Rのフィヴォーラとイノセントデイズとヴェンチュラガール、札幌8Rのジュアンマリエ、札幌9Rのデイアドーロ、新潟1Rのシャベルアンドレ、新潟3Rのムックンとバブルウイズジョイ、小倉3Rのタマモブローチとイルーシヴハピネス、小倉7Rのパレードに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:00

2017年08月05日

科学的競馬投資コメント20170806

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのオープンのUHB賞は、「馬場脚質不利克服馬」はアドマイヤゴッドの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がエポワスで、新潟競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がイッテツでした。
私は、札幌11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3のレパードステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はエピカリスとローズプリンスダムの2頭が出走しており「馬場脚質不利克服馬」はタガノカトレアとスターストラックとハルクンノテソーロの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はテンザワールドの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がイブキでした。
私は、新潟11Rは上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。


小倉11RのG3の小倉記念は、「馬場脚質不利克服馬」はフェルメッツアとストロングタイタンとサンマツテインの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がシャドウパーテイで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く小倉競馬場適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がストロングタイタンでした。
私は小倉11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌4Rのミナミ、新潟3Rのバレッテイとリフトツーヘブンとラベルヴィイー、新潟4Rのニシノスマッシュとキスミーダーリン、新潟10Rのエルカミーノレアル、小倉3Rのアレラーモ、小倉7Rのファーマシストとピオニームーン、小倉8Rのアドナルシー、小倉10Rのシロニイに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:14

2017年07月29日

科学的競馬投資コメント20170730

さて今週の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG3のクイーンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はパールコードとクロコスミアの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアエロリットとアドマイヤリードとシャルールとパ−ルコードの4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は、札幌11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3のアイビシサマーダッシュは、「馬場脚質不利克服馬」はアクテイヴミノルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、芝ダ変更出走適性の調教師種牡馬適性が高い馬がレヴァンテライオンで、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がフィドウーシアでした。
私は、新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11Rの1600万の佐世保ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はオールインワンとダイアナヘイローの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はオーヴィレールとオールインワンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は小倉11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌4Rのソニックアローとサウスシュネルとラーゴブルー、札幌7Rのインツザターフ、札幌8Rのデイナステイーア、新潟2Rのレデイロックバンド、小倉1Rのアサクサゲンキ、小倉2Rのレクセル、小倉4Rのデイープベイ、小倉8Rのベルデイーヴァとメジャーガラメキ、小倉12Rのゼンノブレーメンに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:48