2005年03月27日

科学的競馬投資コメント

Adinpick3の次期バージョン1032と次月4月度基準値でテストを行っています。
次期バージョン1032は、最終予想順位の決定アルゴリズムに関して、昇級馬と休養明馬と余力馬の最終順位をより上位になるようにアルゴリズムを変更しております。これに伴い、次月基準値も改訂しております。
今週土日のレースで、上位1・2・3着に入着した昇級馬と休養明適性プラス馬と余力馬の買い目印がどのようになっていたか確認してみますと。
土曜中山1Rの1着オトメザプリンス(単勝オッズ:4.7倍)は休養明適性プラス馬で買い目印は◎
土曜中山4Rの1着ピサノグラフ(単勝オッズ:2.0倍)は休養明適性プラス馬で買い目印は◎
土曜中山4Rの2着マイネルブラジリア(単勝オッズ:14.4倍)は休養明適性プラス馬で買い目印は▲
土曜中山5Rの2着レッドストーン(単勝オッズ:6.0倍)は昇級馬で買い目印は○
土曜中山9Rの1着チョウサン(単勝オッズ:8.3倍)は昇級馬且つ余力馬で買い目印は▲
土曜中山9Rの3着スイートアリッサム(単勝オッズ:18.5倍)は余力馬で買い目印は△
土曜中山12Rの2着フサイチストラトス(単勝オッズ:27.0倍)は休養明適性プラス馬で買い目印は◎
土曜中京5Rの1着ノボファイター(単勝オッズ:16.7倍)は休養明適性プラス馬で買い目印は△
土曜中京6Rの2着オースミエルフ(単勝オッズ:22.8倍)は余力馬で買い目印は○
土曜中京10Rの3着メジロモーガン(単勝オッズ:23.6倍)は余力馬で買い目印は○
土曜阪神6Rの2着キシュウローズ(単勝オッズ:4.7倍)は余力馬で買い目印は◎
土曜阪神7Rの3着ブリュネル(単勝オッズ:14.5倍)は昇級馬で買い目印は無印
土曜阪神11Rの3着コンゴウリキシオー(単勝オッズ:2.3倍)は余力馬で買い目印は◎
土曜阪神11Rの2着コスモオースチン(単勝オッズ:20.9倍)は昇級馬で買い目印は▲
日曜中山2Rの2着タイトルマッチ(単勝オッズ:8.8倍)は余力馬で買い目印は△
日曜中山7Rの1着シャコーミリオン(単勝オッズ:1.7倍)は余力馬で買い目印は○
日曜中山7Rの3着メジロカール(単勝オッズ:15.4倍)は余力馬で買い目印は△
日曜中山8Rの3着プリテイローズ(単勝オッズ:6.5倍)は余力馬で買い目印は△
日曜中京6Rの2着ニシノイワイザケ(単勝オッズ:11.4倍)は余力馬で買い目印は△
日曜中京7Rの1着ストームファング(単勝オッズ:3.3倍)は余力馬で買い目印は?
日曜中京7Rの3着ウインルシル(単勝オッズ:6.6倍)は余力馬で買い目印は△
日曜中京8Rの1着ナスノストローク(単勝オッズ:13.4倍)は休養明適性プラス馬で買い目印は▲
日曜中京9Rの3着マルブツシルバー(単勝オッズ:1.6倍)は余力馬で買い目印は△
日曜中京10Rの1着マイネルアンセム(単勝オッズ:3.8倍)は昇級馬で買い目印は◎
日曜中京10Rの3着サザンツイスター(単勝オッズ:6.7倍)は余力馬で買い目印は△
日曜中京11Rの2着キーンランドスワン(単勝オッズ:27.9倍)は昇級馬で買い目印は◎
日曜中京11Rの3着プレシャスカフェ(単勝オッズ:1.9倍)は昇級馬で買い目印は△
日曜阪神6Rの1着アウトオブサイト(単勝オッズ:5.6倍)は余力馬で買い目印は△
日曜阪神6Rの3着ダブルテンパニー(単勝オッズ:5.0倍)は余力馬で買い目印は無印
日曜阪神11Rの1着メイショウオキナ(単勝オッズ:20.8倍)は昇級馬で買い目印は?
日曜阪神11Rの3着ビッグエンデバー(単勝オッズ:9.5倍)は昇級馬で買い目印は▲
という結果でした。
今週土日のレースのみでのテスト結果ですが、買い目印無印馬は、土曜日は1頭、日曜も1頭ということで、全31頭中無印馬は2頭ということで、昇級馬と休養明適性プラス馬と余力馬の最終予想順位は、かなり改良されたように感じております。

又、芝ダート変更後能力の高い馬に関しても、土曜日は上位入着馬は人気馬ばかりでしたが、日曜日は、人気があまり無い馬が上位入着していました。
日曜中山10Rの買い目印◎のダイワメンフィス(単勝オッズ:18.6倍)は1着
日曜中京10Rの買い目印?のエイテイフロー(単勝オッズ:24.1倍)は2着
そして、日曜阪神7Rでは、芝ダート変換後能力が高い馬が2頭いました。
買い目印△のチアズヒカリ(単勝オッズ:90.0倍)と、買い目印無印のカントリースタイル(単勝オッズ:43.5倍)の2頭でした。
Adinpick3の買い目印◎は一番人気のシュンキ(単勝オッズ:2.7倍)で、この3頭の組み合わせで入着して3連複で11万馬券でした。(私は、3連複馬券は買っておらず、馬連のみ購入していた次第です)

次期バージョン1032は、3月末に公開予定で進めております。
今後も、回収率向上を目的に、基準値改訂及びバージョンアップを精力的に進めて行きますので、今後とも科学的競馬投資を宜しくお願い致します。












  

Posted by morishita1 at 17:10TrackBack(0)

2005年03月20日

科学的競馬投資コメント

最新バージョン(1031)のAdinpick3では休養明適正プラスの馬の最終順位を決めるアルゴリズムを改訂しています。
色々とシュミレーションもしてみましたが、例えば休養前に、全く競馬をしていないような馬でも、休養後のリフレシュで上位入着することがあり、このような馬は、過去のデータからはやはり最終予想順位をあげることは不可能で、Adinpick3の買い目印は無印となります。調教データや当日の馬の状況を見て判断することが必要となると思います。
土日の休養明馬で休養明適正がプラスの馬は、以下の通りでした。
土曜中山12Rの印○ドリームパートナー(単勝オッズ:15.9倍)は2着
土曜中山12Rの無印トウカイルックス(単勝オッズ:7.8倍)は3着
土曜中京1Rの無印マッキーゴッテス(単勝オッズ:92.4倍)は1着
土曜中京3Rの印◎アースシャープ(単勝オッズ:2.8倍)は1着
土曜中京5Rの印?モアマイガール(単勝オッズ:54.3倍)は2着
日曜阪神7Rの印◎マイテイシルバー(単勝オッズ:2.0倍)は1着
日曜阪神10Rの印○マイネソーサリス(単勝オッズ:7.9倍)は3着
日曜阪神11Rの印◎リンカーン(単勝オッズ:4.8倍)は3着
日曜阪神12Rの印▲グラスクレバー(単勝オッズ:36.4倍)は1着
日曜阪神12Rの印△グランプリオーロラ(単勝オッズ:5.7倍)は3着
という結果で、最終順位を決めるアルゴリズムを改訂しましたが、Adinpick3の買い目印が無印の馬がやはり2頭いた次第です。

ところで、Adinpick3独自指数の対戦適性に関してですが、Adinpick3の出馬表作成処理時間の半分以上の時間がこの対戦適性算定の処理に使用されています。
このように多くの時間をかけて対戦適性を算定しているのも関わらず、実は私は、今まではこの対戦適性をあまり重要視していませんでした。対戦適性が◎○▲△の印がつくような馬は、やはり人気に成る事が多く、配当妙味が小さいという理由からでした。
今週の土日の結果を見て、あらためて対戦適性の重要性を認識した次第です。
今週の土日のレースで、上位1・2・3着した馬で対戦適性が◎○▲△の印の馬が半数近いという結果でした。当然、単勝オッズは10倍以下の馬が殆どで、5倍以下の馬が多いのが実際でした。
しかし、以下のように、対戦適性印が付いた馬で、10倍以上の単勝オッズの馬も上位入着している事実は見逃す事はできません。
土曜中京8R3着馬印○メイショウフレンド(単勝オッズ:34.7倍)は△
土曜阪神2R3着馬印?アジアン(単勝オッズ:14.2倍)は▲
日曜中山5R1着馬印◎ローランビーメント(単勝オッズ:10.3倍)は△
日曜中山5R2着馬印▲シャーベットトーン(単勝オッズ:11.8倍)は○
日曜中京3R1着馬印△オリエンタルバード(単勝オッズ:10.8倍)は△
日曜阪神10R2着馬印△ミキノマーベラス(単勝オッズ:15.1倍)は△
日曜阪神12R1着馬印▲グラスクレバー(単勝オッズ:36.4倍)は◎
やはり、過去に強い相手と対戦してきた馬は、タイムや成績が悪くても上位入着する可能性が高いということを認識した次第です。

ところで私が、過去約8年間のデータで分析・シュミレーションした結果では、休養明馬が1・2着に来たレースは、全レースの15%発生しており、馬連の配当は、馬連の平均配当金額の1.4倍という高い配当になっています。
競馬投資においては、休養明け馬をどう判断するかは、きわめて重要な事項であり、何らかの判断基準が必要と言う事と思います。
現在のAdinpick3の休養明基準値は、休養間隔毎に父系と母系の血統から基準値を算定しておりますが、今後も、新たな休養明要因を研究していくつもりですので、今後とも科学的競馬投資を宜しくお願いする次第です。




  
Posted by morishita1 at 17:25TrackBack(0)

2005年03月13日

科学的競馬投資コメント

今回も、3月度で大幅改訂した芝ダート基準値と休養明基準値についてさらに詳細に検討してみたいと思います。
土日2日間で上位入着した馬で、芝ダート変換後能力が高い馬と休養明適性がプラスの馬を列挙してみると以下になっています。
土曜中京1Rの2着馬の無印のライトアンドバロン(単勝オッズ:55.1倍)は休養明適性がプラス
土曜中京1Rの3着馬の無印のウエデイングメリー(単勝オッズ:9.7倍)は芝ダート変換後能力が高い
土曜中京3Rの3着馬の無印のシルクシルエット(単勝オッズ:28.1倍)は休養明適性がプラス
土曜中京8Rの2着馬の無印のセンウンバンチョー(単勝オッズ:100.5倍)は休養明適性がプラス
土曜中京10Rの2着馬の○印のプレミアシチー(単勝オッズ:25.3倍)は芝ダート変換後能力が高い
土曜阪神2Rの3着馬の◎印のトーホウフウジン(単勝オッズ:5.1倍)は休養明適性がプラス
土曜阪神10Rの2着馬の無印のインテイライミ(単勝オッズ:3.1倍)は休養明適性がプラス
土曜阪神11Rの1着馬の?印のビッグゴールド(単勝オッズ:87.7倍)は休養明適性がプラス
日曜中山9Rの3着馬の?印のピオーネ(単勝オッズ:26.4倍)は休養明適性がプラス
日曜中山10Rの2着馬の△印のタイキダイナステイ(単勝オッズ:31.5倍)は芝ダート変換後能力が高い
日曜中京10Rの2着馬の無印のシルバーガル(単勝オッズ:47.9倍)は休養明適性がプラス
日曜中京12Rの2着馬の△印のエリーナ(単勝オッズ:33.4倍)は芝ダート変換後能力が高い
日曜阪神3Rの2着馬の○印のアグネスハッピー(単勝オッズ:5.7倍)は芝ダート変換後能力が高い
日曜阪神6Rの3着馬の○印のハギノグラッド(単勝オッズ:2.3倍)は休養明適性がプラス
日曜阪神7Rの2着馬の?印のアドマイヤムサシ(単勝オッズ:8.1倍)は芝ダート変換後能力が高い
日曜阪神8Rの2着馬の?印のナイススマートワン(単勝オッズ:5.9倍)は休養明適性がプラス
日曜阪神11Rの1着馬の○印のラインクラフト(単勝オッズ:1.8倍)は休養明適性がプラス

以上のように、相変わらず、芝ダート変換後能力が高い馬と休養明適性がプラスの馬が上位入着しているわけですが、特に、上位入着した休養明適性がプラス馬のADINPICK3の買い目印が無印の馬が5頭も含まれていることに注目です。
これら、無印の馬は休養前の成績や走破タイムが悪い為無印になった馬が多い為と思われます、休養をとったことによりリフレシュして今回は高い能力で走れたと思っています。
休養前の成績や走破タイムが悪い馬の場合は、ADINPICK3では買い目印が付かないのは当然の結果ですが、やはり休養明適性がプラスの馬は、過去の能力が低くても注意が必要と思われます。特に、休養明け馬で過去の能力が低い馬はほとんどの場合人気が低く、非常に配当妙味があるからです。
次月基準値及び次期バージョンでは、過去の成績や走破タイムが悪い馬でも休養明適性がプラスの場合は、買い目印が付くようなアルゴリズムに改定する予定ですので、今後とも科学的競馬投資を宜しくお願いする次第です。

  
Posted by morishita1 at 18:22TrackBack(0)

2005年03月06日

科学的競馬投資コメント

3月1日に、3月度基準値を大幅改訂しております。
改訂の1例としては、休み明けで出走する馬や芝ダート変更出走する馬が少なく、これら基準値データが少ない為、休養明適正と芝ダート変換後能力の信頼度が場合によっては低いという課題に対して、より信頼性を高めるといったことを行っています。
今回の改訂では、休養明適正を算定する休養明基準値と芝ダート変換後能力を算定する芝ダート基準値は、基準値データ作成をより長期間のデータに基き作成するように見直しております。
土日のレースで1・2着した馬で、休養明適正プラスの馬と芝ダート変換能力が高い馬で買い目印が付いていた馬を検証して見ました。

土曜中京3Rで1着の印○のロードウイング(単勝オッズ:20.5倍)は休養明適正プラス
土曜中京10Rで1着の印○のビッグファントム(単勝オッズ:8.2倍)は芝ダート変換後能力高い
土曜中京11Rで1着の印△のロックカーニバル(単勝オッズ:14.9倍)は休養明適正プラス
土曜阪神2Rで2着の印△のスナークボーイ(単勝オッズ:108.9倍)は芝ダート変換後能力高い
日曜中山5Rで2着の印▲のトウカイパフィ(単勝オッズ:20.3倍)は芝ダート変換後能力高い
日曜阪神12Rで2着の印○のネオマクイーン(単勝オッズ:20.8倍)は休養明適正プラス

今回の改訂で、休養明け馬や芝ダート変更出走馬がそれほど多く出走していない割には、買い目印が付いた休養明け馬や芝ダート変更出走馬がそこそこ馬券に絡むようになっていた様に思われます。
休養明け馬や芝ダート変更出走馬が馬券に絡むと高配当になることが多く、今後も、回収率向上を目的に、高配当に結びつくことが多い休養明基準値と芝ダート基準値に関して更なる研究を続ける予定ですので、今後とも科学的競馬投資を宜しくお願いする次第です。


  
Posted by morishita1 at 16:40TrackBack(0)