2012年03月25日

科学的競馬投資コメント20120325

最近ですが、私の馬券検討内容が変化してきております。
私の主力馬券は、ワイドと3連複馬券ですが、馬券購入レースの選択が変わってきており、以前は予想が的中する可能性が高いレースに絞って馬券購入していたのですが的中しても配当が低いという場合が多く、最近は高配当が予想され的中の可能性もそこそこあると判断したレースに絞って馬券購入しており、未勝利戦でも配当妙味が高い場合は購入することが多くなってきております。
配当妙味が高いと思われるレースを中心に考えると、配当妙味が特に高い芝ダ変更出走馬が出走しているレースが多くなってくるのですが、実は、芝ダ変更出走馬が出走しているレースは未勝利戦いとか500万条件戦等の下級条件のレースが多く、オープンクラス等の上位クラスでは芝ダ変更出走馬の出走は少ないので、最近の私は未勝利戦の馬券購入が増えております。
私の最近の土日2日間の収支結果をみてみると、未勝利戦で高配当馬券を的中したかどうかで土日2日間で収支プラスになる場合が多くなっており、昔の私は未勝利戦は特に配当妙味が高いレースに限定して馬券購入していたのですが、最近は未勝利戦のレースの馬券購入が増えていますが、その背景には芝ダ変更出走馬が未勝利戦に多く出走しているからと思っております。

ところで、スマートホンですが、昨年2011年での全世界での出荷台数は4億9140万台でパソコンの全世界出荷台数の3億5330万台を大きく上回り、スマートホンが直線一気の末足で大差の楽勝といった感じでパソコンの出荷台数を追い抜いたそうです。
スマートホンの年間出荷台数が10億台以上になるのも数年以内で達成するような気がしております。
ちなみに全世界での携帯電話出荷台数は15億4600万台だそうですので、意外と早い時期にスマートホンの出荷台数が携帯電話を追い抜いてしまうような気がしています。
私もスマートホンを2台保有していますが、ソフト開発以外は殆どスマートホンで用がたりますし、問題は文字等の入力がパソコンの大きなキーボードで入力することに比べると非常に入力しにくいという欠点がありますが、別途小型の携帯用のスマートホン用キーボードを使用すればこの入力問題もかなり解決されますし、インターネット検索等は私の場合は殆ど文字入力することはなく音声検索で殆どの場合は対応できますので、今後の技術進歩でソフト開発以外はスマートホンで殆どの処理が可能になる可能性もあり、そうなるとソフト開発等の特殊な処理をする以外はパソコンは不要になるのではと私は思っております。
スマートホンの急成長とは反対に、日本中央競馬会(JRA)は2011年の純損失が約63億4420万円となり、収支が1957年以来、54年ぶりに赤字になったと発表したとのことで、2011年度の売り上げは、約2兆3062億円に下がったそうです。
さて、今週ですが、最近の土日は雨が多く、馬場がかなり傷んで来ているようで、今週も雨模様で、私は今週は、人気薄の芝ダート変更出走馬と同様に不良馬場適性の高い馬に注目し馬券検討をしている次第です。

今週は、改装後の中京競馬場でのG1レースの高松宮記念です。
高松宮記念の「馬場脚質不利克服馬」の出走はなんと6頭もいまして、内1頭のマジンプロスパーは最強馬場脚質不利克服馬で、ロードカナリアとエーシンダックマンとアポロフェニックスとグランプリエンジェルとダッシャーゴーゴーの5頭が馬場脚質不利克服で、複勝軸馬候補はいませんでした。
現在5連勝中なのがロードカナリアで、一方、5連勝してG1のスプリンターステークスったあと香港で5着で前走が4着のカレンチャンの2頭が強いのではと思っておりますが、私が注目しているのは最強馬場脚質不利克服馬のマジンプロスパーでして、今年の高松宮記念は私は、ロードカナリアとカレンチャンとマジンプロスパーの3頭を中心に馬券検討予定です。
上記馬のなかでも人気がなさそうな馬の中では、エーシンダックマンに興味を持っている私です。

  

Posted by morishita1 at 12:10TrackBack(0)

2012年03月18日

科学的競馬投資コメント20120318

前回のブログにも書きましたが、最近私しスマートホンに大変な感心を持っております。
約1ケ月間のタイぶらり旅では、パソコンではなく、殆どスマホで用が足りて、今後のスマホの爆発的な増大を推察しております。
パソコンが必要なときは、プログラム開発位で、他はスマホで十分と思っています。
スマホの今後の課題は、なにやら訳のわからない問題がどの程度発生するかがきになるところですが、今のところ私の2台のスマホではソフトで訳のわからない問題は発生しておりません。
過去にパソコンでは、何度となくわけの判らない問題に遭遇して膨大な時間を消費しえTきたのですが、最近も私のパソコンで訳のわからない問題が発生して、その対応にかなりの時間がさかれました。
今後のスマホに期待して、スマホ用のプログラム開発の勉強を開始しており、Javaというプログラム言語とAndroidの開発環境を整備していたときですが、復元ポイントの作成ができていないことに気がつきました。
何か問題が発生したときの対応として、私も時々システムの復元で以前の状態に戻すことがありますが、このシステムの復元ができない状態になっていました。
インターネット等で色々調べましたが、似たような問題発生の対応策で色々と試したのですが解決しない状態が続き、1日間ほど時間を消費してしまいまして、最終手段としてWINDOWSの再インスツールをしようかと思っていたときに、たまたまインターネットで「ASROCK製のマザーボードに添付されているXFASTUSBというソフトが悪さをしている」といった内容がみつかりました。
実は私のマザーボードはASROCK製でしたので、早速、XFASTUSBというソフトをアンスツールしたところ問題は解決してしまいました。
プロ中のプロであるASROCKが添付のXFASTUSBというソフトの問題に気がついていないというパソコンの難しさを再認識した次第です。

さて今週ですが、全面改装された中京競馬場ですが、当面の間ですが、私は芝ダ変更馬等の配当妙味の高い馬が出走しているレースに限定して馬券検討をするようにしております。
今週の中京は、芝ダ変更出走馬で配当妙味の高い馬が出走しており馬券検討をした次第です。
土曜日中京5Rは未勝利戦でしたが配当妙味の高い芝ダ変更出走馬が出走していました。
現在テスト運用中の調教師種牡馬適性が非常に高い馬がモエレマリーア(単勝オッズ:22.9倍)で芝ダート変更注目馬のタイセンハリケーン(単勝オッズ:20.2倍)でして、私はモエレマリーナの単勝と上記2頭を含めた3頭ボックスのワイド馬券を購入していましたが、なんと全馬券が的中でした。3連複・3連単は購入していませんでしたが、高配当でした。今後は中京でも、3連複馬券も検討しようと思った次第です。
続いて、翌日曜日の中京3Rの未勝利戦にも注目すべき芝ダ変更出走馬がいまして、芝ダ変換後能力が抜けて高い芝ダ変更出走注目馬で且つ調教師種牡馬適性も高かったオエrハメジャー(単勝オッズ:倍)で、私しは今度は最強馬場脚質不利克服馬のゲンパチメジャーとの2頭軸3連複馬券を購入していまして、流し相手として初出走でしたが調教師種牡馬適性が高かったブラックウイナーも馬券対象にしていましたところ、上記3頭が3位以内にきて3連複で万馬券でした。
さて、現在テスト運用中の休養明馬や芝ダ変更出走馬の調教師種牡馬適性ですが、調教師種牡馬適性が高い馬が必ず3着以内に来るというわけではないのですが、かなりの確率で上位にくることが多いということで、最近の私は現在テスト運用中の休養明馬や芝ダ変更出走馬の調教師種牡馬適性をかなり重要視して馬券検討をしている次第です。


今週は、古馬の重賞は長距離の阪神大賞典です。
阪神大賞典の「馬場脚質不利克服馬」の出走は2頭で、ヒルノダムールとオウケンブルースリーの2頭が馬場脚質不利克服で、複勝軸馬候補はヒルノダムール1頭でした。
近親にG1がいるのは現在6連勝中のオルフェーブルで、常識で考えるとG1を4勝しているオルフェーブルが勝つ可能性が抜けて高いのですが、競馬は常識に逆らうことが多々ありますので、私は配当次第ですが、、複勝軸馬候補且つ馬場脚質不利克服のヒミノダムールとオルフェーブルの2頭軸の馬券を検討予定でおります。
阪神大賞典が配当的に馬券購入しない場合は、出走馬14頭の内芝ダ変更馬頭休養明馬が9頭も占める中京の中京スポニチ賞が配当的に面白そうで、芝ダ変更出走馬の中央競馬未勝利のエフテイシュタルクに私は感心を持っている次第です。


さて来週は、改装後の中京競馬場でのG1レースの高松宮記念です。
高松宮記念の「馬場脚質不利克服馬」の出走はなんと8頭もいまして、内1頭のマジンプロスパーは最強馬場脚質不利克服馬で、ロードカナリアとエーシンダックマンとガルボとアポロフェニックスとグランプリエンジェルとダッシャーゴーゴーとメモリアルイヤーの7頭が馬場脚質不利克服で、複勝軸馬候補はカレンチャン1頭のみでした。
現在5連勝中なのがロードカナリアで、一方、5連勝してG1のスプリンターステークスを勝ったあと香港で5着で前走が4着のカレンチャンの2頭が強いのではと思って降りますが、私が注目しているのは最強馬場脚質不利克服馬のマジンプロスパーでして、今年の高松宮記念は私は、ロードカナリアとカレンチャンとマジンプロスパーの3頭を中心に馬券検討予定です。
上記馬以外で人気がなさそうな馬の中では、ジョーカプチーノに興味を持っている私です。

  
Posted by morishita1 at 12:44TrackBack(0)

2012年03月11日

科学的競馬投資コメント20120311

先週から中京競馬が全面改装した新しいコースでスタートしております。
11年ほど前に新潟競馬場の1000M直線コース含めた改装以来の大きな改装が中京競馬場で行われました。
「平坦小回りの中京」と呼称された中京もかなりの坂が直線にできて、さぞ追い込み馬が有利な馬場になったと思った方も多いと思いますが、先週は先行逃げ馬がかなり活躍していた感じです。
競馬場の改装は過去の過去のデータをベースに予想するADINHUTER2みたいなソフトは、中京競馬場特有の過去のデータの活用が有効ではなくなってしまいますので、当面は中京特有データ以外の34歳成長馬とか過去の実力馬とか馬場脚質不利克服馬とか対戦適性等のデータを中心に活用する必要があると思っております。
又、現在テスト中の競馬環境変化に対応した調教師種牡馬適性も競馬場特有の予想要因ではないので改装後の中京競馬の予想検討には有効と思ったりしております。
私は当面は、中京競馬の馬券購入は控える予定でおりますが、芝ダ変更出走馬等の配当妙味がある馬が出走している場合は馬券購入するつもりでおります。


ところで、最近私しスマートホンに大変な感心を持っております。
約1ケ月間のタイぶらり旅では、パソコンではなく、殆どスマホで用が足りて、今後のスマホの爆発的な増大を推察しております。
パソコンが必要なときは、プログラム開発位で、他はスマホで十分と思っています。
実はそんなこともあって、スマホ用のプログラム開発の勉強を開始しております。
この年で、何で勉強なのかと思われるかも知れませんが、常に新しいことに挑戦することは楽しいことと思っております。
Javaというプログラム言語とAndroidに関する本を数冊買い込んで、パソコンとにらめっこしながらテストプログラムを動かしたりして、実施勉強を開始しております。
できたら最終的には、競馬関連のスマホ用のソフトを開発予定でおりますが、この年で新しいプログラム言語を勉強するというのはなかなか厳しい感じですが、楽しみながら勉強をしてみるつもりです。
スマホで膨大な競馬のデータ処理は不可能と思いますので、クラウド方式でサーバーにスマホからアクセスして競馬データを取得する感じになるような気がしております。
例えば、スマホから取得するデータとしては、最近の調教技術の進歩と新種牡馬の活躍を反映する適性として、最近の競馬動向の変化の反映として、特に「新種牡馬の大活躍」と「調教技術の進化」が特に大きな環境変化と判断しており、「調教師」と「種牡馬」を組み合わせた調教師種牡馬適性として、
1) 休養明馬を休養明初戦に活躍させる調教技術あるいは活躍種牡馬
2) 長期休養明馬を長期休養明初戦に活躍させる調教技術あるいは活躍種牡馬
3) 芝からダートへの変更出走馬を活躍させる調教技術あるいは活躍種牡馬
4) ダートから芝への変更出走馬を活躍させる調教技術あるいは活躍種牡馬
5) 距離延長馬を活躍させる調教技術あるいは活躍種牡馬
6) 距離短縮馬を活躍させる調教技術あるいは活躍種牡馬
7) ブリンカー装着馬を活躍させる調教技術あるいは活躍種牡馬
8) 3歳の若馬を活躍させる調教技術あるいは活躍種牡馬
9) 降級馬を活躍させる調教技術あるいは活躍種牡馬
10) 7歳以上の高齢馬を活躍させる調教技術あるいは活躍種牡馬
といった最近の競馬環境を繁栄できるようなデータの提供などを考えたりしております。


さて今週ですが、先週に引き続き改装された中京競馬は様子見ということで、古馬のメインはハンデ戦ですが中山の中山牝馬ステークスをメインレースでは検討した次第です。

中山牝馬ステークスの「馬場脚質不利克服馬」の出走は4頭で、アプリコットフィズとアカンサスとホエールキャチャーとオールザットジャズが馬場脚質不利克服で、複勝軸馬候補は1頭も出走しておらず、休養明馬のイタリアンレッドは調教師と種牡馬適性が共に高い馬でアプリコットフィズとアニメイトバイオも種牡馬適性が高い馬でした。
私は中山牝馬ステークスは、上記馬たちで馬券を検討予定でおります。

ところで、3歳戦の阪神メインのG2のフィリーズレビューですが、芝ダ変更出走馬の調教師種牡馬適性が高い馬が3頭いましたので単勝馬券の検討をしている次第で、サクセスセレーナが特に調教師種牡馬適性が高く、レッドクラウデイアとサトノジェリーも調教師種牡馬適性が高い馬でした。
参考までに、人気になっている休養明けのアイムユアーズとアンチェラス共に調教師種牡馬適性が高い馬でした。
阪神メインのフィリーズレビュは出走馬16頭の内で休養明馬と芝ダ変更出走馬が半分の8頭を占めるなかなか難解なレースと思ったりしております。

  
Posted by morishita1 at 14:02TrackBack(0)

2012年03月04日

科学的競馬投資コメント20120304

昨年から私は、最近の調教技術の進歩と新種牡馬の活躍を予想に反映することを主眼に、「調教師種牡馬分析機能」のテスト運用を継続しております。
特に、配当妙味の高い芝ダ変更出走馬と休養明馬の分析を調教師種牡馬適性という形で、現在は基準値年間契約ユーザー向けに「2頭軸絞込分析機能」の中の一部として優待機能として提供しておりますが、できるだけ早い時期に一般公開版にも追加機能として追加することを検討しております。
前にも何回もブログに書きましたが、芝ダ変更出走馬は配当妙味が高い馬が多く、高配当馬券になる可能性が高い馬です。残念ながら上級条件戦では芝ダ変更出走馬は少ないのですが、未勝利戦や500万クラス位の下級条件戦には出走馬が多いので、未勝利戦や下級条件戦の馬券検討に私は非常に重要視しているのが現在テスト運用中の調教師種牡馬適性です。
又、過去5年間の平均配当を分析した結果は、
・休養明馬が3着以内に来たレースの平均配当は、休養明馬や芝ダ変更出走馬が3着以内に来なかったレースのワイドで約1.38倍で3連複で約1.68倍の高配当。
・芝ダ変更出走馬が3着以内に来たレースの平均配当は、休養明馬や芝ダ変更出走馬が3着以内に来なかったレースのワイドで約1.46倍で3連複で約1.92倍の高配当。
という分析結果になっていて、やはり休養明馬や芝ダ変更出訴馬は配当妙味が高いという結果になっており、特に芝ダ変更出訴馬は非常に配当妙味が高いということでした。
沿い憂い意味で、私の馬券検討内容が変化してきております。
そんな背景から、最近の私は未勝利戦の馬券を休養明馬とか芝ダ変更出走馬を絡めて馬券購入することが多くなっております。
以前は、私は基本的には未勝利戦の馬券は殆ど購入しないようにしておりましたが、最近では未勝利戦の馬券が的中するかどうかが収支に大きく影響するようになって来ている次第です。

3月度基準値を公開させて頂きましたが、同時公開の最新基準値最新バージョンのADINHUNTER2のV1038では、芝ダ変更出走馬や休養明馬を限定して平均配当を分析できる機能を追加させて頂いております。
今後も、芝ダ変更出走馬や休養明馬等の高配当馬に関する機能を更に充実させていく予定でおります。
私の拙い過去の経験からですが、近代競馬では、ある程度の高額馬券を的中させないと収支プラスにするのは不可能というのが私の基本的な馬券検討方針になっております。
競馬というのは、配当が低い馬券を多く的中するよりも高額馬券を1点だけ的中した方が収支が良い場合が多いというのが私の経験です。
別の観点では、実は低い配当馬券を的中させるのが難しいという背景には、近代競馬では本命対抗で決まるよな堅いレースは少なく、低い配当のレース自体が少ないということが背景にあります。
低い配当で決まるレースが少ないにもかかわらず、本命対抗を中心にした馬券を購入しても、なかなか的中しないのは勿論ですが、的中しても配当が低く、収支プラスになることが少ないと私は思っており、それならば、配当の高い馬と本命あるいは対抗といった配当の低い馬の2頭を中心に馬券を購入した方が収支プラスになる可能性が高いと私は判断して馬券購入するようにしております。

今週から中京競馬が開催です。
中京競馬場は平坦小回りというあだ名のを返上して全く新しい競馬場に生まれ変わったそうです。
直線も100Mほど延長され、坂もかなり急な坂だそうで、過去の中京競馬場のデータは役に立たない感じで、当面の間は中京競馬では過去のデータではなく開催時点のデータを活用することが肝要な気がしています。
当面の間は私は中京競馬では、Adinhunter2の「今週馬場適性注目馬抽出」機能を有効活用して新しく生まれ変わった中京競馬場での注目馬を探し出す予定でおります。
但し当面の間は、コースが大きく変わっているはずですので、タイム理論を重視することは避ける方がいい感じです。
例えば以前の中京の芝1200Mも基準タイムと、新しく生まれ変わった中京競馬場の芝1200Mの基準タイムは異なる可能性が高いと思っております。
タイム理論の基準になる基準タイムが大幅に変わっているはずですので、基準タイムの算定が適切にできるようになるのは少々期間がが必要と思っております。
当面の期間は、ADINHUNTER2を使用する上で、中京競馬場での「早い馬場」とか「遅い馬場」という馬場状態は適切に算定されないので、注意が必要と思っております。

私は、今月3月度は中京の馬券は購入しない予定で、次月4月度基準値頃からボツボツと中京の馬券検討を開始するつもりでいる次第です。

今週は、中京競馬は様子見ということで、古馬のメインの阪神オープンの仁川ステ−クスをメインレースでは検討した次第です。

仁川ステ−クスの「馬場脚質不利克服馬」の出走は2頭で、ソリタリーキングと旗鼓のアポロが馬場脚質不利克服で、複勝軸馬候補は1頭も出走しておらず、休養明馬のソリタリーキングは調教師種牡馬適性が高い馬で、且つ近親馬にG1馬がいる馬でした。
逆に休養明馬のゴッドブリッツは調教師種牡馬適性が低い馬で、又、芝ダ変更出走馬のマカニビステイは調教師種牡馬適性が高い馬でした。

私は仁川ステ−クスは、上記馬にデスペラードとスタッドジェルダン加えた馬たちで、馬券を検討予定でおります。


  
Posted by morishita1 at 12:04TrackBack(0)