2012年05月26日

科学的競馬投資コメント20120526

最近の私は、配当妙味の高い芝ダ変更出走馬・休養明馬を中心にした単勝・ワイド・3連複馬券を購入するレースが多くなっております。
そして、芝ダ変更出走馬・休養明馬を絡めたワイド馬券の購入内容が変化してきており、昔は3点ボックスのワイドだったのがその後4点ボックスのワイドになり、最近は3点ボックスに加えて配当妙味の高い芝ダ変更出走馬・休養明馬から2点流しをといった5点買いが増えてきており、特に芝ダ変更出走馬・休養明馬から2点流しという馬券で的中するケースが増えてきており、配当妙味の高い芝ダ変更出走馬・休養明馬からできるだけ多くの馬に流すという買い方が回収率向上に貢献している感じです。

先週は、休養明馬が活躍していました。単勝万馬券もそこそこある芝ダ変更出走馬に比べると配当妙味が若干低いのですが、それでも意外な高配当を的中できる場合も多々あります。
芝ダ変更出走馬や休養明馬の判断には、最近の競馬環境変化に対応する目的でテスト運用を継続している調教師種牡馬分析の調教師種牡馬適性を有効活用して判断に役立てていまして、先週の例では、
土曜日は、新潟6Rの種牡馬適性が高かった休養明馬キョウエイヒドラ(単勝オッズ:65.2倍)が3着、東京5Rの調教師種牡馬適性が共に高かった休養明馬リングネプラ(単勝オッズ:19.1倍)が2着で、
日曜日は、新潟5Rの種牡馬適性が高かった休養明馬コスモミレネーヌ(単勝オッズ:10.3倍)が2着、新潟6Rの調教師種牡馬適性が共に高かった休養明馬スズカルーセント(単勝オッズ:5.7倍)が2着、新潟7Rの調教師種牡馬適性が共に非常に高かった休養明馬ピクシープリンセス(単勝オッズ:18.7倍)が2着、東京8Rの調教師種牡馬適性が共に非常に高かった休養明馬サイモンロード(単勝オッズ:4.8倍)が1着でした。
さらに高配当馬の典型が先週の新潟12Rの7歳馬のウインク(単勝オッズ:182.9倍)で、高齢馬の種牡馬適性が抜けて高い馬でして、私はワイドと3連複の流し馬として馬券対象にしていたのですが、相手馬が来ずに不的中でした。

ここ数ケ月の経験を踏まえて、最近私が注目している配当妙味の高い芝ダ変更出走馬と休養明馬の注目マーク馬を抽出する基準値を次月6月度基準値で大幅改定予定でおります。


さて今週ですが、今週も土曜日最初に芝ダ変更出走馬(含む初出走馬)が活躍していました。
土曜日東京3Rの未勝利戦で現在テスト運用中の調教師適性が抜けて高く種牡馬適性も高かったバクシンテイオー(単勝オッズ:12.2倍)は1着に来ていましたので、今週は芝ダ変更出走馬の活躍が予想されたのですぅが、土曜日のその後は惜しい4着が数頭会ったくらいで、明日の日曜日に期待している次第です。
実は私の拙い経験ですが、ある週に芝ダ変更出走馬が大活躍していたので、翌週は芝ダ変更出走馬を集中的に馬券購入したがその週は殆ど芝ダ変更出走馬は上位に来ず、その翌週も芝ダ変更出走馬を集中的に馬券購入したがその週も殆ど芝ダ変更出走馬は上位に来ず、3週間ほど芝ダ変更出走馬を集中的に馬券購入したがダメで4週目にはあきらめて芝ダ変更出走馬の馬券を購入しなかったらその週に限って芝ダ変更出走馬が大活躍して、思わず私は「まあ、競馬というのはこういうものだ」と口ずさんだ経験があったことを思い出した次第です。


今週は、3歳馬クラシックのダービーです。
ダービーの「馬場脚質不利克服馬」の出走は6頭で、この内のエタンダールは最強馬場脚質不利克服馬で、ワールドエースとゴールドシップとベールドインパクトとデイーププリランテとクラレンスの6頭が馬場脚質不利克服馬で、複勝軸馬候補はいませんでした。
近親にG1馬がいるのはベールドインパクトとヒストリカルの2頭で、現在テスト運用中の調教師種牡馬分析での調教師種牡馬適性の距離延長適性が高い馬は、ワールドエースとヒストリカルとスピルバーグの3頭で、芝ダ変更出訴馬は残念ながらいませんでした。
私は今年のダービーは、ワールドエースを主軸に、エタンダールとゴールドシップとベールドインパクトの3頭を絡めた馬券を中心にして馬券を検討予定でおります

一方古馬のG2の目黒記念ですが、
目黒記念の馬場脚質不利克服馬」の出走は、トレイルブレイザーとダノンバラードとエアポートメサとカワキタコマンドの4頭で、複勝軸馬候補はいませんでした。
現在テスト運用中の調教師種牡馬分析で休養明の調教師種牡馬適性が高い馬はトレイルブレイザーで、一方、カワキタコマンドの休養明けの調教師種牡馬適性は良くなく、又、距離延長の調教師種牡馬適性が高い馬はダノンバラードでした。
私は今年の目黒記念は、トレイルブレイザーとダノンバラードの2頭と血統適性注目馬のスマートロビンの3頭を中心に馬券検討予定でおります。


来週は、古馬のG1の安田記念です。
安田記念の「馬場脚質不利克服馬」の出走は2頭で、コスモセンサーとショウナンマイテイの2頭で、複勝軸馬候補はいませんでした。
近親にG1馬がいるのはトーセンレーヴの1頭で、現在テスト運用中の調教師種牡馬分析で休養明の調教師種牡馬適性が高い馬はペルーサで、高齢の種牡馬適性が高いのはオセアニアボスでした。
G1ヴィクトリアマイルの3・5着馬のマルセリーナとアパパネの2頭は実力馬と思いますが、私は今年の安田記念は、配当妙味が高そうなコスモセンサーとペルーサとオセアニアボスの3頭ボックスのワイド馬券でも購入しようかなと思ったりしております。

  

Posted by morishita1 at 20:51TrackBack(0)

2012年05月20日

科学的競馬投資コメント20120520

先週のブログで、配当妙味の高い芝ダ変更出走馬の判断が相変わらず好調な感じで、私の芝ダ変更出走馬の判断基準は、複数の判断基準を勘案して総合的な最終判断をするのですが、単勝馬券を購入する馬は私の最終総合判断が非常に高い馬に限定しておりますといったことを書きましたが、更に単勝馬券でも総合判断が高い馬と抜けて高い馬に分けて、抜けて高い馬の単勝馬券は通常高い馬に比べて2倍くらいの金額で馬券を購入している次第です。
そして、私の場合は初出走馬も芝ダ変更出走馬と同様の判断をしており、初出走馬の判断にも有効な感じで、この初出走馬ですが人気がない馬が多く、的中するとかなりの高配当になることが多々あります。

又、芝ダ変更馬と同様に休養明馬も配当妙味の高い馬として穴馬候補で狙う場合が多くなっております。
休養明馬も芝ダ変更出走馬と同様にテスト運用中の調教師種牡馬適性を重要視して判断しております。

今週ですが、先週の土曜日の芝ダ変更馬の活躍に反して、今週土曜日は休養明馬が活躍しておりました。
土曜日は、新潟6Rの種牡馬適性が高かった休養明馬キョウエイヒドラ(単勝オッズ:65.2倍)が3着、東京5Rの調教師種牡馬適性が共に高かった休養明馬リングネプラ(単勝オッズ:19.1倍)が2着で、そんなことで東京11Rの調教師種牡馬適性が共に高かった休養明馬アドマイヤコマンド(単勝オッズ:58.8倍)を狙っていたのですが、ハナ差の4着でしたが、新潟6Rと東京5Rの休養明馬を絡めた3点ワイドが的中していた次第です。
配当妙味が高い芝ダ変更出走馬と休養明馬ですが、取捨選択が難しいのが実情です。
そういう意味で、私の場合ですが、芝ダ変更出走馬と休養明馬が出走しているレースに限定して馬券を購入するのではなく、芝ダ変更出走馬と休養明馬以外の配当妙味が高い馬の出走レースも馬券購入するように心がけている次第です。
但し、単に配当妙味が高い馬を探すのではなく、環境変化への対応を目的にした現在テスト運用中の調教師種牡馬適性等を活用して、高齢馬や距離延長・短縮やブリンカー装着や成長途上の3歳馬等に対しても調教師種牡馬適性等を加味して判断するようにしている次第です。
私の場合ですが、できるだけ的中の可能性を高めるために、芝ダ変更出走馬だけに絞って馬券購入したりすることはできるだけ避けるようにしている次第です。
勿論、上位入着の可能性が高い配当妙味が高い芝ダ変更出走馬は必ず馬券対象にして馬券購入はしておりますが。。。。。。。。


今週は、3歳馬クラシックのオークスです。
オークスの「馬場脚質不利克服馬」の出走は4頭で、アイムユアーズとサンキューアスクとメイショウスザンナとマイネエポナの4頭で、複勝軸馬候補はいませんでした。
現在テスト運用中の調教師種牡馬分析で距離延長適性が高い馬は、キャトルフィーユとジェンテイルドンナとダイワズームとパララサルーとヴィルシーナと多くの馬が距離的にも浮かび上がってきており、又、脚質・季節的に有利なのがキャトルフィーユといった感じで、今年のオークスは非常に難解な感じですので、私は配当妙味の高いキャトルフィーユからサンキューアスクとアイムユアーズへの万馬券ワイド馬券でも購入してTV観戦をしてみようかとも思ったりしております。

来週は、3歳馬クラシックのダービーです。
今年のダービーには珍しいことに芝ダ変更出走馬が出走予定みたいで、この芝ダ変更出走馬の調教師種牡馬適性が高いようで、人気もないようですので興味を持っている次第です。
  
Posted by morishita1 at 11:23TrackBack(0)

2012年05月13日

科学的競馬投資コメント20120513

最近ノートパソコンをSSDに変更して、パソコンの起動は勿論各アプリケーションの起動も短時間で処理でき大満足しております。
新しいパソコンにグレードアップした感じで非常に快適で、デスクトップも同様にSSDを追加してSSDで起動するように変更しましたところ、新品のパソコンみたいにサクサクと処理をするので感激しております。
SSDへの変更は非常に簡単で、私のやり方は、ハードデイスクを丸ごとバックアップしておいて、バックアップファイルからSSDへ復元するという方法で、その後、ブート指定で起動ドライブを復元したSSDに変更するという方法で、バックアップと復元に時間がかかる位で、それほど手間隙がかからない感じでした。
昔はSSDと言うと読み込み専用みたいな感じでしたが、最近のSSDは書き込みも進歩してきており、毎日データ更新して書き換え作業をしても5年くらいの耐用年数があるとのことですので、書き込みも十分に実用に耐えるSSDとなっている感じです。
実はAdinhunter2というソフトは、起動時に膨大な各種チェックを行っている為に起動に時間がかかるのですが、SSDにしてからはAdinhunter2の起動も非常に早くなった感じです。


さて今週ですが、配当妙味の高い芝ダ変更出走馬の判断が相変わらず好調な感じで、今週土曜日の最初に購入したレースから単勝馬券が的中したりして相変わらず好調をキープできている感じです。
私の芝ダ変更出走馬の判断基準は、複数の判断基準を勘案して総合的な最終判断をするのですが、単勝馬券を購入する馬は私の最終総合判断が非常に高い馬に限定しております。
又、私の場合は初出走馬も芝ダ変更出走馬と同様の判断をしており、初出走馬の判断にも有効な感じです。
特に現在テスト運用中の調教師種牡馬分析機能を重視して総合判断をしており、今週土曜日最初に購入した京都1R未勝利戦ではメテオーリカ(単勝オッズ:16.1倍)は調教師種牡馬適性が高く単勝馬券を購入しており、続いて購入したと新潟2Rの勝利戦のエリダリオン(単勝オッズ:13.5)は種牡馬適性が抜けて高く単勝馬券を購入しており、さらに購入した4レース目の新潟3Rの未勝利戦のロノ(単勝オッズ:8.3)は調教師種牡馬適性が高く単勝馬券を購入しており、更に購入したレース6番目の東京3Rの未勝利戦のシルクエルドール(単勝オッズ:35.8)は調教師種牡馬適性が高く単勝馬券も購入していたという次第です。

最近私が重要視しているテスト運用中の調教師種牡馬分析機能もテスト運用期間も1年近くになってきていますので、調教師種牡馬適性と他の判断要因との関連からどのような要因組み合わせの場合に1着に来る可能性が高いのかが私なりの経験でほぼわかってきた感じで、私の最終的な総合判断が高い馬に限って単勝馬券を購入することが多くなっており、かなりの高配当単勝馬券を的中できるようになってきている感じです。

現在テスト運用中の調教師種牡馬分析機能には当然ながら出馬表以外にも過去1年間や2年間の分析も可能ですので、データ分析としてどのような要因の組み合わせの場合に上位にくるのかも判りますが、私は過去のデータ分析を参考にしながら毎週毎週の実績も含めて自分の経験を含めた自分自身の最終判断基準を確立することが重要と思っている次第です。


今週は、古馬牝馬のヴィクトリアマイルです。
ヴィクトリアマイルの「馬場脚質不利克服馬」の出走は4頭で、内1頭のオールザットジャズは最強馬場脚質不利克服馬で、キョウワジャンヌとフミノイマージンとホエールキャプチャーの3頭が馬場脚質不利克服で、複勝軸馬候補は昨年のヴィクトリアマイルの勝ち馬アパパネとマルセリーナの2頭でした。
近親にG1馬がいるのはスプリングサンダーで、芝ダ変更出走馬も芝ダ変更に関する適性が高い馬もいませんでした。
私は、今年の古馬牝馬のG1ヴィクトリアマイルは、最強馬場脚質不利克服馬のオールザットジャズと複勝軸馬候補で昨年のヴィクトリアマイルの勝ち馬アパパネと同じく複勝軸馬候補のマルセリーナの3頭を主軸に馬券検討をする予定ですが、3頭共に人気になっているようですので、馬券購入はしない可能性もありそうです。

最近の私はメインレースよりも配当妙味の高い芝ダ変更出走馬が多く出走している未処理戦で収支がほぼ決まっている感じで、G1レースでも馬券を購入しないケースが段々と増えてきている感じです。

来週は、3歳馬クラシックのオークスです。
オークスの「馬場脚質不利克服馬」の出走は4頭で、アイムユアーズとサンキューアスクとメイショウスザンナとマイネエポナの4頭で、複勝軸馬候補はいませんでした。
現在テスト運用中の調教師種牡馬分析で距離延長適性が高い馬は、キャトルフィーユとジェンテイルドンナとダイワズームとパララサルーとヴィルシーナと多くの馬が距離的にも浮かび上がってきており、又、脚質・季節的に有利なのがアオスフォーリスといった感じで、今年のオークスは非常に難解な感じですので、私は馬券購入は見送りの予定です。
  
Posted by morishita1 at 08:55TrackBack(0)

2012年05月06日

科学的競馬投資コメント20120506

先週のブログにも書きましたが、最近の私は、配当妙味の高い芝ダ変更出走馬を中心に馬券購入しております。
芝ダ変更出走馬の検討に際しては現在テスト運用中の調教師種牡馬適性分析機能を活用しております。
私の場合ですが、私が選んだ芝ダ変更出走馬に関してですが、実は過去のレース成績等のその馬に関する過去のデータは一切見ないことにしております。
見ない理由は、私が選んだ芝ダ変更出走馬の過去のレース成績等のデータをみると過去3走共に2桁着順と言った感じの馬が結構いて、馬券対象にできなくなるような馬が多いので、あえて過去のレース成績等は見ないで馬券を購入しております。
そのなことで、的中すると意外な高配当な場合が多くなっている感じです。


ところで、私のノートパソコンですが、月に一度位の頻度で使用していたのですが、購入して1年位ですが、どうしたわけかWINDOWSが起動しなくなってしまいました。
セイフテイモードでは起動するのですが、通常モードでは起動しなくなってしまいまして、近くのPCデポというパソコンの大手チエーン店にパソコン診断をしてもらった結果、ハードデイスク不良ということが判明致しました。
PCデポ店の店員は、HD交換に際してはSSDにすることを私に勧めました。
SSDへの交換価格を尋ねますと、128GのSSDで1万円強で、256GのSSDですと2万5千円位とのことでしたが、HDの交換作業の料金が2万5千円という高額料金に驚き、PCデポに交換依頼をするのは断念して、1時間ほど掛かったパソコン診断の料金を払おうとしたところ、店員さんからパソコン診断は無料ですとのことでした。
1時間以上か掛かったと思われるパソコン診断料金が無料で、SSDへの交換料金が2万5千円という両極端の料金体系には驚いた次第です。
おそらく、診断を無料にしてユーザーに来てもらい、診断結果から不良部分の商品と修理代金を取るという考え方のようでしたが、HD交換料金が2万5千円というのはあまりにも高いような気がして、私はSSDも通販のamazonで購入して、自分でSSDへの交換作業をしました。
SSDにしてからはwindowsは勿論のこと各種ソフトの起動時間も早くなり、非常に快適になりました。

ノートパソコンをSSDに変更して、パソコンの起動は勿論各アプリケーションの起動も短時間で処理できかなり満足しており、デスクトップも同様にSSDを追加してSSDで起動するように変更予定でおります。


今週の私ですが、最近は殆どが芝ダ変更出走馬がらみでワイドや3連複で万馬券的中が多かったのですが、今週は土曜日の新潟未勝利戦で休養明馬の2等軸3連複で2万馬券的中と幸先の良いで土曜日でした。

先週の天皇賞は3冠馬のオルフェーブルが大敗して12番人気のビートブラックが勝ちました。
何でこんな結果になるのか私には説明ができません。
私の口癖ですが「まあ、競馬とはこんなもんだ。。。」という以外の言葉は見つかりません。
但し、私は想定外の馬が来ることがあるのが競馬と思っていますが、自分が想定した馬がくるのも競馬と思っております。
そして競馬が難しいと思うのが、想定外の馬が来るレースと想定通りの馬が来るレースを判別できないことで、どういう馬が来るのかわからないということを前提にして、極力配当妙味の高い馬を狙った馬券を購入するようにしている私です。

今週は、3歳馬のG1レースのNHKマイルカップです。
NHKマイルカップの「馬場脚質不利克服馬」の出走は7頭で、カレンブラックヒルとマウントシャスタとキングオブローとサドンストームとニシノスタイルメジャーアスリートとロードラデイアントが馬場脚質不利克服で、複勝軸馬候補はいませんでした。
芝ダ変更出走馬も芝ダ変更に関する適性が高い馬もおらず、馬券検討が難しい今年のNHKマイルカップです。
私は今年のNHKマイルカップは馬券購入見送りの予定です。

来週は古馬牝馬のG1ヴィクトリアマイルです。
ヴィクトリアマイルの「馬場脚質不利克服馬」の出走は4頭で、内1頭のオールザットジャズは最強馬場脚質不利克服馬で、フミノイマージンとホエールキャプチャーとキョウワジャンヌの3頭が馬場脚質不利克服で、複勝軸馬候補はいませんでした。
近親にG1馬がいるのはスプリングサンダーで、昨年のヴィクトリアマイルの勝ち馬アパパネは馬場脚質不利克服馬ではありませんでした。
芝ダ変更出走馬も芝ダ変更に関する適性が高い馬もおらず、狙い馬の選択が難しいのですが、来週は古馬牝馬のG1ヴィクトリアマイルは私は、最強馬場脚質不利克服馬のオールザットジャズを狙ってみたいと思っています。

  
Posted by morishita1 at 10:19TrackBack(0)