2012年10月27日

科学的競馬投資コメント20121028

私のAdinhunter5を活用した馬券検討方法ですが、私の主馬券は3点ボックスワイド馬券と2頭軸3連複馬券ですが、高配当馬券の多くはワイドではなく2頭軸3連複馬券のほうが多くなっております。
私の場合ですが、2頭軸3連複馬券での的中率を高めるために出来るだけ多くの相手馬に流すようにしております。

2頭軸の流し相手馬としてAdinhunter5では印がつかない馬でもAdinhunter2では予想印がついている馬を流し相手馬として馬券対象にするために、「HT2印取込切替」機能を使用して出馬表画面に2ソフトの予想印を横並びで表示しております。
又、2頭軸3連複馬券の流し相手馬候補として、競馬環境変化対応の調教師種牡馬適性の高い馬を流し相手馬にすることが私の場合は多くなっております。
特に調教師適性Aランクあるいは種牡馬適性Aランク馬を2頭軸の流し相手馬にすることが多くなっております。
又、2頭軸3連複馬券の流し相手馬候補として、調教師種牡馬総合適性値が60以上の馬と馬場脚質適性値が60以上の馬も2頭軸の流し相手馬にすることが多くなっております。
当然ですが、馬場が悪化して不良馬場になった場合は、血統適性の不良馬場適性が高い馬は必ず2頭軸の流し相手馬にすることにしております。



さて今週の3競馬場のメインですが、
新潟メインの1600万条件の魚沼ステークスの「馬場脚質不利克服馬」の出走はトシンボリボルドーの1頭で、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性で4歳の若馬の調教師種牡馬適性と共に新潟競馬場の種牡馬適性が抜けて高い馬がゴールデングローブですので、私はゴールデングローブとシンボリボルドーの2頭を中心に馬券検討予定でおります・
東京メインのG1天皇賞には「馬場脚質不利克服馬」がダークシャドウとダイワファルコンとナカヤマナイトの3頭が出走しており、複勝軸馬候補はフェノーメノとダークシャドウとダイワファルコンとナカヤマナイトの4頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性で休養明適性の調教師種牡馬適性が高い馬く距離延長の調教師種牡馬適性が高い馬がサダムパテックで、休養明馬のルーラーシップも休養明適性の調教師種牡馬適性が高い馬で、高齢馬の調教師種牡馬適性が抜けて高い馬が7歳馬のトランスワープでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性で3歳の若馬の調教師種牡馬適性が高い馬が3歳馬のカレンブラクヒルとジャストアウエイの2頭でした。
今年の天皇賞秋は難解ですが、私はフェノーメノとダークシャドウとダイワファルコンとナカヤマナイトの4頭を中心にサダムパテッ・ルーラーシップ・トランスワープ・カレンブラクヒル・ジャストアウエイにも流した馬券を検討予定でおりますが、上位入着の可能性が高い馬が多いので高配当馬を中心にワイド馬券のみの購入も考えている次第で、特にダイワファルコンとナカヤマナイト2頭の高配当馬に少々期待している次第です。
京都メインのオープンのカシオペアステークスには「馬場脚質不利克服馬」のレインステックの1頭が出走で、複勝軸馬候補はダノンバラード1頭でした。
ADINHUNTER5の調教師種牡馬適性で3歳の若馬の調教師種牡馬適性と距離短縮の調教師種牡馬適性が共に高い馬がヒストリカルで、4歳の若馬の調教師種牡馬適性とが高い馬く且つ京都競馬場の種牡馬適性が抜けて高い馬がダノンバラードでしたので、私はダノンバラードを中心にヒストリカルとレインステックの3頭を軸にした馬券を検討予定でおります。
日曜日の芝ダ変更出走馬ですが、京都8Rのエイシンピューマと新潟9Rのシャイニンロミオの2頭に興味を持っております。
  

Posted by morishita1 at 17:28TrackBack(0)

2012年10月20日

科学的競馬投資コメント20121021

私のAdinhunter5を活用した馬券検討方法ですが、私の主馬券は3点ボックスワイド馬券と2頭軸3連複馬券になっております。
背景としては鉄砲の弾を数撃てばあたると言う発想ではなく、獲物を狙って確実に仕留める場合でも出来るだけ少ない弾でで仕留めるというのがハンター方式の考え方です。
獲物を狙うハンター方式では、出来るだけ少ない買い目点数の馬券にすることで、回収率向上を図るようにしております。
私の場合は、ワイド馬券では3点ボックスの3点で2頭軸3連複馬券では6点から10点位の買い目点数が多くなっております。
3点ボックスワイド馬券では3点のうち1頭は配当妙味の高い馬にすることが殆どです。
2頭軸3連複馬券では2頭軸の1頭は信頼度の高い馬でもう1頭は配当妙味の高い馬にすることが基本ですが、軸馬にするに値する配当妙味の高い馬がいない場合は2頭共に信頼度の高い馬にすることもあります。又、2頭の軸馬の内1頭の信頼度があまり高くない場合は、信頼度の高い馬を主軸馬として2頭の複軸馬にする場合もありますが、3連複馬券の場合の買い目点数は多くても12点位にしております。

ワイド・3連複馬券どちらの場合でも、最重要事項は「信頼度の高い馬」と「そこそこ信頼度が高い配当妙味の高い馬」の選び方になります。
私の場合は、信頼度の高い馬は予想印◎○▲の馬の中から「複勝軸馬候補」あるいは「最強馬場脚質不利克服馬」にする場合が殆どで、そこそこ信頼度の高い配当妙味の高い馬には予想印に関係なく無印馬も含めて「芝ダ変更出走注目馬」・「休養明注目馬」・「複勝軸馬候補」・「馬場脚質不利克服馬」にすることが多くなっております。


さて今週の3競馬場のメインですが、
新潟メインの1600万条件戦には「馬場脚質不利克服馬」は出走しておらず、複勝軸馬候補はエバーローズ1頭だけでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性で新潟競馬場の種牡馬適性が抜けて高い馬もエバーローズですので、私はエバーローズ中心に馬券検討予定でおります・
東京メインのオープンブラジルカップには「馬場脚質不利克服馬」がグラツツイアとグリッターウイングとパワーストラグルとバトルドンジョンの4頭が出走しており、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性で芝ダ変更適性の調教師適性が高い馬は7歳馬のモンテクリスエスですが高齢馬適性が低く、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がナムラビクターでして、3歳の若馬適性が抜けて高い馬がグラツツイアでしたので、ハンデ戦ということで私はグラツツイアとナムラビクターの2頭を中心にしたワイド馬券を検討予定です。
京都メインのG1菊花賞には「馬場脚質不利克服馬」のゴールドシップとダアノンジェラートとエタンダールとスカイデグニテイとフェデラルホールとロードアクレイムとタガノビッグバンの7頭が出走で、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
ADINHUNTER5の調教師種牡馬適性で距離延長と京都競馬場適性が抜けて高い馬がエタンダールとロードアクレイムとマウントシャスタの3頭でしたので、私はエタンダールとロードアクレイムの2頭を中心にしたワイド馬券を検討予定でおります。
日曜日の芝ダ変更出走馬ですが東京8Rのカフェコンソールに少々興味を持っている次第です。

  
Posted by morishita1 at 19:38TrackBack(0)

2012年10月13日

科学的競馬投資コメント20121014

競馬環境変化対応科学的競馬投資ソフト:Adinhunter5の私なりの使い方ですが、私は旧ソフトAdinhunter2の予想印を開催画面の「HT2印取込切替」機能を使用して出馬表画面に2ソフトの予想印を横並びで表示して活用しております。
Adinhunter2とAdinhunter5では予想アルゴリズムがかなり異なりますので、Adinhunter5では印がつかない馬でもAdinhunter2では予想印がついている馬がいます。
私の活用方法は2頭軸3連複の場合が殆どなのですが、2頭軸の流し相手馬としてAdinhunter5では印がつかない馬でもAdinhunter2では予想印がついている馬を流し相手馬として馬券対象にすることが多くなっております。
3連複馬券を2頭軸にする理由は出来るだけ多くの馬に流すために軸を2頭に絞って少ない買い目にすることですが、この出来るだけ多くの馬としてAdinhunter2の予想印馬を対象とすることで2頭軸の的中率を高くしております。


さて今週の3競馬場のメインですが、
新潟メインのオープン信越ステークスには「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」共に出走しておらず、Adinhunter5の34歳若馬の調教師種牡馬適性が共に抜けて高い馬が3歳馬のゼロスでしたが、ハンデ戦でもあり馬券購入は見送り予定です。
東京メインのオープンのアイルランドトロフィイの「馬場脚質不利克服馬」はミッキーパンプキン1頭で、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
ADINHUNTER5の調教師種牡馬適性も特に抜けた馬はおらず、馬券購入は見送り予定です。
京都メインのG1秋華賞には「馬場脚質不利克服馬」がラスヴェンチュラス1頭で、複勝軸馬候補は出走しておらず、Adinhunter5の3歳和歌馬の調教師種牡馬適性が抜けて高く且つ総合適性も高い馬がジェエンチルドンナとヴィルシーナとキャトルフィーユの3頭で、休養明け馬の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性が高い馬がサンシャインでした。私は上記5頭を中心に馬券検討予定でおります。
日曜日のレースで芝ダ変更出走馬では新潟6Rのインステイトと東京6Rのセイウンオウサムと京都12Rのリッカアリュールの3頭に興味を持っている次第です。
  
Posted by morishita1 at 20:01TrackBack(0)

2012年10月07日

科学的競馬投資コメント20121008

10月度基準値を公開させて頂きました。
前月に引き続き、休養明芝ダ変更基準値と複勝軸馬基準値を大幅に改良しております。
約1ケ月半に渡るテスト運用の結果タイム理論能力はやはり有効性が高いと判断して、5週間ほど前に休養明芝ダ変更基準値にタイム理論能力を反映したのに続き、複勝軸馬基準値にも3週間ほど前からタイム理論能力を反映するように改良しており、ここ3週間ほどのテスト運営ではなかなか良好な結果になっておりましたので、10月度基準値ではタイム理論能力を反映した休養明芝ダ変更基準値と複勝軸馬基準値に大幅改良させて頂きました。
10月度から基準値はADINHUNTER5用の新基準値とADINHUNTER(2)用の旧基準値の2つの基準値を公開しております。
2つの基準値は互換性はなく新基準値(KIJUN5.MDB)はADINHUNTER5専用基準値になっております。
当然ですが、基準値も予想アルゴリズムも異なりますので、新ソフトのADINHUNTER5と旧ソフトADINHUNTER2とは予想印もかなり異なっている感じで、レースよっては稀にですがAdinhunter5が印◎でADINHUNTER2は無印あるいはその逆といったようなかなり予想印がソフトによって異なりますので、ADINHUNTER5にはADINHUNTER2の予想印を取込機能があり出馬画面に2つのソフトの予想印を表示できるようにしております。



さて今週は3日間開催です。
月曜日の2競馬場のメインですが、
東京メインのオープンベルセウスステークスの「馬場脚質不利克服馬」の出走はマルカフリートの1頭で、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性の高齢馬の牡馬適性が抜けて高い馬が7歳馬のファリダットで、又、休養明馬適性の種牡馬適性が抜けて高い馬がボアレスでして、今年のベルセウスステークスは上記3頭を中心に馬券検討予定でおります。
京都メインのG2京都大賞典の「馬場脚質不利克服馬」はミッキーペトラ1頭で、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
休養明け馬のオウケンブルースリとギュスターブクライのAdinhunter5の調教師種牡馬適性の休養明適性を見てみると、オウケンブルースリーは調教師種牡馬適性共に高くギュスターブクライも種牡馬適性が高い馬で、特にギュスターブクライは34歳成長適性と距離短縮適性が非常に高い馬でしたので、私は今年京都大賞典は上記3頭を中心に馬券検討予定でおります。。

  
Posted by morishita1 at 20:54TrackBack(0)