2012年12月22日

科学的競馬投資コメント20121223

ここ3週間ほど、iOSのAPPLEのIPADとANDROIDの7インチタブレットとWIN8のW700を色々と比較しながら使用しているのですが、やはりWINDOWSの汎用性に慣れているせいかiOSやANDROIDの端末は使いにくいので、ほとんどwin8タブレットのW100を利用しております。
特に競馬開催中は100%w700で、念願のリクライニングチェアーに寝そべってTV観戦しながら速報成績・オッズ取得や馬券検討そして馬券購入を寝そべってしております。
が実情です。
実はw700の画面解像度は1,920×1,080ドットのフルHD表示なのですが、指でタッチするのは至難の業ですので、私は1,366×768ドットで使用しておりますが、それでも開催レース選択画面のレース選択や出馬表画面での戦歴確認の馬の選択はタッチミスが時々発生しています。
タッチペンを使用してみましたがタッチペンは感度が悪くやはり指でタッチしています。
ACERのICONIAのW700は重量960gですが、やはり寝そべって使用するには少々重い感じですがなんとか寝そべって使用しておりますがほとんど問題なく使用できています。
ノートパソコンは基本は座って使用するのですが、このタブレットのW700は寝そべって使用できるということで、使用環境が全く変わっています。
今後、重量が軽いWIN8タブレットが続々と発売されると、競馬スタイルもかなり変わってくるのではと感じております。
私の場合は、寝そべってTV観戦しながら馬券検討・購入というスタイルが多くなっております。

私の最近の競馬は芝ダ変更馬を中心に馬券購入しており、好調が続いております。
この最近私の経験を反映して芝ダ変更出走馬の基準値を大幅改良しており、芝ダ変更出走馬の抽出を改良した結果な感じです。
この改良版芝ダ変更基準値は次月2013年1月度基準値に反映予定でおります。

早いもので今週で今年の競馬は最終週です。
今週は土日月の3日間開催ですが、日曜日の中山メインの10RのG1有馬記念は「最強馬場脚質不利克服馬」がダイワファルコンで、「馬場脚質不利克服馬」の出走はルルーシュとナカヤマナイイトとトレイルブレウザーの3頭で、複勝軸馬候補はゴールドシップの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては中山競馬場と距離適性の種牡馬適性が高い馬がエイシンフラッシュでした。
今年の有馬記念は,私は上記5頭のを中心に馬券検討する予定でおります。
阪神メインの1600万円条件のサンタクロースハンデには「馬場脚質不利克服馬」はミルドリームとレインフォールとマーブルデイビーの3頭が出走しており、複勝軸馬候補は出走しておりませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては4歳成長適性の種牡馬適性が極めて高い馬がパッションダンスでした。
私は京都12Rは上記4頭を中心に馬券検討予定でおります。

日曜日の芝ダ変更出走馬ですが、中山1Rのスズノニシキ、中山6Rのホウショウアビル、阪神6Rのアドマイヤエレノア、阪神12Rのロードバリオスに少々興味を持っております。
翌月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山3Rのイヤーオブドエラゴンとスカイタロー、中山9Rのワンダービリーブ、阪神2Rのドリーボヌールとヨゾラニネガイヲ、阪神7Rのサウンドビガレスに少々興味を持っております。
  

Posted by morishita1 at 17:24TrackBack(0)

2012年12月15日

科学的競馬投資コメント20121216

ここ2週間ほど、iOSのAPPLEのIPADとANDROIDの7インチタブレットとWIN8のW700を色々と比較しながら使用しているのですが、やはりWINDOWSの汎用性に慣れているせいかiOSやANDROIDの端末は使いにくいのが実情です。
特に,APPLEのiOSのIPADにはエクスプローラ的な感じでファイルを全く扱えないので使用しずらいというのが実際でして,まだANDROIDの方はエクスプローラ的な感じでファイルを扱えるのでかなりましな感じです。
又、DVDとかCDを直接扱うことができないのも困りましたが、最近発売されたWIFI搭載のDVDドライブを購入すればWIFIで動画を飛ばしてみることが可能になるということで、IPAD用にWIFIのDVDドライブを購入した次第です。
色々とiOSとANDROIDとWIN8の端末を弄り回しておりますが、WINDOWを知っているものですから、iOSやANDROIDの制約が多いことにかなり苦労しております。
WINDOWSを知らなければ、iOSやANDROIDを使用しても、端末というのはこういうものだと思ってしまえば使えると思いますが、WONDOWSと比較すると私にはどうもiOSやANDROIDは使いずらいというのが実際です。

話は変わりますが、ACERのサポートの話になりますが、今回私が購入したw700はおそらく初期ロットあるいはそれに近い生産ロット分だったと思われますが、時々WIFIが途切れる問題が発生して、先週土曜日の午後にACERのサポートにメール致しましたら土曜日の夜に回答が来ました。その後問題が解決できず6回ほどメールのやり取りがありましたが、休日にも関わらず大体半日以内には返事がきまして、夜の10時頃にもメール回答が来ました。ACERのサポートは夜遅くまで対応しているようで、その回答も非常に的確な内容で、「省電力設定の変更」・「新しいドライバーのインスツール」や「電波帯の変更」等かなり技術的な内容も含まれていました。
私が一番ACERのサポートに関心したのは、なかなか問題が解決しない状況になった段階で、「確認が必要ですので少々時間を下さい」という連絡がはいり、その後なんと少々の時間ではなく、半日後に連絡がはいり、その対応策で問題がほぼ解決したことです。
アフターサービスについては日本メーカーが最高と言っておられる方も多いようですが、今回のACERの対応は私が経験したサポートの中でも最高レベルでした。
海外の私の知人が言っていましたが、問題が発生して日本メーカーに連絡してもなかなか来ないが韓国のサムソンはすぐ来てくれるので、今後は日本製品は使用しないといっていました。この海外の知人は実は日本人です。


さて今週の3競馬場のメインですが、中山メインのG1朝日杯は成績データの少なく成長途上の3歳戦ですので、私は馬券見送りの予定です。
中京メインの1000万条件の中京日経賞は珍しいことに「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」共に出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては芝ダ変更出走馬のサトノテイアラが調教師種牡馬適性が高いので、この馬からワイド馬券を検討予定でおります。
阪神メインのオープンのペテルギュウスステークスは「馬場脚質不利克服馬」はタガノロックオンとメテオロロジストとナリタシルクロードの3頭が出走しており、複勝軸馬候補は出走しておりませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭いまして、芝ダ変更出走馬のボアレスは調教師種牡馬適性が高く、メテオロロジストは阪神競馬場適性と距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬でした。
私はペテルギュウスステークスは上記4頭を中心に馬券検討予定でおります。

日曜日の芝ダ変更出走馬ですが、上記サトノテイアラとボアレス以外では、中山1Rのラッキーチケット、中山3Rのタイセイゼニス、中山7Rのチャードリー、中山8Rのテンエイエスプリ、中京2Rのタガノグーフォとモーレツ、中京3Rのトランドネージュ、阪神2Rのサンライ、阪神8フレイムオブピースとミルクデイッパー等に少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 17:48TrackBack(0)

2012年12月08日

科学的競馬投資コメント20121209

Windows8のタッチパネル対応のソフト開発の話ですが、JRA−VANがタッチパネル向けのJV−LINKを開発する可能性があるという話を11月初めのJRA−VANのソフト作者懇親会の場で聞きましたので、私もWIN8のタッチパネル対応のプログラムの書籍を購入して勉強を開始し始めたのですが、従来のプログラムとは全く違う感じで、JRA−VANのタッチパネル対応版のJV−LINKを使用したサンプルプログラムでも入手しないと独自では開発はかなり難しい感じです。
また、JRA−VANのタッチパネル対応版のJV−LINKのリリース時期も未定の状況ですので、一時勉強を中断していたのですが、タッチパネル対応のプログラム関連の本を3冊ほど読んでみて、やはり実際にWIN8のタッチパネルのパソコンを使用したい気持ちになり、ACERのCOREI3搭載のW700を購入しました。
私としては、WIN8搭載のマイクロソフトのSURFACE(COREI5)かACERのW700D(COREI5)を購入予定でしたが、当面日本では発売予定がないようですので、COREI3のW700を購入した次第です。
ACERのW700は画面サイズ11。6インチのフルHD(1920×1080ドット)タブレットで950Gの重量ですが、今までは私は7インチのANDROIDタブレットを使用していましたので、W700はやはり大きく且つ重く感じます。
やはり持ち歩くとかソフアーに寝そべって使用するには7インチ位の400G以下のタブレットが最適な感じです。
私自身もタッチパネルでソファーに寝そべってTV観戦しながら馬券検討・馬券購入ができるようなタブレット用のWIN8プログラムを使用してみたいので、W700を使用しながら時間がかかってタブレット用のWINDOWSストアアプリの競馬ソフトを開発すべき再度勉強を開始している次第です。
ACERのW700を購入しましたので、今週はW700でAdinhunter5を使用しているのですが、従来の画面のままですので、指でのタッチはマウスとは全く違ってなかなか指定した場所が定らず、違う場所をタッチしてしまうことが多い感じで、マウスと指先の違いを思い知らされた次第です。
実は、W700はフルHD(1920×1080ドット)なのですが、1366*768のサイズにしても指でのタッチは非常に難しく、フルHD(1920×1080ドット)では全く指ではタッチ不可能という状況でした。

話は変わりますが、WIN5はご存知だと思いますが、TAKE5はご存知でしょうか。
昔のジャズで、5拍子のジャズで、デイブブルーベックカルテットの演奏でしたが、そのデイブブルーベックが亡くなったそうです。91歳でした。
実は私事ですが、昔高田の馬場の喫茶店でデイスクジョッキーをやってまして、ジャズをメインにしたデイスクジョッキーでして時々ですがデイブブルーベックカルテットのテイクファイブを流した記憶がよみがえりました。
私横浜育ちでしたので、中華街の外人が経営するジャズバーに通いウイスキーを外人と一緒にストレートで飲んでいて肝臓をやられて半年くらい動けない時期があったことを思い出した次第です。


さて今週の3競馬場のメインですが、
中山メインのG3カペラテークスには「最強馬場脚質不利克服馬」のスリーボストンとトシキャンデイの2頭が出走しており「馬場脚質不利克服馬」の出走はエイシンウエズンとアースサウンドの2頭で、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては、競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がアーリーデイズで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がエイシンウエズンでした。
過去にG1で2着と3着のシルクフォーチュンは格上で、又過去にオープン4勝でG3で2着2回のテイアップワイルドも能力が高く、判断が難しいレースですが、私はスリーボストンとトシキャンデイとエイシンウエズンの3頭のワイド馬券を検討予定でおります。
中京メインのオープン尾張ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はシゲルスダチ1頭で、、複勝軸馬候補もシゲルスダチ1頭でしたので、私はシゲルスダチを中心に馬券検討予定でおります。
阪神メインのG1阪神ジュベナイルは2歳戦ですので、過去の成績データが少ない馬が多いので馬券購入は見送り予定ですが、Adinhunter5の調教師種牡馬適性の競馬場適性の種牡馬適性が高いプリンセスジャックに少々興味を持っております。

日曜日の芝ダ変更出走馬ですが、中山7Rのデイーエスタイド、中京2Rのヴァンガード、中京3Rのバイクスピークとワイズアンドクール、中京4Rのオメガファイター, 中京9Rのブロードピークとツインエンジェルスとユッカマウンテン、阪神1Rのワイカブに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 21:26TrackBack(0)

2012年12月01日

科学的競馬投資コメント20121202

ここ4週間ほど、私の今後のパソコンのあり方を考えてる為に、パソコン・スマートホン・タブレット等をリモート操作も考慮しながら各種見地から検討をしてきましたが、今後の当面のわたくしのパソコン・スマホ・タブレットに関する考え方が、私なりにほぼ姿をみせてきている感じです。
パソコンとタブレットに関してですが、私はどうしてもソフト開発をする必要があるので、WINDOWS8搭載のタブレットでソフト開発ができる物が条件ですので、家用に高性能パソコン(デスクトップでなくても最近の高性能ノートなら十分と思っております)で、家以外特に海外使用向けにCorei5クラスのWIN8搭載の1Kg以下のタブレット(キーボード脱着タイプ)の2台が必要という当面の間の判断になったというのが先週の私の判断でしたが、ソフト開発をしない場合に関しても参考までですが私の判断ができております。
ソフト開発をしない場合には、7インチと10インチのタブレットのどちらかを選択することになるのですが、キーボードとかマウスなしでも7インチタブレットでもほぼ問題なく読み書きができると思います。入力もほとんど間違いなく入力可能と思っています。
確かに10インチに比べると多少入力の不便さがあるのですが、重量面の10インチが600g位なのに比べて7インチが300gという点で携帯することを考えると7インチの方が私にとっては良いという判断になった次第です。

今週ですが、土曜日は芝ダ変更出走馬が活躍していまして、私も土曜日最初の中山1RでAdinhunter5の調教師種牡馬適性の種牡馬適性が非常に高かったグラスミッション(単勝オッズ:46.2倍)の単勝とワイド馬券を的中して幸先の良いスターを切れました。
最近の私の毎週の収支は、芝ダ変更出走馬の出走が多い未勝利戦が多い午前中のレースで収支が決まることが非常に多くなっており、芝ダ変更出走馬の的中・不的中が私の収支を決めることが多い感じです。
現在、芝ダ変更出走馬の注目馬を抽出する基準値を改良しており、出来るだけ芝ダ変更出走馬の取捨選択が注目マーク馬でし易くなるように、私の拙いノウハウをあらためて基準値に反映できるようにするつもりでおり、来月度の1月度基準値には反映する予定でおります。


さて今週の3競馬場のメインですが、
中山メインのオープンのターコイズステークスの「馬場脚質不利克服馬」の出走はアミカブルナンバーの1頭で、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては、休養明適性が調教師と種牡馬共に適性が高い馬がレデイアルバローザで、距離短縮の調教師と種牡馬適性が共に非常に高い馬がダイワズームでした。
ハンデ戦ですので私は上記3頭のボックスワイド馬券の購入を考えております。
中京メインの1600万条件の浜松ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はボストンエンペラーとダノンフェアリーの2頭が出走しており、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性で芝ダ変更出走の種牡馬適性が高い馬がアヤナルベスで、距離適性の調教師適性が非常に高い馬がリトルゲルダでした。
私は上記4頭を中心に馬券検討予定でおります。
阪神メインのG1JCダートには「馬場脚質不利克服馬」はエスポワールシチーとナムラタイタンとソリタリーキングの3頭が出走で、複勝軸馬候補はローマンレジェンドとニホンピロアワーズの2頭が出走していました。
ADINHUNTER5の調教師種牡馬適性での私の注目馬は2頭おりまして、芝ダ変更出走の調教師種牡馬適性が共に高い馬がツウザグローリーで、3歳若馬適性に加えて競馬場及び距離適性の調教師適性が非常に高い馬がイジゲンでした。
私は今年のJCダートは、ローマンレジェンドとニホンピロアワーズの複勝軸馬候補2頭と芝ダ変更出走馬のツウザグローリーとイジゲンの4頭を主にして上記馬の残った馬を相手馬にした馬券を検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬ですが、JCダートのツウザグローリー以外には、中山1Rのマグネイトとブラゾン、中山2Rのナルミチャン、中京5Rのストリボーグ、中京9Rのアサクサポイントに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 18:16TrackBack(0)