2013年04月27日

科学的競馬投資コメント20130428

私、WINDOWS8搭載のタブレット使用可能なパソコンとして、ACERのCOREI3のICONIAのW700に続いてCOREI7のLENOVOのYOGA13を購入しました。
W700のCOREI3とYOGA13のCOREI7での処理速度比較ですが、大体ですが処理時間は60%位の早い感じですが、Corei7でも定電圧タイプですので、通常版のCOREI7の私のデスクトップに比べるとやはり1.5倍位の処理時間がかかり感じです。
もう一台所有しているCORE5のノートパソコンは、COREI7のYOGA13TOCOREI3のW700の中間といった感じです。
そんな状況下ですので、やはりマインマシンはデスクトップを使用して外出時にはYOGA13を使用というのが私の基本パターンになってきております。
なんといってもデスクトップは画面の大きさも大きいのですが、やはり大きなキーボードが使いやすい感じです。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
福島11Rのオープン福島民友カップには「馬場脚質不利克服馬」はポアゾンブラックの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はフォーエバーマークとビウイッチアスの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はいませんでしたので、私は福島11Rは上記3頭を中心に馬券検討予定です。
日曜日の東京11Rのオープンスイートピーステークスは「最強馬場脚質不利克服馬」がフロアクラフトで「馬場脚質不利克服馬」はダイワストリームとデイープサウスとリラコサージュとビーナストリックの4頭でした。複勝軸馬候補は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬が3頭いまして、3歳成長馬の調教師適性と種牡馬適性が非常に高く東京競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がローズマンブリッジで東京競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がデイープサウで3歳成長馬の調教師適性と種牡馬適性が非常に高く馬がデイアデラマドレでして、候補馬が多いので私は東京11Rは馬券購入は見送り予定です。
京都11RのG1天皇賞には「最強馬場脚質不利克服馬」がアドマイヤラクテイで「馬場脚質不利克服馬」はデスペラードとユニバーサルバンクとムスカテールと10歳馬のトウカイトリックの4頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭いまして、距離延長の調教師と種牡馬適性が極めて高く京都競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がトーセンラーで距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がアドマイヤラクテイとカポーテイスターでした。そしてG1を4勝しているゴールドシップは当然馬券対象です。
私は京都11Rはアドマイヤラクテイとゴールドシップの2頭を軸に他の上記馬を相手馬とした馬券を検討予定でおります。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島1Rのダンツクレイン、福島5Rのデルマアズキアライ、福島6Rのホウショウマツエ、福島10Rのブルーパレット、東京3Rのピースワンツルー、東京8Rのレッドバージンとユッカマウンテン、京都1Rのランドマーキュリーとキンシジェネラル、京都2Rのカミングアップ、京都4Rのアドマイヤデイープ、京都9Rのオースミイージー、京都10Rのクロムレックに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 16:42TrackBack(0)

2013年04月20日

科学的競馬投資コメント20130421

マイクロソフトが小型タブレットを開発するとのニュースがありました。
今年1月〜3月の世界のパソコン出荷台数は前年比で13.9%落ち込んでいるそうで、マイクロソフトとしては、新たなタブ レット端末を投入することで、世界的なパソコン需要の落ち込みを補うために成長が見込まれる小型タブレット端末の開発をするとのことです。
マイクロソフトは、現在10.6インチのサーフェスを販売していますが、小型の7インチクラスのタブレットの販売を年内にはスタートするといったニュースでした。
現在私は、11インチの重量950GのW700というWIN8タブレットと13インチのYOGA13という1.5kgのタブレットにもなる端末を保有していましが、タブレットとして手にもって使用するには重過ぎるのが実情です。
約350gほどのアンドロイドですが7インチのタブレットも保有していますが、如何せんWINDOWSが動作しないので競馬では全く使用していない状況です。
マイクロソフトが小型タブレットに私は興味を持っておりまして、OSがWINDOWS−RTかWONDOWS8のどちらになるか大変興味を持っています。
400G以下の重量でWINDOWS8の7インチタブレットが発売されることを期待している次第で、出来ればCPUはATOMではなくCOREI5位の能力があればいいと思っている次第です。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、
福島11Rの1000万円条件福島中央TV杯には「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走していませんでしたが、「複勝軸馬候補」はアポロフィオリーナ1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬としては、長期休養明けの種牡馬適性が高い馬がアポロフィオリーナでしたので、私は福島11Rはアポロフィオリーナを中心に馬券を検討予定です。
日曜日の東京11RのG2フローラステークスは「最強馬場脚質不利克服馬」がナンヨーユナで「馬場脚質不利克服馬」はデニムアンドルビーとグッドレインボーとイリミュナンスの3頭でした。複勝軸馬候補は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬が4頭いまして、3歳成長馬の調教師適性と種牡馬適性が非常に高く東京競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がデニムアンドルビーとエバーブロッサムとラキシスでして距離延長の種牡馬適性が高い馬がタガノミューチャンでした。
私は東京11Rは上記6頭を中心に馬券検討予定です。
京都11RのG2読売マイラーズカップには「馬場脚質不利克服馬」はマジンプロスパー1頭が出走しており、複勝軸馬候補はダノンシャークの1頭でした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭いまして、芝ダ変更出走の調教師と種牡馬適性が高く4歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高い馬がカレンブラックヒルで、4歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高く京都競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がファイナルフォームで、京都競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がダノンシャークでした。
私は京都11Rは上記4頭にマイル戦のG1を2勝して2着1回のグランプリボスを加えた5頭を中心に馬券検討予定でおります。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島3Rのナンダデヴィ、福島4Rのビコーピリラニ、福島5Rのデルマアズキアライ、福島9Rのフラゴリーネ、福島12Rのロットネストとレッドコースト、東京1Rのドラゴンマッチョ、東京3Rのアンナチュラルとリリコレツチェーロ、東京5Rのアイデイドウイット、東京12Rのアンアヴェンジド、京都3Rのサンライズウオー、京都5Rのラグニーバニアン、京都6Rのクレスコモアーに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:40TrackBack(0)

2013年04月13日

科学的競馬投資コメント20130414

私、WINDOWS8搭載のタブレット使用可能なパソコンとして、ACERのICONIAのW700に続いてLENOVOのYOGA13を購入しました。
W700は重量はタブレットとしては950gですがCPUがCOREI3ということでしてCPUパワー不足でした。YOGA13はCPUはCOREI7でCPUパワーは十分なのですが重量は1.5Kあります。
W700は1月ほど前に標準の64GのSSDを256Gの交換したばかりなのですが、如何せんCPUパワー不足でしたので、YOGA13を新規購入したのですが、実はYOGA13もSSDは128GでしたのでSSDの容量アップを考えたのですが、YOGA13にはSDカードスロットがありましたので、64GのSDXCカードを挿入して頻繁に使用しないデータ等をSDXCカードに保存して使用しており、SSDの方は128Gのうち30Gほど空き領域を確保して使用して次第です。
CPUの差は大きくCOREI3に比べてCOREI7での処理時間は半分位になりました。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
福島11Rの1000万円条件奥の細道特別には「馬場脚質不利克服馬」はロジダンス1頭が出走していました、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離適性の調教師適性と種牡馬適性が高い馬がカンタベリーナイトで、距離適性の種牡馬適性が高い馬がソールデイスタンでした。
私は中京11Rは長距離2600M戦でもあり距離適性の高いカンタベリーナイトとソールデイスタンに加えてロジダンスとの3頭を中心に馬券を検討予定です。
日曜日の中山11RのG1皐月賞は「馬場脚質不利克服馬」はタマモベストプレイとコパノリチャードの2頭で、複勝軸馬候補はコデイーノ1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬が5頭いまして、3歳成長馬の調教師適性と種牡馬適性が非常に高い馬がコデイーノとレードルーラーとカミノタサハラとインパラトールとラブリーデイでした。
私は中山11RのG1皐月賞はコデイーノを中心に上記馬達とG1馬のロゴタイプを加えた馬達を絡めた馬券を検討予定です。
阪神11Rの1600万円条件淀屋橋ステークスには「馬場脚質不利克服馬」はダノンフェアリー1頭が出走しており、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては特に注目すべき馬はいませんでしたので、私は阪神11Rはハンデ戦でもあり馬券見送りの予定でおります。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島1Rのステラインベレッタ、福島4Rのアヴェンタロールとリクスエンブレム、福島6Rのポピュラーストック、福島8Rのテンベル、中山1Rのオスカルアンドラス、中山12Rのアンチュラス、阪神1Rのフロントタック、阪神3Rのバジンガ、阪神5Rのルーベルノエル, 阪神9Rのサカジロオーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:23TrackBack(0)

2013年04月06日

科学的競馬投資コメント20130407

4月度基準値を公開させていただきました。
ここ2週間ほど、Adinhunter5の競馬予想アルゴリズムの大幅見直しを行っております。
1、タイム理論予想値
2、JRA−VANのマイニング予想データ
3、過去10走の成績をベースにした予想値
4、3位以内入着の可能性の複勝軸馬候補値と芝ダ変更出走馬の活躍度合
5、調教師種牡馬適性に基づく予想値と馬場状態に応じた脚質適性値
という大きく5つの予想値を重みづ付けして最終的な予想値を算定するというAdinhunter5の予想アルゴリズムを大幅に改良しており、それに伴いAdinhunter5の4月度基準値も大幅改定させて頂いております。
今後、半年位に渡ってAdinhunter5の予想アルゴリズムの改良を積み重ねる予定でおります。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
福島11Rのオープン福島民報杯には「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走していませんでしたが、「複勝軸馬候補」はミッキーパンプキン1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はいませんが、近親にG1馬がいて距離延長の種牡馬適性が高い馬がサトノタイガーでした。
私は中京11Rはミッキーパンプキンを中心にしてサトノタイガーも押さえた馬券を検討予定です。
馬場が不良馬場に悪化した場合はマックスドリームに要注意です。
日曜日の中山11Rのオープン春雷ステークスは「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走していませんでしたが、複勝軸馬候補はエーシンダックマンとオリービンとテイエムオオタカの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬が2頭いまして、9歳馬ですが中山競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がモルトグランデで4歳成長馬の調教師適性と種牡馬適性が非常に高い馬がオリービンでした。
私は中山11Rは上記4頭を中心に馬券検討予定です。
馬場が不良馬場に悪化した場合はアフォードとボストンエンペラーとエイシンダックマンとアースソニックに要注意です。
阪神11RのG1桜花賞には「最強馬場脚質不利克服馬」がナンシシャインで「馬場脚質不利克服馬」はクロフネサプライズとローブテイサージュとウインプリメーラとデイズトレメンダスとシープリーズライフとジーニマジックの6頭が出走しており、複勝軸馬候補はストークアンドレイの1頭でした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては特に注目すべき馬は1頭いまして、3歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高く阪神競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がサンプリエミューズで、近親にG1馬がいる馬はトーセンソレイユとレッドオーヴァルと今年の桜花賞はどの馬が来てもおかしくない状況です。
私は今年の桜花賞はストークアンドレイとクロフネサプライズとトーセンソレイユの3頭ボックスののワイド馬券を少々購入してTV観戦予定です。
馬場が不良馬場に悪化した場合はアユサンとレッドオーヴァルとメイショウマンボに要注意です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島4Rのキネオローズ、福島8Rのグランヴァンとテンエイエンドレス、福島10Rのスーパーボルト、中山9Rのラッキーマイラブ、阪神1Rのトーホウスマート、阪神4Rのスマートレイアーとオリエンタルリリー、阪神5Rのグレイトエンブレムに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:43TrackBack(0)