2013年05月25日

科学的競馬投資コメント20130526

私現在、海外滞在中ですが、ノートパソコンはCPUがCOREI7のLENOVOのYOGA13を持参しております。
海外滞在中でも、基準値改定の為のテスト算定は毎週行っておりますので、月曜日の成績データ取得後には、毎週の成績処理を済ませたあとで、最新の基本データに算定し直してから、基準値のテスト算定を毎週行って、テスト結果に基づき毎月1回の公開分の基準値を算定しております。
基本データの再構築と基準値のテスト算定の処理には膨大な処理が必要ですので、CPU能力が高いパソコンでないと1日以上の処理時間になっていますので、COREI7のYOGA13を持参してきております。

毎週のテスト基準値算定では、従来の基準値に加えて新しい基準値の算定を試みることがありますが、テスト結果が上場の結果になるような新しい基準値はなかなか見つからないのが実情です。
私は、毎週のレースが終了後に、Adinhunter5の成績入りの出馬表を眺めて、成績結果からどのような要因の馬が上位に来ているかを確認するようにしていますが、毎週毎週の結果を見ても上位に来た馬の要因は毎週違う感じで、なかなかこれはと思う要因を見つけるのも非常に難しく感じです。
同じ競馬場でも過去の成績が良い馬が勝つ場合もあれば上位に来ない場合もあるといった具合で、なかなか今週の勝利要因を特定するのは難しいのが実際です。



さて今週の日曜日の2競馬場のメインですが、今週はG1があります。
日曜日の東京10RのG1ダービーは「馬場脚質不利克服馬」はサムソンズプライドとペプチドアマゾンの2頭が出走しており、複勝軸馬候補はコデイーノとロゴタイプの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は7頭いまして、3歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高い馬がコデイーノとラブリーデイとヒラボクデイープとフラムドグロアールの4頭で、東京競馬場適性の種牡馬適性が極めて高く距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がアポロソニックで、東京競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がキズナで、距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がレッドレイブンでした。
私は東京ダービーはコデイーノとロゴタイプの2頭を軸に上記馬に加えてエピファネイアを相手馬として馬券を検討予定です。
東京12RのG2目黒記念は「最強馬場脚質不利克服馬」がアドマイヤラクテイとカフナの2頭で、「馬場脚質不利克服馬」はルルーシュとユニバーサルバンクとムスカテイールとノーステアの4頭が出走しており、複勝軸馬候補はアドマイヤラクテイ1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭いまして、距離短縮と距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がアドマイヤラクテイで、3歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高く距離短縮と距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がカポーテイスターでした。
私は目黒記念はアドマイヤラクテイを中心に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。
京都10Rのオープンのディープインパクトカップには「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補はカリバーン1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭いまして、休養明けの調教師適性と種牡馬適性が高い馬がカイシュウコロンボで、芝ダート変更出走の種牡馬適性が高い馬がタマモトッププレイで、京都競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がダノンプログラマーで、3歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高い馬がオリービンでした。
私は京都10Rは上記5頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのシュペトレーゼ、東京4Rのカカアデンカとアサクサゴールド、京都2Rのビューテイルック、京都6Rのユウセン、京都8Rのヒシアルコンとインステイト、京都9Rのペルシャザールに少々興味を持っております。
  

Posted by morishita1 at 17:06TrackBack(0)

2013年05月18日

科学的競馬投資コメント20130519

私現在、海外滞在中ですが、ノートパソコンはCPUがCOREI7のLENOVOのYOGA13を持参しております。
基準値算定の為の毎週の確認処理はかなりの処理時間がかかりますので、出来るだけ処理速度が高いCOREI7のYOGA13を持ってきております。
通常の毎週の成績処理や出馬表作成処理だけでしたらCOREI3のW700でも全く問題ないのですが、如何せん各種テストをする必要があるのでCPUがCOREI7の処理能力が高いYOGA13を持参している次第で、重さ1.5KGといっても私にはそれほど重いとは感じません。

先週のブログにも書きましたが、「皆が考えるような結果には競馬はならない」ということを念頭に私は馬券検討をしております。多くの競馬ファンは過去の成績をベースに予想される方が多いと思いますが、過去の成績通りに競走馬は走らないことが多いからです。
そういう観点で、私の場合ですが、Adinhunter5が算出した予想印を無視して調教師種牡馬適性が高い馬を馬券対象にすることが多くなっております。



さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
新潟11Rの1600万条件の駿風ステークスには「馬場脚質不利克服馬」がメイショウハガクレ1頭が出走していました、「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、新潟競馬場の種牡馬適性が極めて高い馬がアポロノカンザシでした。
私は新潟11Rはメイショウハガクレとアポロノカンザシの2頭を中心に馬券を検討予定です。
日曜日の東京11RのG1オークスは「最強馬場脚質不利克服馬」がリラコーサージュとフロアクラフトの2頭で「馬場脚質不利克服馬」はサクラプレジールとテイアーモとセレブリテイモデルとクロフネサプライズの4頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭いまして、3歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高く距離延長と東京競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がデニムアンドルビーとレッドオーヴァルとエバーブロッサムの3頭で、3歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高く距離延長の種牡馬適性が極めて高い馬がロープチサージュとで、3歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高い馬テイアーモで、距離延長と東京競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がアユサンでした。
私は東京NHKオークスは上記馬達の中から馬券対象馬を選ぶ予定です。
京都11Rの1600マン条件深草ステークスには「馬場脚質不利克服馬」はホクセツダンス1頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭いまして、京都競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がシゲルソウサイシでした。
私は京都11Rは上記2頭にケージーハヤテとノーザンリバーの2頭を加えて馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟4Rのデルマコナキジジ、東京3Rのダンシングボーン、東京4Rのドリームブレイズ、東京6Rのボブキャット、東京12Rのフライバイワイヤー、京都1Rのルミアージュとブライダルドレス、京都10Rのテイズトレメンダスとクリノヒマラヤオーの2頭に少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:54TrackBack(0)

2013年05月11日

科学的競馬投資コメント20130512

私の競馬開催時の使用パソコンですが、状況に応じて使用パソコンが変わります。
まずは自宅ですが、成績や出馬表作成処理はデスクトップのCorei7のパソコンで処理していますが、IPAT投票等競馬開催時は、デスクトップパソコンをTEAMVIEWERでリモートしながら小型端末をソファーで使用しています。
小型端末は約300Gの7インチタブレットか600Gの10インチのIPAD2のどちらかを使用するのですが、重量面では300Gの7インチタブレットが有利ですが、タッチ操作面ではカーソル移動が不要なIPAD2がタッチ操作は有利です。
外出時及び海外使用時は1.5KGのタブレットとしても使用できるYOGA13と7インチタブレットを使用していますが、殆どの場合はYOGA13を使用しています。

ところで、先週のWIN5は的中なしということでキャリーオーバーになったそうです。
私はWIN5は毎週購入していますが、先週は4点買いで最初のレースからはずれでした。
WIN5的中なしということで、やはり競馬の難しさを実感した先週でした。
G1のNHKマイルの3連単は百万馬券だったそうで、「皆が考えるような結果には競馬はならない」とNHKマイルの結果でした。
多くの競馬ファンは過去の成績をベースに予想される方が多いと思いますが、過去の成績通りに競走馬は走らないことが多いようです。
そういう観点から考えると、競馬環境変化対応ソフト:Adinhunter5は該当馬の過去の成績とはほとんど関係ない調教適性とか種牡馬適性も反映しておりますので、私の場合ですが、Adinhunter5が算出した予想印を無視して調教師種牡馬適性が高い馬を馬券対象にすることが多くなっております。



さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
新潟11RのG3新潟大賞典には「馬場脚質不利克服馬」はロックンロールとイクゼキュテブの2頭が出走していました。「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭いまして、4歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高く距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がシ
私は新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。
日曜日の東京11RのG1ヴィクトリアマイルは「最強馬場脚質不利克服馬」がヴィルシーナで「馬場脚質不利克服馬」はザッハトルテとメーデイアの2頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭いまして、4歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高く東京競馬場の種牡馬適性が高い馬がヴィルシーナとジョワイドヴィーブルで、東京競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がドナウブルーでした。
私はヴィクトリアマイルはヴィルシーナを中心に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。
京都11Rのオープン鞍馬ステークスには「馬場脚質不利克服馬」はマルカバッケンとアルゴリズムとスリーボストンの3頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はいませんでしたので、私は京都11Rは上記3頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟5Rのベルサルエーレ、新潟9Rのピースフルアース、新潟10Rのワンダフルビリーブ、東京2Rのマウントプリサイス、東京3Rのジョイフルチアス、東京9Rのツーオブアス、東京10Rのサトノジョリー、京都3Rのエンドレスエイトとデイープアリスに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:39TrackBack(0)

2013年05月04日

科学的競馬投資コメント20130505

私の競馬開催時に使用する端末が変わってきております。
競馬開催時はグリーンチャンネルでのTV観戦しながらソフアに寝そべってipat投票等をするのですが、デスクトップパソコンをTEAMVIEWERでリモートしながら小型端末をソファーで使用しています。
最近ですが、このソファーで使用するタブレットが私の連れ合い所有のアップルのIPAD2になています。
WINDOWS8のw700は900gで、7インチAndroidタブレットha300gで、IPAD2は600gですので、ソファーで寝そべって使用するには一番軽い300gの7インチAndroidタブレットがよいのですが、AndroidでのTEAMVIEWというリモートソフトの操作性が悪いので、IPAD2でTEAMVIEWERでリモート操作しております。
TeamviewerというリモートソフトはAndroidでもiOSでもどちらでも使用できますが、Android版はカーソルをタッチする場所に移動しないと指定場所のタッチができませんが、iOS版はカーソルに関係なく指定場所をタッチすることでタッチ操作ができますので、WINDOWS8と同様のタッチ操作ができます。
Android版はカーソル移動を先にしてカーソルの場所をタッチする必要がありので非常にタッチ操作が面倒です。




さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
新潟11RのG3新潟大賞典には「最強馬場脚質不利克服馬」がサトノアポロで「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走していませんでした、「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はいませんが、G2を2勝しているナカヤマナイトは当然馬券対象です。
私は新潟11Rはサトノアポロとナカヤマナイトの2頭を中心に馬券を検討予定です。
日曜日の東京11RのG1NHKマイルカップは「馬場脚質不利克服馬」はエイシントップ1頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭いまして、休養明けの調教師と種牡馬適性が高く3歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高い馬がフラムドグロアールで、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高い馬がガイヤースヴェルトで、3歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高く東京競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がエーシントップで、3歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高く距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がマイネルエテルネルでした。
私は東京NHKマイルカップはエイシントップを中心に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。
京都11Rのオープン鞍馬ステークスには「馬場脚質不利克服馬」はアースソニックとスギノエンデバーの2頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭いまして、芝ダート変更出走の調教師適性が高い馬がレオンビステイーで、京都競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がシュプリームギフトとバーバラでした。
私は京都11Rは上記5頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟3Rのカレングラスジョー、新潟5Rのフェートグランド、新潟9Rのロンギングツーユー、新潟12Rのメリーチャンとアイアムネフライト、東京1Rのビーフィットウオー、東京4Rのハーツオブテキサス、東京5Rのワッペンジュニア、京都3Rのクラシカルバリュー、京都8Rのイチゲキヒッサツ、京都10Rのヤマニンシャスールに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:38TrackBack(0)