2013年07月27日

科学的競馬投資コメント20130728

先週に続いてタブレットの話ですが、現在、AcerのICONIA W3-810というCPUがATOMの8インチのタブレットが5万円強の価格で売られていますが、CPUがATOMでもいいのですが7−8インチ位のWIN8の3万円以下の格安のタブレットが販売されたら私は購入する可能性が高いです。私の私的な感想ですが、やはりタブレットは重さが重要と私は思っており、400g以下の軽いタブレットが良いと思っています。AcerのICONIA W3-810というCPUがATOMの8インチのタブレットが500gですので、400gというのは実現可能な重さと思ったりしております。
絶好調が続いていたいたアップル社が最近は2期連続減収減益になっているそうですが、やはりアップル製品使い勝手がかなり閉鎖的ということが背景にあるように感じています。
パソコンの重要度慣れた人は自由度の高いAndroidを好むと思ったりしていますが、パソコンを知らない世代はアップルの閉鎖性を問題とはしないとは思いますが、一度Androidの高い自由度を知るとアップル製品から離れています可能性があると思います。




さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11RのG3クイーンステークスには「馬場脚質不利克服馬」がキャトルフィーユとセレブリテイモデルの2頭で、「複勝軸馬候補」はマルセリーナとアイムユアーズの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長適性の調教師と種牡馬適性が極めて高い馬がキャトルフィーユでした。
私は函館11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の新潟11RのG3アイビスサマーダッシュは「場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭いまして、新潟競馬場の種牡馬適性が極めて高く距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がリトルゲルダでした。
私は新潟11Rは上記1頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11Rのオープンの1600万の佐世保ステークスには「馬場脚質不利克服馬」は出走しておらず、複勝軸馬候補はバーバラ1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はいませんでした。
私は小倉11Rは上記1頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館4Rのメイショウバッカス、新潟1Rのサノイチとダイチツルースとアポロデライト、新潟4Rのレッドベルフィーユ、新潟12Rのダーズンローズ、小倉2Rのランギロア、小倉3Rのクライナーハルツ、小倉6Rのバジンガとクーファチック、小倉10Rのバンブーリバプール、小倉12Rのエイシンテキサスに少々興味を持っております。
  

Posted by morishita1 at 16:52TrackBack(0)

2013年07月20日

科学的競馬投資コメント20130721

タブレットですが、AndroidタブレットとWIN8タブレットの価格差が少しづつですが差が少なくなってきております。
7インチのAndroidタブレットが2万円前後で、10インチのWIN8タブレットがCPUがATOMで4万円前後でCPUがCOREI3クラスで7万円前後になってきております。10インチのIPADが5万円前後ですので、10インチのCPUがATOMでしたらWIN8タブレットの方がIPADより安くなっているようです。
私は、7インチのAndroidタブレットと10インチIPADとCorei3の10インチのWIN8タブレットとCorei7のタブレットにもなるWIN8パソコンを保有しておりますが、IPADは全く使わず、メールチェックと最新ニュースの閲覧は7インチAndroidタブレットを使用しますが、基本的にはwin8パソコンを使用しています。
競馬はWIN8パソコンでないとソフトが動きませんので当然パソコンですが、メールチェック等は実はAndroidのXPERIA−rayという3.4インチのスマホを使用することが多くなっています。
最近のスマホは4.3インチ以上のかなり大きめのスマホが殆どですが、メールやニュース等の閲覧は小さな3.4インチ位のスマホで十分です。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11RのG3函館2歳ステークスには「馬場脚質不利克服馬」がヴァイサーリッターで、「複勝軸馬候補」は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がマイネルデイアベルでした。
私は函館11Rは競走戦歴が少ない2歳せんですので馬券購入は断念です。

日曜日の福島11Rのオープンの福島テレビオープンは「場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭いまして、休養明けの牡馬適性が高い馬がゲシュタルトで、この馬はダービー4着馬ですので、私は福島11Rはゲシュタルトを中心に馬券を検討予定です。

中京11RのG3中京記念には「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補はドナウブルー1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭いまして、芝ダ変更出走の調教師適性と種牡馬適性が高く且つ高齢馬の調教師・種牡馬適性も高い馬が8歳馬のファリダットで,中京競馬場の種牡馬適性が極めて高い馬がランリョウオーでした。
私は中京11Rは上記3頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館3Rのメイショウバッカス、函館6Rのクレバーデステニー、函館8Rのオオミカミ、函館9Rのアメリカンドリーム、福島3Rのピースロードとナムラショウリ、福島8Rのスプリングバイオ、中京1Rのルイカズマとシゲルオワリとミヤジカールソン、中京7Rのロゼッタストーンとシューサクオー、中京12Rのスズカカイゼルに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:48TrackBack(0)

2013年07月13日

科学的競馬投資コメント20130714

11日間のアフリカケニアのサファリツアーから帰国して今週は日本での競馬を楽しんでおります。
ケニアといえば赤道直下ですので厳しい暑さと思われるかもしれませんが、日中でも30度位が最高で朝夕はかなり寒く、私の宿泊したマサイマラのホテルは毎晩ベッドに湯たんぽが入っていまして、朝の6時半のモーニングサファリの時はサファリドライバーは革ジャンを着ていて暑くなると半袖にしていました。
ケニアのサファリカーは殆どが日本車でランドクルーザーとハイエースの2ブランドで占められていました。
そしてサファリカーから動物たちをとるカメラもほとんどが日本製のキャノンかニコンの高級一眼レフで、ケニアでは日本製品が頑張っていましたが、オートバイは殆どが中国製で観光客も中国人が多くみられました。
パソコンの世界でもとうとう中国のLENOVOが出荷台数で一位になったそうです。
ただし、パソコン出荷台数は毎年2ケタのパーセンテージで減少し続けているそうで、パソコンからスマートホン・タブレットに大きく移行しているようです。

さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11RのG3函館記念には「馬場脚質不利克服馬」がトウケイヘイローで、「複勝軸馬候補」は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、函館競馬場適性の種牡馬適性が極めて高い馬がレインボーダリアとトウケイヘイローで距離短縮の種牡馬適性が高い馬がトウカイパラダイスでした。
私は函館11Rは上記3頭に皐月賞6着のサトノギャランを加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の福島11RのオープンのバーデンバーデンCは「場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補はツルマルレオンとエーシンハーバーの2頭でした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭いまして、芝ダ変更の調教師・種牡馬適性が高い馬がノーザンリバーで、距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がエイシンジェイワンでした。
私は福島11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rのオープンのジュライステークスには「馬場脚質不利克服馬」はヒラボクキング1頭が出走しており、複勝軸馬候補は出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭いまして、距離短縮の調教師適性と種牡馬適性が極めて高く且つ距離適性の種牡馬適性が極めて高く休養明けの調教師適性と種牡馬適性が高い馬がテイアモプリーモで距離延長種牡馬適性が高い馬がシセイオウジでした。
私は中京11Rは上記3頭にG1フェブラリーステークス6着のタガノロックオンを加えた4頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館3Rのプードルデコール、福島2Rのサクセスカーチスとエターナルヒーロー、福島3Rのドラゴンフロント、福島10Rのアポロノカンザシとアースゼウス、福島12Rのクロタカ、中京4Rのハイキートン、中京6Rのトーホウスマート、中京12Rのゴダールに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:51TrackBack(0)

2013年07月06日

科学的競馬投資コメント20130707

今、アフリカのケニアにライオンを見に来ています。
競馬関連の仕事の都合があり、通信事情の良いナイロビに金曜と土曜日は滞在するように現地のツアー会社に特別にスケジュールを依頼したサファリツアーを楽しんでいますが、ここケニアでも日本の競馬をインターネットで楽しんでおります。
ナイロビは南アフリカのヨハネスブルグに次いで世界で2番目に治安が悪いと言われている都市です。
私も色々な国に行きましたが、治安が悪いと言われる都市でも日本人は出歩かないのづすが欧米人は体格が大きいこともあり治安が悪いと言われ場所でも欧米人は歩いているのを私は見ているのですが、ケニアのナイロビは体格の良い欧米人もほとんど外出していない感じで、巷の噂とおりにナイロビは治安がかなり悪い感じです。
さすがの私もナイロビでは夜の外出を控えている次第です。
ホテルも警備が厳重で,私の宿題は中級ホテルですが入口は勿論各階にも警備員が常駐していました。
ホテルのインターネット環境はナイロビは各部屋からwifiが使用できますが、サファリツアーの宿泊先はロービーでのみのwifi使用で、どちらのホテルも速度は512kbbsクラスでした。
ただしインターネット環境は非常に悪く、JRA−VANの速報オッズ取り込み等でも途中で途切れることがかなり発生した感じです。メールの受信等はほとんど問題なかったのですが、速報オッズ取り込み等では途切れることが多くイライラした次第です。



さて、先週からローカルの夏競馬の時期になっております。
さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、
函館11Rのオープンマリーンステークズには「馬場脚質不利克服馬」はオーシャンフリート1頭が出走しておりしており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭いまして、函館競馬場の種牡馬適性が高い馬がメダリアビートでした。
私は函館11Rは上記2頭にG3勝のサイレントメロデイーを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。
日曜日の福島11RのG3七夕賞は「場脚質不利克服馬」はトレイルブレイザーとファルモルガーナの2頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭いまして、距離短縮の種牡馬適性が極めて高い馬がファルモルガーナでした。
私は福島11Rは上記2頭にG3勝ちあるいは上位入着経験のあるエクスペヂションとダコールを加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。
中京11RのG3のプロキシオンステークスには「馬場脚質不利克服馬」はダノンカモンとアドマイヤロイヤルとトシキャンデイの3頭が出走しており、複勝軸馬候補はダノンカモンとグロリアスノアの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭いまして、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高い馬がシルクフォーチュンで休養明け適性の調教師と種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がエーシンウエズンでした。
私は中京11Rは上記6頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館3Rのサプラタ、函館6Rのレードサーガとアルファメール、福島9Rのブルーメヂリアン、福島12Rのアルセーヌシチー、中京3Rのエルウエーアン、中京8Rのテーオーレイチェ、中京12Rのヨゾラニネガイオに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 13:15TrackBack(0)