2013年08月31日

科学的競馬投資コメント20130901

日本での個人向けのパソコンの出荷台数が大きく落ち込んできているそうです。
スマホやタブレットの販売台数は増加しており、パソコン使用からがスマホやタブレットを使用するように変わってきている感じです。
私もパソコン・スマホ・タブレットを使用していますが、今はパソコンの使用時間が多いのですが、メール等のチェックはほとんどスマホでしており、返事を書くときはパソコンを使用することが多くなっています。
以前にもブログに書きましたが、最低でもCOREI3くらいのWIN8の7−8インチ位の500g位の軽いタブレットが出れば間違いなく購入してかなりの処理をWIN8タブレットでするようになると思っています。
もちろん価格も重要で5万円以下の軽いWIN8のタブレットの販売を待っている次第です。



さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、
函館11Rのオープンの丹頂ステークスには「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はコスモロビン1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、函館競馬場適性の種牡馬適性が非常に高い馬がセイカブレストデで高齢馬適性の種牡馬適性も高い馬でした。
私は函館11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の新潟11RのG3の新潟記念には「馬場脚質不利克服馬」はファタモルガーナの1頭が出走しており、複勝軸馬候補はダコールの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭いまして、3歳成長馬の種牡馬適性が抜けて高い馬がニューダイナステイとサンシャインでした。
私は新潟11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11RのG3の小倉2歳ステークスには「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、小倉競馬場適性の種牡馬適性と距離適性の種牡馬適性が非常に高い馬がエイシンキサナヅウで、小倉競馬場適性の種牡馬適性が非常に高い馬がハッシュとシゲルカガとマイネヴァリエンテでした。
私は小倉11Rは上記4頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館7Rのブラインドサイド、新潟6Rのダイナドラゴン、新潟7Rのラクリモーサ、小倉1Rのエンドレスシャインとカシノクローネに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 16:51TrackBack(0)

2013年08月24日

科学的競馬投資コメント20130825

日本メーカーのスマホ撤退が段々度加速してきていますが、スマホに使われている部品は、いまだに半分位は日本メーカーの供給部品だそうで、日本の部品メーカーは好調だそうです。
アナログ機器からデジタル機器への変化に伴い、基本的にアッセンブリ(組立)では同じ部品を使用すれば同じ性能が発揮できる時代になって、日本製品の優位性がなくなり、価格の安い韓国・台湾・中国のメーカーのデジタル機器が世界を席巻してきていますが、使用される部品では未だ日本部品は優位を維持している感じです。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、
函館11RのG3のキーンランドカップには「馬場脚質不利克服馬」はストレイトガール1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はおりませんでした。
私は函館11Rはストレイトガールを中心に馬券を検討予定です。

日曜日の新潟11RのG3の新潟2歳ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はビークトラムとアラマサクロフネとイスラバニータの3頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭いまして、2歳成長馬の調教師・種牡馬適性が抜けて高い馬がハーブスターで新潟競馬場適性の種牡馬適性が非常に高い馬がウインフェニックスとセトアローでした。
私は新潟11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11Rのオープンの小倉日経オープンには「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補はサワノパンサーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走しておらず、私は小倉11Rはサワノパンサーを中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館1Rのクリノエビスジン、函館4Rのウエスタンオウジ、函館7Rのキングジュエザー、新潟3Rのシンクロニシテイ、新潟12Rのショウナンハヤブサ、小倉3Rのフギン、小倉6Rのゴーナインテイーン、小倉8Rのアグンとクルージンミジーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:53TrackBack(0)

2013年08月17日

科学的競馬投資コメント20130818

3日ほど前ですが、書店を歩いていて「騎手の一分(競馬界の真実)」(著:藤田伸二)という書籍が目に留まり購入しました。
現役の藤田騎手が書いているのですが、読んでみて、騎手を辞める覚悟で本を書いているなと感じました。
私自身も50歳の時に長年勤めた会社を辞めたのですが、人間長く働いた場所を去る時の覚悟はできていましたので、藤田騎手の覚悟が何となく理解できたと思います。
この本で、競馬界に2006年からエージェント制度ができたことをはじめて知り、日本競馬が面白くなくなったきた原因が何となくわかった次第です。
競馬に魅力が無くなったことは、アンカツ(安藤騎手)等辞める騎手が増えていることはもちろん、騎手養成学校への志願者が全盛期の6分の1に減っていることからもわかりますし、競馬の売り上げが毎年減り続けていることからも明らかなのですが、「騎手の一分(競馬界の真実)」という本を読んでなんとなく納得した次第です。



さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11RのG2の札幌記念には「馬場脚質不利克服馬」はトウケイヘイロー1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はトウケイヘイローとトーセンジョーダンとタッチミーノットとルルーシュとホエールキャピチャーとマルセリーナとロゴタイプの7頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭出走しており、函館競馬場の調教師・種牡馬適性が抜けて高い馬がレインボーダリアで函館競馬場の種牡馬適性が抜けて高い馬がトウケイヘイローでした。
私は函館11Rはトウケイヘイローを軸馬に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の新潟11RのオープンのNST賞は「馬場脚質不利克服馬」はデユアルスオード1頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭いまして、芝ダ変更出走の種牡馬適性が抜けて高い馬く新潟競馬場の種牡馬適性と距離適性の種牡馬適性が抜けて高い馬がエーシンジェアイワンでした。
私は新潟11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11RのG3の北九州記念には「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、小倉競馬場の種牡馬・騎手適性が抜けて高い馬がマイネルエテルネルでした。
私は小倉11Rはマイネルエテルネルと夏に強い牝馬のバーバラの2頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館3Rのサプラタ、新潟2Rのノエルキャロル、小倉3Rのニシノワン、小倉4Rのシンハデイーバ、小倉7Rのラグリーバニアン、小倉12Rのサクセスフェイトに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:48TrackBack(0)

2013年08月10日

科学的競馬投資コメント20130811

最近、スマホから日本メーカーが撤退の記事が目につきます。
私海外によく行きますが、スマホではソニー(ソニーエリクソン)以外の日本メーカーのスマホはほとんど使っている人を見ることはほとんどありませんでした。
また、日本メーカーのパソコンたタブレットも海外の販売店舗で見ることも非常に少ない感じで、いずれはタブレットやパソコンも日本メーカーは撤退するのではと勝手に思ったりしております。
私自身も、スマホはソニーエリクソンを使用していますが、パソコンとタブレットは中国・台湾メーカ製で、日本メーカーのパソコンやタブレットには価格面と機能面で最近では全く興味を持てない状況です。
世界的には、スマホは韓国のサムソンがダントツで、パソコンも中国のLENOVOが頑張っており、タブレットは台湾メーカーが頑張っており、日本メーカー製品は日本人以外はほとんど使用されなくなってきている感じです。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11RのオープンのUHB賞には「馬場脚質不利克服馬」は出走しておらず、「複勝軸馬候補」はシュプリームギフト1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はおりませんでした。
私は函館11Rはシュプリームギフトを中心に馬券を検討予定です。

日曜日の新潟11RのG3関屋記念は「馬場脚質不利克服馬」はナンシーシャイン1頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭いまして、4歳成長馬の調教師・種牡馬適性が抜けて高い馬がジャアスタウエイでした。
私は新潟11Rは上記2頭に近親にG1馬がいるドナウブルーを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11Rのオープンの阿蘇ステークスには「馬場脚質不利克服馬」はメテオロロジスト1頭が出走しており、複勝軸馬候補はフサイチセブンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は5頭で、小倉競馬場の調教師・種牡馬適性が抜けて高い馬がフサイチセブンとインパルコとテイアモプリーモとアイファーソングで距離適性の調教師・種牡馬適性が極めて高い馬がメテオロロジストとテイアモプリーモでした。
私は小倉11Rは上記5頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館1Rのクリノエビスジンとイタリアンフェッテとミュゼキングダム、函館7Rのフィールドメジャー、新潟2Rのロングシャドー、新潟8Rのサトノレオパード、新潟9Rのショウナンハヤブサ、小倉3Rのプリンセスムーンとトロワフィーユ、小倉7Rのネオリアライズに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:51TrackBack(0)

2013年08月03日

科学的競馬投資コメント20130804

8月度基準値を公開させて頂きました。
今月はAdinhunter5向け基準値の複勝軸馬基準を改良させていただきました。
最近の私は主にAdinhunter5を使用しており、Adinhunter2の予想印は2頭軸3連複の相手馬候補を選択時にAdinhunter5の予想印が無印でもAdinhunter2の予想印がある場合は、その馬を2頭軸3連複の相手馬候補にすることにしており、好成績に繋がっている感じです。
私の場合は、ワイド馬券と3連複馬券が主馬券ですが、3連複馬券は2頭軸が殆どで、軸馬には主に複勝軸馬候補を選択してしておりますので、複勝軸馬候補が収支を左右しておりますので、特に複勝軸馬候補は重要視しております。



さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11Rのオープンの札幌日経オープンには「馬場脚質不利克服馬」は出走しておらず、「複勝軸馬候補」はスマートロビン1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離適性の種牡馬適性が極めて高い馬がカレンミロテックでした。
私は函館11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の新潟11RのG3レパードステークスは「最強場脚質不利克服馬」がリキサンステルスで「馬場脚質不利克服馬」はインカンテーションとジェベルムーサとハイパーチャージの3頭が出走しており、複勝軸馬候補も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭いまして、芝ダ変更出走の調教師・種牡馬適性が高い馬がドコフクカゼでした。
私は新潟11Rは上記4頭に過去にダートで高い能力で走っているサトノプリンシパルを加えた5頭を中心に馬券を検討予定です。

小倉11RのG3の小倉記念には「馬場脚質不利克服馬」は出走しておらず、複勝軸馬候補はダコールの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、3歳成長間の調教師・種牡馬適性が極めて高い馬がラブリーデイでした。
私は小倉11Rは上記2頭を中心に馬券検討予定でおります。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館2Rのメイショウサンカン、函館3Rのジュールドトネール、函館7Rのサウスビクトル、函館8Rのライスアゲイン、函館10Rのオールウエイズラブ、新潟3Rのナムラショウリ、新潟6Rのオスカルアンドラスとベヴェークトトム、新潟8Rのプリスコベイ、新潟10Rのアポロノカンザシとニシノマナザシ、小倉2Rのベガサスムーン、小倉3Rのナナリーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:51TrackBack(0)