2013年10月26日

科学的競馬投資コメント20131027

WIN8.1搭載の8インチタブレットが4機種発売(予定)ですが、機種によっては日本での発売は未定の感じです。
1,ACERのICONIAのW4−820
2、LENOVOのMIIX2
3、DELLのVENNUE 8PRO
4、TOSHIBAのENCORE
で、特にLENOVOのMiix2は、重量350gで価格は299ドルからとういうので、私はLENOVOのMiix2が日本で早い時期に発売されることを期待している次第です。ストレージが32/64/128Gバイトということで、上記4機種ではLENOVOのMiix2のみが128G搭載です。
私は現在LENOVOのYOGA13という13インチのタブレットにもなるパソコンを使用しておりますが、SSDの容量は128Gで別途64GのSDカードを保存用に使用しています。重量は1.5KGですのでタブレットで使用することはほとんどなく、もう1台保有の11.3インチタブレットのICONIAのW700はもともと64GのSSDを256Gに交換して使用していますがW700でも重量950gですので、タブレットとして使用するには重い感じです。
350gのLENOVOのMiix2はCPUがATOM(W700はCOREI3)ですが、何とか競馬でも使用可能と考えております。

さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
新潟11Rの1600万条件の轟ステークスには「馬場脚質不利克服馬」も複勝軸馬候補は1頭も出走しておりませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、新潟競馬場の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がエイシンラトウナで、新潟競馬場の種牡馬適性が高い馬がアポロノカンザシで、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高い馬がトーセントレジャーでした。
私は新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

東京11RのG1の天皇賞には「馬場脚質不利克服馬」はダノンバラードとトウケイヘイローとレインステイックとレッドスパーダの4頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、東京競馬場の種牡馬適性が高い馬がエイシンフラッシュで4歳成長馬の種牡馬適性が高い馬がジェンテイルマドンナの2頭でした。
私は東京11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の京都11Rのオープンのカシオペアステークスは「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も1頭が出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関して注目すべき馬もおらず、私は京都11Rは馬券購入を見送りの予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟5Rのサンキストロード、新潟9Rのダイコウキ、新潟12Rのシルクキングリーに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 16:42TrackBack(0)

2013年10月19日

科学的競馬投資コメント20131020

無事タイから帰国致しました。
約1ケ月の滞在でしたが、雨季の時期でしたので晴の日が半分くらいで4分の1は晴曇りで残り4分の1が曇り雨といった感じでした。
相変わらずタイではタイ中部を中心に洪水の水が引かないようで、水が引けるのには2−3ケ月が必要とのことでした。20年前から現在に至るまでほとんど洪水対策は改善されていないようでした。
又、20年前はタイのバンコクの交通状態は世界一といわれていて、100メートル動くのに1時間ということもあったのですが、その後スカイトレインやMRTといった地下鉄等がかなり整備されたいったんはバンコクの交通状態はだいぶ良くなってきていたのですが、最近は段々と20年前の悪い状態に戻りつつある感じでした。



さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
新潟11Rの1000万条件の驀進特別には「馬場脚質不利克服馬」はエンプレスラブの1頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走しておりませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、新潟競馬場の種牡馬適性が高い馬がアポロノカンザシでした。
私は新潟11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのブラジルカップには「最強馬場脚質不利克服馬」がペルシャザールで「馬場脚質不利克服馬」はツクバコガネオーとダノンゴールドの2頭が出走しており、複勝軸馬候補はマルカプレジオの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、東京競馬場の種牡馬適性が高い馬がメテオロロジストとサトノプリンシパルの2頭でした。
私は東京11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の京都11RのG1菊花賞には「馬場脚質不利克服馬」はサバンデの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はラストインパクトとエピファネイアとタマモベストプレイの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては特に長距離の3000メートルということd距離延長の適性焦点を当てると注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く距離延長の調教師種牡馬適性が高く京都競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がラストインパクトとサトノニオブレスとヒラボクデイープの3頭でした。
私は京都11Rはラストインパクトとエピファネイアの2頭を中心に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟2Rのテムル、新潟6Rのロゼッタストーン、新潟9Rのイレプレイスブル、東京7Rのサトノプレシャス、東京8Rのアメリカンダイナー、京都2Rのマスクゾロとモネノカガヤキ, 京都8Rのエンドレスシャインに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:45TrackBack(0)

2013年10月12日

科学的競馬投資コメント20131013

昨年12月にアンドロイド搭載端末から撤退したDELLが再び同じブランドのVENUEブランドで、今度はアンドロイドとWindows8の両方のタブレットを発売するそうです。
Windows8.1搭載の8インチタブレットは重さ395gで最新のATOMのCPU搭載でなんと価格は299.9ドルからということです。
問題はデイスク容量で32Gと64Gですが、マイクロsdで最大64Gまで増設可能ですので最大で128Gを使用できるので、なんとか私の目的に対応できそうな感じです。
価格は恐らく64Gモデルでは4万円近くになるかも知れませんが、最新のAtom Z3740D(1.8GHz クアッドコア)を搭載していますので競馬にも使用できそうです。
アメリカでは10月中旬発売予定とのことですが、日本での発売が待たれます。

今週は2競馬場での3日間開催です。
さて今週の日曜日の2競馬場のメインですが、今週はG1があります。

東京11Rのオープンのアイルランドトロフィーには「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補はアスカクリチャンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、東京競馬場の種牡馬適性が高い馬がピュアフリーゼで、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高く4成長馬の種牡馬適性が高い馬がサトノギャラントでした。
私は東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の京都11RのG1秋華賞には「馬場脚質不利克服馬」はサクラプレジールとリサコラージュとテイアーモの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はウリウリとデニムアンドルビー-の2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く京都競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がウリウリとデニムアンドルビーとスマートレイアとエバーブロッサムの4頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がテイアーモとロープリサージュでした。
私は京都11Rはウリウリとデニムアンドルビーの2頭を中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのハタノエンジェル、東京12Rのテムジン、京都1Rのザマンダ, 京都2Rのタマモライト, 京都12Rのキングオブヘイロに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:53TrackBack(0)

2013年10月05日

科学的競馬投資コメント20131006

タイのサムイ島に滞在して2週間以上経過しました。
現在、タイは雨季ですが、3分2位は晴れた日です。
昔は雨季と乾季がはっきりとしていたのですが、最近は雨季と乾季の違いがなくなってきているようです。
但し、タイの大洪水は毎年繰り返されており、毎日TVでは水浸しの道路や田畑の映像が流れています。
昨年だったと思いますが、タイの日系企業が洪水で水浸しになったので日本のTVでもタイノ洪水が放映されたていたのですが、実はタイではほとんど毎年大洪水が続いています。
おそらく、タイの下水道や治水工事が遅れており、20年前も今もタイでは毎年洪水が繰り返されています。

最近2場開催が続いていたのですが今週からは3場開催です。
さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、
新潟11Rのオープンの信越ステークスには「馬場脚質不利克服馬」はゴットフリートの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はてイエムオオタカの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、新潟競馬場の種牡馬適性が高い馬がエイシンハーバーでした。
私は新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

東京11RのG2毎日王冠には「馬場脚質不利克服馬」はショウナンマイテイとレッドスパーダの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はエイシンフラッシュとショウナンマイテイとダークシャドウの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、東京競馬場の種牡馬適性が高い馬がエイシンフラッシュで、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高くで東京競馬場の種牡馬適性が高い馬がボアレスで、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高く4成長馬の種牡馬適性が高く東京競馬場の種牡馬適性が高い馬がエキストラエンドで、休養明け適性の調教師種牡馬適性が高く3成長馬の種牡馬適性が高い馬がコデイーノでした。
私は東京11Rは上記6エイシンフラッシュを中心に上記6頭を絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の京都11RのG2京都大賞典には「馬場脚質不利克服馬」はアドマイヤラクテイの1頭が出走しており、複勝軸馬候補はトーセンラーとアドマイヤラクテイとゴールドシップとエクスペデイションとアンコイルドの5頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、京都競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がトーセンラーで、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く距離延長の調教師種牡馬適正が高く京都競馬場適性の調教師種牡馬適性が高い馬がヴィルシーナとニューダイナステイでした。
私は京都11Rはトーセンラーとアドマイヤラクテイとゴールドシップの3頭を中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟8Rのシナジーウイスパー、東京1Rのテグニテイクローズとガラバゴス、京都2Rのタウトナ, 京都7Rのダブルイーグルに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:52TrackBack(0)