2013年11月30日

科学的競馬投資コメント20131201

windows8.1搭載タブレットの続きですが、LENOVOも「Miix2 8」を12月7日に発売するそうです。
LENOVOの「Miix 2 8」は世界最薄・最軽量で重さはなんと350gです。
機能的には他社とほとんど同じですが、HDMIの出力端子がないくらいです。
価格がダントツに高い日本の東芝の「dynabook Tab VT484」は例外とすると、ACERの「Iconia W4-820」とDELLの「Dell Venue 8 Pro」とほぼ同じような価格で、「Office Home and Business 2013」搭載で64Gのストレージモデルで、現時点での予約価格の最安値は42、380円だそうです。



さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
中山11Rのオープンターコイズステークスには「馬場脚質不利克服馬」は出走しておらず、複勝軸馬候補はレイカーラ1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬の調教師適性と牡馬適性が高い馬もレイカーラでした。
私は中山11Rはレイカーラを軸に馬券を検討予定です。

中京11Rの1000万条件鳥羽特別には「馬場脚質不利克服馬」は出走しておらず、複勝軸馬候補はヤマニンプチガトーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬の調教師適性と牡馬適性が高い馬はアンチュラスでした。
私は中京11Rは2頭を軸に馬券を検討予定です。

日曜日の阪神11RのG1のJCDは「馬場脚質不利克服馬」はホッコータルマエとエスポワールシチーとペルシャザールの3頭が出走しており、複勝軸馬候補はホッコータルマエとニホンピロアワーズの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、阪神競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がインカンテーションでした。
私は阪神11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山7Rのデイアゴッホ、中山8Rのハイエストクライムとタツショウワ、中京1Rのカシノグレイスとナガラフライト、中京2Rのジービークロス、中京4Rのモンスターバローズ、阪神9Rのエイシンキサナヅーとランウエイワルツに少々興味を持っております。
  

Posted by morishita1 at 16:39TrackBack(0)

2013年11月23日

科学的競馬投資コメント20131124

日本メーカの東芝もwindows8.1搭載タブレット「dynabook Tab VT484」シリーズを11月22日から発売するそうです。
先週のブログにACERとDELLが発売するwindows8.1搭載タブレットの仕様とほぼ同じですが、価格帯は断トツに高い価格設定です。
恐らく日本以外では全く買う人はいないと思います。もちろん私はwindows8.1搭載タブレットを購入予定ですが、高い東芝製は買いません。
ちなみに、東芝もwindows8.1搭載タブレット「dynabook Tab VT484」の価格ですが、メモリー2Gでストレージは64Gで重量は445gで、価格はOFFICE付きで6万円以上の価格だそうです。
ちなみに先週のブログで紹介したACERとDELLの価格は以下になっています。
ACERの「Iconia W4-820」が12月中旬発売で、メモリー2Gでストレージは64Gで重量は415gで、価格はOFFICE付きで43000円前後。
DELLの「Dell Venue 8 Pro」が12月30日発売で、メモリー2Gでストレージは64Gで重量は395gで、価格はOFFICEなしで39980円でOFFICE付きで41,980円。


さて今週の日曜日の2競馬場のメインですが、今週はG1があります。
東京11RのG1ジャパンカップには「馬場脚質不利克服馬」は出走しておらず、複勝軸馬候補はエイシンフラッシュとゴールドシップの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高く距離延長の種牡馬適性も高い馬がエイシンフラッシュで,距離適性の種牡馬適性が高い馬がアンコイルドで, く距離延長の種牡馬適性が高い馬がジェンチルマドンナでした。
私は東京11Rはエイシンフラッシュを中心に上記4頭を絡めた馬券を検討予定ですが、海外馬も出走しており、馬券購入するかどうかは微妙な感じです。

日曜日の京都11Rの1600万条件の醍醐ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はレデイオブオペラの1頭が出走しており、複勝軸馬候補は出走しておりませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はおりませんでした。
私は京都11Rは既にオープン2勝馬のマコトナワラタナと上記レデイオブオペラの2頭軸の3連複馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京2Rのスイートマルセル、東京9Rのドラゴンレジェンド、京都1Rのカメット、京都3Rのオールドバルデイに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:36TrackBack(0)

2013年11月16日

科学的競馬投資コメント20131117

2013年上半期(4月から9月)の個人向けパソコンの出荷台数が3割減だったそうで、個人のパソコン離れがどんどんと進んでいるそうです。
背景には、安いアンドロイドタブレットに客を奪われているそうです。
私も次は8インチのwindows8.1搭載タブレットを購入したいと思っております。
重量400g位のwindows8.1タブレットの国内発売もACERとDELLから2種類発表されておりますが、発売日は12月中旬から末だそうです。
ACERの「Iconia W4-820」が12月中旬発売で、メモリー2Gでストレージは64Gで重量は415gで、価格はOFFICE付きで43000円前後。
DELLの「Dell Venue 8 Pro」が12月30日発売で、メモリー2Gでストレージは64Gで重量は395gで、価格はOFFICEなしで39980円でOFFICE付きで41,980円。
ストレージが両製品ともに64GですがマイクロSDカードスロットがあるので、64Gのマイクロsdカードを使用すれば競馬用としても使用可能と私は思っている次第です。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
福島11RのG3の福島記念には「馬場脚質不利克服馬」はドリームヒーロの1頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走しておりせんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、高齢馬の調教師種牡馬適性が高い馬がトランスワープで、福島競馬場の種牡馬適性が高い馬がアップルジャックとシゲルササグリで、4歳成長馬の種牡馬適性が高い馬がデイサイファでした。
私は福島11Rは上記5頭を中心に馬券検討予定です。

東京11Rのオープンの霜月スレークスには「馬場脚質不利克服馬」はインペリアルマーチとコパノリッキーの2頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がテイアモプリーモで,距離適性の種牡馬適性が高い馬がチャーリブレイブで, 東京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がウオータールルドで、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高い馬がエイシントップでした。
私は東京11Rは上記6頭を中心にワイド馬券を検討予定です。

日曜日の京都11RのG1のマイルチャンピオンシップは「馬場脚質不利克服馬」はガルボの1頭が出走しており、複勝軸馬候補は出走しておりませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は5頭で、3歳成長馬の種牡馬適性が高く京都競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がレッドオーヴァルで、京都競馬場の種牡馬適性が高い馬がトーセンラーとリアルインパクトとドナウブルーとダノンシャークの4頭でした。
私は京都11Rは上記6頭に加えてG1で2勝2着1回のグランプリボスを加えた7頭を中心に馬券検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島4Rのマルターズアゲイン、福島7Rのロンギングツウユー、福島8Rのクラウドチェンバーとブライテストソード、福島12Rのハイフロンテイア、東京1Rのヤマタケデユック、京都1Rのエイシンソルテイ、京都3Rのデイープオセロとオウショウ、京都7Rのヴェントス、京都10Rのリトルダーリンに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:42TrackBack(0)

2013年11月09日

科学的競馬投資コメント20131110

先週の日曜日は毎年恒例のjra−vanのソフト開発者の懇親会参加で東京競馬場に行っていました。
ソフト開発者の懇親会の会場は来賓室ですので、ネクタイ及びジャケットの着用が必要で、最近の私がネクタイをするのは、この東京競馬場のソフト開発者の懇親会でのみ着用が殆どです。
JRA−VANの話では今年のJRAの売り上げは当日時点では前年比102%位だそうで、10数年にわたり落ち続けていたJRAの売り上げが増加になる予定とのことでした。
景気が良くなってきているのでしょうか?
jra−vanのソフト開発者の懇親会の当日の参加者は40名弱でして、当日は日曜日でしたのでWIN5の発売がありまして、配当金は1600万円位でしたが、なんと参加者の1人が的中していました。
WIN5的中の参加者は、WIN5馬券を見方を変えて数種類購入しているそうで、かなりの金額をWIN5馬券に投資している感じでしたが、あらためてデータ競馬の威力を認識した次第でした。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
福島11Rの1600万条件のみちのくステークスには「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補はセイコーライコウの1頭が出走しておりました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬はおらず、私は福島11Rはセイコーライコウを中心に馬券検討予定です。

東京11RのG3の武蔵野ステークスには「最強馬場脚質不利克服馬」はペルシャジャール1頭が出走しており「馬場脚質不利克服馬」はアドマイヤサガスとゴールスキーとアドマイヤロイヤルとツクバコガネオーとグラツイアとベストウオーリアの6頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬の種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がイジゲンで, 3歳成長馬の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストウオーリアで, 東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がカネトシイナーシャで、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高い馬がシルクフォーチュンでした。
私は東京11Rは上位入着の可能性が高い馬が多いので、ダートG1で2・3着の経験があるシルクフォーチュンと「最強馬場脚質不利克服馬」のペルシャザールの2頭を中心にワイド馬券を検討予定です。
日曜日の京都11RのG1のエリザベス女王杯は「馬場脚質不利克服馬」はアロマテイコの1頭が出走しており、複勝軸馬候補は出走しておりませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は5頭で、3歳成長馬の種牡馬適性が高く京都競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がデニムアンドルビーとラキシスの2頭で、3歳成長馬の種牡馬適性が高い馬がデイアデラマドラで、4歳成長馬の種牡馬適性が高く京都競馬場の種牡馬適性が高い馬がヴィルシーナで、距離延長の調教師種牡馬適性が高い馬がマルセリーナでした。
私は京都11Rは上位入着の可能性が高い馬が多いので、デニムアンドルビーを中心に上記馬達を絡めたワイド馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島9Rのミルクリッパー、東京12Rのガクニザントとノウレッジ、京都1Rのエイコーンウイルに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:40TrackBack(0)

2013年11月02日

科学的競馬投資コメント20131103

台湾メーカーのASUSTeKが、ノートパソコン、タブレット、デスクトップPCの3つのスタイルで使える「ASUS TransBook Trio(エイスース・トランスブック・トリオ) TX201LA」を11月2日より発売するとのことですが、「Windows 8」と「Android 4.2.2」の2つのOSをワンボタンで簡単に切り替えできる「ノートパソコンスタイル」、ディスプレイを取り外してAndroidタブレットに早変わり する「タブレットスタイル」、液晶ディスプレイやプロジェクター、大画面テレビに接続して「Windows 8」を使用できる「デスクトップPCスタイル」の3つのスタイルを1台に集約した3in1パソコンで、「PCステーション」(キーボード部)に Windows OSを、「タブレット」にAndroid OSを搭載したデュアルOSを採用しているそうです。
私もWINDOWS8パソコン・タブレットを持っていますが、当然ですがANDROIDのスマホも持っております。
スマホは小さくポケットにもはいるので、通常はEメールのチェック等はスマホで済ませております。
私の場合ですが、ANDROID搭載のパソコンは、非常にコンパクトなスマホの代わりにはなりませんので、今のとこと不要と感じております。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1はありません。
福島11Rの1000万条件のフルーツラインカップには「最強馬場脚質不利克服馬」はブルーモントレーとエリモフェザーの2頭が出走しており「馬場脚質不利克服馬」はホワイトポピーとルチャドリアスールとラファダリとデリケートアーチの4頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走しておりませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高く4歳成長馬の種牡馬適性が高い馬がラファダリで、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高い馬がセイウンチカラで,距離適性の種牡馬適性が高い馬がジャガーバローズとブリスコベイの2頭で、福島競馬場の種牡馬適性が高い馬がブルーモントレーでした。
私は福島11Rはラファダリとセイウンチカラの芝ダ変更出走馬を絡めたワイド馬券を検討予定です。

東京11RのG2のアルゼンチン共和国杯には「馬場脚質不利克服馬」は出走しておらず複勝軸馬候補はムスカテールとアドマイヤラクテイの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬の種牡馬適性が高い馬がエックスマークとニューダイナステイの2頭でした。
私は東京11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の京都11RのG3ミヤコステークスは「馬場脚質不利克服馬」はナイスミューチューとインカンテーションの2頭が出走しており、複勝軸馬候補はグレープブランデとローマンレジェンドとグランオシチーの3頭が出走しておりまでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高い馬がサトノパンサーで、4歳成長馬の種牡馬適性が高い馬がオーブルチェフで、福島競馬場の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がヴァンヌーヴォーでした。
私は京都11Rはグレープブランデとローマンレジェンドの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島3Rのベニノラブリー、福島6Rのオーファメイ、福島12Rのオレハメジャー、京都6Rのエンドレスシャインに少々興味を持っております。



  
Posted by morishita1 at 16:39TrackBack(0)