2013年12月21日

科学的競馬投資コメント20131222

8インチサイズのwindows8.1搭載の軽量タブレットの話の続きになりますが、LENOVOの「Miix2 8」もACERの「Iconia W4-820」も共に在庫なし状況が続いて感じで、入手自体が難しい状況だそうです。
12月13日発売と同時にインターネットサイトで私はACERの「Iconia W4-820」を注文して翌日の14日には商品が配達され、各種ソフトのインスツール等を済ませて、快調に動いております。
CPUがATOMですので、主マシンとして使用はできませんが、サブマシンとして競馬等で使用していますが、JRAVANデータのセットアップは時間がかかり済みますので、他のパソコンからデータ移行して、毎週の処理だけで使用しており、出馬表の作成からIPAT投票まで「Iconia W4-820」で動かしております。
画面解像度が1280×800ドットですが、画面操作は何とか指のタッチで可能で、マウス等は使用しないでもAdinhunter5も問題なく使用できています。
ただし、指が大きい人は8インチで1280×800ドットではかなり厳しいと思いますが、8インチの軽量を生かしてマウスやキーボードを使わずに私は指タッチだけで使用しております。
搭載容量の64Gに加えて64Gのマイクロsdを使用して、合計128Gで使用しておりますが、残り容量は本体で約5GとマイクロSDが約15Gほどで残りは約20Gしか残っておりませんが、サブマシンとしての実用性は十分な感じです。


さて今週が今年最後の開催競馬ですが、日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
中山10RのG1の有馬記念には「馬場脚質不利克服馬」はデスペラードの1頭が出走しており、複勝軸馬候補はオルフェーブルとゴールドシップとウインバリアシオンの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がラブリーデイで、距離延長の種牡馬適性が高い馬がダノンバラードでした。
私は中山10Rは複勝軸馬候補3頭を軸に他の上記3頭を絡ませた馬券を検討予定です。


日曜日の阪神11Rの1600万条件のサンタクロースステークスは「馬場脚質不利克服馬」も複勝軸馬候補も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬も出走しておりませんでした。
そんなことで、私は阪神11Rは馬券購入を断念予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのアイヅラブリーとラインハーデイ、中山5Rのプリンセスカママル、中山6Rのアポロノカンザシ、中山7Rのトーセンセラビイ、阪神2Rのウルパラキア、阪神8Rのデイズトレメンダスに少々興味を持っております。
  

Posted by morishita1 at 16:39TrackBack(0)

2013年12月14日

科学的競馬投資コメント20131215

8インチサイズのwindows8.1搭載の軽量タブレットの話の続きになりますが、価格COMという情報サイトでは、タブレットの売れ筋順位では、androidタブレットやappleのIPADを抜いて、発売後間もないwindowsタブレットのLENOVOの「Miix2 8」が売れ筋の1位になっています。
現時点では、価格が抜けて高い東芝の「dynabook Tab VT484」は論外ですので、12月13日に発売されたACERの「Iconia W4-820」が来週位には売れ筋上位になると私は思っており、12月末発売のDELLの「Dell Venue 8 Pro」も発売される来年1月には、タブレットの売れ筋上位はこれら機種で占められるのではないかと思ったりしている次第です。
現在店頭では、LENOVOの「Miix2 8」はほとんどの店で売り切れだそうで、ACERの「Iconia W4-820」も既に売り切れ状態の感じですので、販売価格は当面下がる可能性は少ない感じです。
私も、ACERの「Iconia W4-820」の価格に注目しておりまして、「Iconia W4-820」の64GのOffice Personal 2013搭載モデルの予約販売価格の最安値がamazonn等で38,520円でしたので様子見の状態でしたが、出来るだけ早くほしいという気持ちになりIconia W4-820の発売日の12月13日(金)に在庫が若干残っていたntt−x storeという通販サイトで既に注文してしまった次第です。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
中山11RのG1の朝日杯フューチュリテイには「馬場脚質不利克服馬」はアポロスターズの1頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、2歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がアトムでした。
私は中山11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rの1000万条件の名古屋日刊スポーツ杯には「馬場脚質不利克服馬」はマイネルストラーノとトーセンハルカゼとトウシンヤマトの3頭が出走しており、複勝軸馬候補はリトルゲルダの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、中京競馬場の牡牡馬適性が高い馬がエアポートメサでした。
私は中京11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の阪神11Rのオープンのペテルギウスステークスは「馬場脚質不利克服馬」はジョバンニとソロルの2頭が出走しており、複勝軸馬候補はジョバンニの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、阪神競馬場適性の種牡馬適性と距離適性の種牡馬適性が高い馬がヴァンヌーヴォーでした。
私は阪神11Rはジョバンニを軸に上記2頭を絡めた馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、中京6Rのゲットハッピー、中京7Rのクルージンミジー、阪神3Rのカメットとエイシンソルテイ、阪神5Rのハイベストバイオに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:51TrackBack(0)

2013年12月07日

科学的競馬投資コメント20131208

8インチサイズのwindows8.1搭載の軽量タブレットですが、
1、LENOVOの「Miix2 8」
2、東芝の「dynabook Tab VT484」
3、ACERの「Iconia W4-820」
4、DELLの「Dell Venue 8 Pro」
の4機種が出そろいましたが、発売時期がまちまちで、東芝の「dynabook Tab VT484」が既に発売済みで、LENOVOも「Miix2 8」が12月6日発売でした。
ACERの「Iconia W4-820」が12月20日で、DELLの「Dell Venue 8 Pro」が12月30日とのことですので、どの機種を購入するか私自身迷っている状態です。
最軽量350gのLENOVOの「Miix2 8」はHDMI出力がないのが難点で、ACERの「Iconia W4-820」は415gですがHDMI出力があり迷っていますが、私の購入予定第一候補は毅卸遑横案発売の台湾メーカーのACERの「Iconia W4-820」にいまのところなっております。
現時点で「Iconia W4-820」の64GのOffice Personal 2013搭載モデルの予約販売価格の最安値がamazonn等で38,520円ですので、しばらく待てば3万5000円位になろうかと思っています。
来年1月末からまた海外に1ケ月ほど行きますので、1月中頃にどの位の価格になっているか楽しみで、1月中頃で万5000円位になっていれば購入する予定です。


さて今週の日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
中山11RのG3のカペラステークスには「馬場脚質不利克服馬」はノーザンリバーとセイクリムズンとケビンヅウの3頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬の調教師適性と牡馬適性が高い馬がスイートジュエリーでした。
私は中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rのオープンの尾張ステークスには「馬場脚質不利克服馬」は出走しておらず、複勝軸馬候補はリトルゲルダの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、中京競馬場の牡牡馬適性が高く距離適性の牡牡馬適性が高い馬もリトルゲルダでした。
私は中京11Rはリトルゲルダ軸に馬券を検討予定です。

日曜日の阪神11RのG1の阪神ジュベナイルは「馬場脚質不利克服馬」はレッドリベールとフォーエバーモアとトーセンジェットとマーベルカテドラルとクリスマスの5頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、2歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がハープスターでした。
私は阪神11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。



日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのカフェテキーラ、中山8Rのツウールモンド、中京9Rのサクセスカーチス、阪神1Rのアクアマリンプレス、阪神2Rのコパノハリー、阪神7Rのグッバイタキオンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:43TrackBack(0)