2014年05月31日

科学的競馬投資コメント20140601

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、今週は10RがメインでG1のダービーがあります。

東京10RのG1のダービーは「最強馬場脚質不利克服馬」がサウンドオブアースで「馬場脚質不利克服馬」はツウーザワールド1頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、3歳成長馬の調教師牡馬適性が高く距離延長の調教師牡馬適性が高い馬がトーセンスターダムとベエルキャニオンで、3歳成長馬の調教師牡馬適性が高い馬がツウーザワールドとスズカデヴィアスとタガノグランパとワールドインパクトで東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がアドマイヤゼウスでした。
私は東京10Rは上記7頭以外にも皐月賞勝ちのイスラボニータや桜花賞2着の牝馬のレッドリヴェールも出走しており混戦が予想されますので、人気薄の「最強馬場脚質不利克服馬」のサウンドオブアースを軸に「馬場脚質不利克服馬」のツウーザワールドを絡めたワイド馬券とサウンドオブアースの単勝馬券を検討予定です。

日曜日の京都10Rのオープンの安土城ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はウイングザムーンとレッドアリオンが出走しており,複勝軸馬候補もウイングザムーンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬も特になく、私は京都10Rは上記2頭を軸にした3連複馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京9Rのレッドルーファス、京都2Rのソングストレスとダノンファイヤー、京都3Rのレッドルーメン、京都7Rのグレイングレースに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 16:18TrackBack(0)

2014年05月24日

科学的競馬投資コメント20150525

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
新潟11Rのオープンの韋駄天ステークスには「馬場脚質不利克服馬」はフォーエバーマークの1頭が出走しており,複勝軸馬候補はバーバラとエイシンテキサスとアースソニックとセイコーライコウとビラゴーテイアラの5頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離短縮の調教師牡馬適性が高い馬がバーバラで、新潟競馬場適性の牡馬適性が高い馬が牡馬適性が高い馬がでした。
私は新潟11Rはバーバラとエイシンテキサの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。

東京11RのG1のオークスは「馬場脚質不利克服馬」はバウンスシャッセとニシノアカツキとマジックタイムの3頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、3歳成長馬の調教師牡馬適性が高く距離延長の調教師牡馬適性が高い馬がパープルスターした。
私は東京11Rは上記4頭を中心に馬券検討予定です。

日曜日の京都11Rの1600万条件の烏丸ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はアドマイヤバラードとグッドカフェとコスモユッカの3頭が出走しており,複勝軸馬候補もアドマイヤバラードの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、京都競馬場の種牡馬適性の高い馬がウィクトリースターで、距離適性の種牡馬適性の高い馬がコスモユッカでした。
私は京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟1Rのサウスキング、新潟2Rのインワンブレス、新潟7Rのインツウザストームとリオグランデ、新潟9Rのアポロダイヤモンド、新潟10Rのツクバインドラとメイラード、東京4Rのキネオダンサー、東京12Rのトーセンハルカゼ、京都5Rのツアーリ、京都6Rのサクセスフィリア、京都7Rのダークアイリス、京都9Rのヴァレンテイーアに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 16:44TrackBack(0)

2014年05月17日

科学的競馬投資コメント20140518

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
新潟11Rの1000万円条件G3の赤倉特別には「馬場脚質不利克服馬」はルミナスレッドの1頭が出走しており,複勝軸馬候補はカレンケカリーナの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走の牡馬適性が高い馬がゴダールでした。
私は新潟11Rは上記3頭に過去の成績が安定して高いトーセンギャラリーを加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。

東京11RのG1のヴィクトリアマイルは「馬場脚質不利克服馬」はエクセラントカーブとラキシスとレイカーラとフーラブライドの4頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、4歳成長馬の調教師牡馬適性が高い馬がラキシスとスマートレイアとエバーブロッサムとウリウリとローブテイサージュとデニムアンドルビーでした。
私は東京11Rは過去のこのレースで1着2着の経験があるホエールキャプチャーやG1で3勝のメイショウマンボを含めて上位入着の可能性が高い馬が多く馬券購入は見送り予定です。


日曜日の京都11Rのオープンの栗東ステークスは「最強馬場脚質不利克服馬」はエイシンビートロンが出走しており「馬場脚質不利克服馬」はキョウワダッフィイーとメイショウノーベルの2頭が出走しており,複勝軸馬候補もはキョウワダッフィイーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、京都競馬場の種牡馬適性の高い馬がウオータールルドでした。
私は京都11Rははキョウワダッフィイーを中心に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟3Rのマイフリヴァ、新潟12Rのサダムコーテイとエクスクライムとトミケンジェスト、東京5Rのアポロオオジャ、東京6Rのサンシカゴ、東京10Rのベストルーラー、京都1Rのレッドメイヴ、京都2Rのキングズガード、京都12Rのニザエモンに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:44TrackBack(0)

2014年05月10日

科学的競馬投資コメント20140511

競馬の払戻金を申告せず、約5億7000万円を脱税したとして、所得税法違反の罪に問われた元会社員の男(40)の控訴審判決が9日、大阪高裁でありました。
裁判長は、1審・大阪地裁判決 を支持して、「外れ馬券の購入費を経費」と認めて、検察側の控訴を棄却したそうです。


さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
新潟11RのG3の新潟大賞典には「馬場脚質不利克服馬」はレッドレイブンの1頭が出走しており,複勝軸馬候補もレッドレイブンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬の調教師牡馬適性が高い馬がレッドレイブンで、高齢馬の調教師牡馬適性が高い馬がトランスワープで、距離適性の牡馬適性が高い馬がアドマイヤタイシでした。
私は新潟11Rはレッドレイブンを中心に上記2頭を絡めた馬券を検討予定です。

東京11RのG1のNHKマイルカップは「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補はミッキーアイルの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬の調教師牡馬適性が高い馬がミッキーアイルとアトムで、距離適性の牡馬適性が高い馬がエイシンブルズアイでした。
私は東京11Rはミッキーアイルを中心に上記2頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の京都11Rのオープンの鞍馬ステークスは「最強馬場脚質不利克服馬」はウイングザムーンの1頭が出走しており,複勝軸馬候補もウイングザムーンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は京都11Rはウイングザムーンを中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟5Rのハートオブジュンとビオラフォーエバー、新潟12Rのアスペンサミットとシンボリゾンネ、東京10Rのファイヤー、東京12Rのアダムスピーク、京都1Rのオーマイベイビーとアゲーラ、京都3Rのダッシャーレーヌ、京都4Rのオーデインバローズ、京都5Rのデイアメドーサ、京都6Rのクレイジージョーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:48TrackBack(0)

2014年05月03日

科学的競馬投資コメント20140504

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、今週はG1があります。
新潟11Rのオープンの谷川岳ステークスには「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、複勝軸馬候補はレオアクテイブの1頭もが走していまでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は新潟11Rはレオアクテイブを中心に中心に馬券を検討予定です。

東京11Rのオープンのスイートピーステークスは「馬場脚質不利克服馬」はトシザキミの1頭が出走しており、複勝軸馬候補は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、3歳成長馬の調教師牡馬適性が高い馬がマリアライトで、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高い馬がハナズリベンジでした。
私は東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の京都11RのG1天皇賞は「馬場脚質不利克服馬」はサトノプレスとタニノエボレットの2頭が出走しており,複勝軸馬候補はゴールドシップとフェノーメノの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬の調教師牡馬適性が高く距離延長の調教師種牡馬適性が高く京都競馬場適性の牡馬適性が高い馬がラストインパクトで、4歳成長馬の調教師牡馬適性が高く京都競馬場適性の牡馬適性が高い馬がサトノプレスで、京都競馬場適性の牡馬適性が高い馬がキズナと海外馬のレッドバドーの2頭でした。
私は京都11Rはゴールドシップとフェノーメノの2頭を軸に上記5頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟6Rのサンライズマーチ、新潟12Rのオオスミイチバンとメイケイベガスター、東京3Rのメタフィジクスとトドロキバクシン、東京8Rのオーシュベール、東京10Rのコスモセンサーとキラウエア、京都1Rのヴレクール、京都2Rのオーバーチェアー、京都3Rのテイエムサンビカ、京都5Rのサマンダ、京都6Rのシャインブレイン、京都10Rのピートゴーズオンとコーリンベリーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 18:21TrackBack(0)