2014年11月29日

科学的競馬投資コメント20141130

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、

東京11RのG1のジャパンカップは「馬場脚質不利克服馬」はフェノーメノの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はエピファネイアとイスラボニータの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は5頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く距離延長の調教師種牡適性が高い馬がハープスターで、距離延長の調教師種牡適性が高い馬がジェンテイルドンナとスピルバーグで、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がデニムアンドルビーで、距離適性の種牡馬適性の高い馬がアンコイルドでした。
私は東京11Rはエピファネイアとイスラボニータの2頭を軸に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の京都11Rのオープンのオータムリーフステークスは「馬場脚質不利克服馬」はダノンレジェンドの1頭が出走していました。「複勝軸馬候補」はナリタスーパーワン1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は京都11Rは上記2頭に上位クラスでも活躍しているサトノプリンシパルを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのホワイトガーデンとマコトギンスバーグ、京都7Rのボージェストに少々興味を持っております。




  

Posted by morishita1 at 16:39TrackBack(0)

2014年11月22日

科学的競馬投資コメント20141123

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、

東京11Rのオープンの霜月ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はシンボリエンパイヤとガンジスの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、芝ダ変更出走の種牡馬適性の高く東京競馬場の種牡馬適性の高く距離適性の種牡馬適性の高く距離短縮の調教師種牡適性が高い馬がシンボリエンパイヤで、東京競馬場の種牡馬適性の高く距離適性の種牡馬適性の高い馬がカネトシナターシャでした。
私は東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の京都11RのG1のマイルチャンピオンシップは「馬場脚質不利克服馬」はフィエロとワールドエースとサンライズメジャーとタガノグランパの4頭が出走していました。「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は7頭で、距離短縮の種牡馬適性が高く京都競馬場の種牡馬適性が高い馬がトーセンラーで、京都競馬場の種牡馬適性が高い馬がダノンシャークとエキストラエンドとフィエロとワールドエース、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く京都競馬場の種牡馬適性が高い馬がミッキーアイルで、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がタガノグランパでした。
私は京都11Rは上記8頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのモエレプロシード、東京10Rのロゼッタストーン、京都2Rのウインユニファイド、京都7Rのマッケンジー、京都8Rのジュヴルエールに少々興味を持っております。




  
Posted by morishita1 at 16:41TrackBack(0)

2014年11月15日

科学的競馬投資コメント20141116

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

福島11RのG3の福島記念は「馬場脚質不利克服馬」はフラアンジェリカ1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は福島11Rは過去に上位クラスで活躍していたアンコイルドと上記馬の2頭を中心にハンデ戦でもあるのでワイド馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのオーロカップは「馬場脚質不利克服馬」はラコウヨウアレスの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、東京競馬場の種牡馬適性の高い馬がショウナンワダチとマイネルデイアベルでした。
私は東京11Rは過去に上位クラスで活躍していたカオスモスに上記3頭を加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の京都11RのG1のエリザベス女王杯は「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」ともに出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、休養明けの調教師種牡馬適性が高い馬がヴィルシーナで、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く京都競馬場の種牡馬適性が高
い馬がスマートレイアーとラキシスで、京都競馬場の種牡馬適性が高い馬がヴィルシーナとキャトルフィーユとショウナンパンドラで、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高伊馬がデイアドラマドレでした。
私は京都11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京7Rのウインイルソーレ、東京10Rのデイルガ、京都2Rのミストラルジョワ、京都7Rのプラチナグロース、京都9Rのクロスクリーガーに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:07TrackBack(0)

2014年11月08日

科学的競馬投資コメント20141109

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

福島11Rの1600万の東北ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はベルウッドテラス1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出そうの種牡馬適性の高い馬がプレミアムタイムでした。
私は福島11Rは上記2頭を中心にワイド馬券を検討予定です。


東京11RのG2のアルゼンチン共和国杯は「馬場脚質不利克服馬」はラブリーデイとクリールカイザーの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性の高い馬がラブリーデイで、芝ダ変更出走の種牡馬適性が高い馬がリキサンステルスでした。
私は東京11Rは過去にG1で上位に来たことがあるホーコーブレーブとフェイムゲームに上記3頭を加えた5頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の京都11RのG3のみやこステークスは「馬場脚質不利克服馬」はクリノスターオーとインカンテーションとサトノプリンシパルとナムラビクターの4頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はニホンピロアワーズの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は京都11Rはニホンピロアワーズを軸に上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島1Rのシゲルケンカマツリ、福島6Rのフェアブライド、福島9Rのサンエルビス、福島12Rのクリノダイコクテン、東京1Rのルパン、京都9Rのケイテイバローズに少々興味を持っております。






  
Posted by morishita1 at 17:04TrackBack(0)

2014年11月01日

科学的競馬投資コメント20141102

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

福島11Rの1000万の河北新聞杯は「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走してらず、「複勝軸馬候補」はアルマエルナトの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、芝ダ変更出そうの種牡馬適性の高い馬がクラウンカイザーとコップヒヤザケでした。
私は福島11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11RのG1の天皇賞は「馬場脚質不利克服馬」はフェノーメノとラウイズブーシュの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はフェノーメノとエピファネイアの2頭が出走していませした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性の高い馬がデニムエンドルビーとサトノプレスでした。
私は東京11Rはフェノーメノとエピファネイアの2頭を中心に上記馬達を絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の京都11Rのオープンのカシオペアステークスは「馬場脚質不利克服馬」はウインフルブルームの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、京都競馬場の種牡馬適性が高い馬がメダリアビートでした。
私は京都11Rは上記2頭に加えて上位クラスで活躍していたマジェアステイハーツとスカイデグニテイを加えた4頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島1Rのグッドシェパードとスカレートデビル、福島8Rのショウナンアトラス、福島12Rのニシノマテンロウ、東京2Rのオーラクイーン、東京6Rのサダムコーテイ、京都10Rのアルテイシムス、京都12Rのダイナミックウオーとヴィジャイに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:02TrackBack(0)