2015年02月28日

科学的競馬投資コメント20150301

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

中山11RのG2の中山記念は「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はイスラボニイータの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、休養明出走適性の種牡馬適性が高く4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がステファノスで、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がタガノグランパで、距離短縮の種牡馬適性が高い馬がヌーヴォレコルトとヒラボクデイープでした。
私は中山11Rはイスラボニイータの軸に4頭を絡めた馬券を検討予定です。


日曜日の阪神11RのG3の阪急杯は「馬場脚質不利克服馬」はコパニリチャードとマジンプロスパーの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はコパニリチャードとダイワマジョーレの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がミッキーアイルでした。
私は、阪神11Rはコパニリチャードとダイワマジョーレの2頭を軸に上記3頭を絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の小倉11Rの1600万の関門橋ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はコスモドラゴンとタマモトップレデイの2頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離短縮の種牡馬適性が高い馬がダコールでした。
私は、小倉11Rは上記2頭にこの出走条件で上位入着経験があるリメインサイレントを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのストロベリーズ、中山2Rのインスタントリー、阪神1Rのラブミーフウジンとテイエムモンブラン、阪神3Rのエイシンパライソとテイーエスバラ、小倉2Rのタマモホットポット、小倉6Rのマナオラナ、小倉7Rのエアビザレ−、小倉8Rのロードメビウスとエルノルテ、小倉9Rのシェーンメーア、小倉10Rのミッキーピオーネに少々興味を持っております。


  

Posted by morishita1 at 16:44TrackBack(0)

2015年02月21日

科学的競馬投資コメント20150222

最近のタブレットに関して、廉価版の中華パッドに興味を持って、色々と調べてみました。
最近の中華タブレットの主流はデユアルOSが主流になって来ていて、WindowsとAndroidのデユアルブートのタブレットが急成長していて、7インチから8インチ、8.9インチと大きいもので10インチのデユアルOSのタブレットが売れているようです。
これら中華タブレットは1.5万円から3.5万円位の価格帯で平均2万円位が売れ筋だそうです。
これに関連してWindowsパソコンで、Androidエミレータを動かすソフトも調べてみましたが、1年ほど前に調べた「BLUESTACKS」とか「WINDROY」以外に最近は高速で動く「GENYMOTION」という新しいAndroidエミレータが出回っていました。
1年ほど前に、「BLUESTACKS」とか「WINDROY」をwindowsタブレットにインスツールしたのですが、処理速度が遅く使用に耐えない感じでしたが、「GENYMOTION」という新しいAndroidエミレータはかなり高速です。
私の2台のWindowsタブレットにもインスツールしましたが、Corei3のタブレットでもAtomのタブレットでもそこそこ使用に耐える処理速度です。
Playストアも特別な処理をすることでインスツールでき、多くのソフトが使用可能でした。
問題はソフトによっては動作しないソフトがありますが、動くソフトも多く、windows WithBeingという安いWiondowsのタブレットでしたら価格も安いので、このwindowsタブレットに高速で動く「GENYMOTION」という新しいAndroidエミレータをインスツールして使用する方法も良いのではないかと思ったりしております。
Windowsにはない出来の良いAndroidソフトも使用できるので、Androidスマートホンに慣れている私には、windowsとAndroidの両ソフトが使用できるタブレットは重宝しています。


さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

東京11RのG1のフェブラリーステークスは「馬場脚質不利克服馬」はベストウオーリアとカゼノコとサンビスタの3頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストウオーリアでした。
私は東京11Rは上記8頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の京都11Rのオープンの洛陽ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はサカジロロイヤルとラインスピリットの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はゴールデンナンバーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、京都競馬場の種牡馬適性が高い馬がサクラアルデイードとランリョウオーとトーセンレーヴで、距離延長の種牡馬適性が高い馬がダノンプログラマーでした。
私は、京都11Rはゴールデンナンバーを軸に上記6頭を絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の小倉11RのG3の小倉大賞典は「馬場脚質不利克服馬」はラングレー1頭で、「複勝軸馬候補」はアルマテイコの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離短縮の種牡馬適性が高い馬がダコールでした。
私は、小倉11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京9Rのイーデンホールとタケルオウジとペプチドウオヘッド、東京12Rのナリタポセイドン、京都1Rのリッチガール、小倉2Rのマサノマリリンとハナズリベンジ、小倉3Rのアイオトドケマス、小倉9Rのタイセイマジックに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:44TrackBack(0)

2015年02月14日

科学的競馬投資コメント20150215

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

東京11RのG3の共同通信杯は「馬場脚質不利克服馬」はダノンメジャーとテイルナローグとリアルステイールとコアウモナインポールの4頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性の高い馬がドウラメンテとアヴニールマルシェとアンビシャスとショウボートでした。
私は東京11Rは上記8頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の京都11RのG2の京都記念は「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はラブリーデイとキズナとハプスターの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がハープスター、距離延長の種牡馬適性が高い馬がヒラボクデイープでした。
私は、京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の小倉11Rの1600万円下の門司ステークスは「馬場脚質不利克服馬」はタイセイシュバリエとヒミノオオタカの2頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離短縮の種牡馬適性が高く小倉競馬場の種牡馬適性が高く距離延長の種牡馬適性が高い馬がテイルガでした。
私は、小倉11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのゴールデンバトル、東京6Rのコウソクコーナー、東京12Rのトーセンハルカゼ、京都2Rのスキースクール、京都5Rのマイネウジャスト、小倉4Rトドロキキシボジン、小倉8Rのクイーンズシアター、小倉9Rのサビーナクレスタ、小倉10Rのマイネルsルテイマ、小倉12Rのデンコウデアに少々興味を持っております。





  
Posted by morishita1 at 16:47TrackBack(0)

2015年02月07日

科学的競馬投資コメント20150208

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

東京11RのG3の東京新聞杯は「馬場脚質不利克服馬」はタガノグランパとフルーキーとサトノギャラントの3頭で、「複勝軸馬候補」はタガノグランパとフルーキーの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性の高い馬がタガノグランパでした。
私は東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


日曜日の京都11RのG3のきさらぎ賞は「最強馬場脚質不利克服馬」はネオスターダムで「馬場脚質不利克服馬」はボルトドートウイユとムーンクレストの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く京都競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がレガッタとグリィエールで、京都競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がボルトドートウイユでした。
私は、京都11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の小倉11Rの1000万円下の壇ノ浦スークスは「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がゲットアテーブでした。
私は、小倉11Rは本条件で好走いているポセイドンバローズと上記ゲットアテーブの2頭を軸に3連複馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのマゼンタ、東京6Rのトルセドール、東京9Rのメジャーフォルム、京都2Rのキングルアウ、京都10Rのエルカミーノレア、小倉1Rのバイロキシン、小倉2Rのアブニール、小倉4Rのカシノリコーダーとヒロフォーシーズン、小倉6Rのリスベリアート、小倉7Rのジュールドトネール、小倉10Rのアカリアイドルに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 14:50TrackBack(0)