2016年04月30日

科学的競馬投資コメント20160501

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


新潟11Rのオープンの谷川岳ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はグアンチャーレの1頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、短縮適性の種牡馬適性が高い馬がヤングマンパワーでした。
私は新潟11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

東京11Rのオープンのスイートピーステークスは「馬場脚質不利克服馬」はスマートアリシアとアグネスフェアリーの2頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がフェイズベロシチーでした。
私は東京11Rは上記3頭を絡めたワイド馬券を検討予定です。


京都11RのG1の天皇賞は、「馬場脚質不利克服馬」はサトノノブレスとシュヴァルグランの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノノブレスとトーセンレーヴとレーヴミストラルとアルバートとヤマニンボアラクテとサウンズオブアースの6頭でした。
私は京都11Rはサトノノブレスを中心に上記6頭を絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟1Rのキョウワゼノビアとヘラルドスクエア、新潟6Rのアグネスカミング、新潟10Rのエンゲルフライト、新潟12Rのワラツチャオ、東京4Rのフォルテミニョンスイートカラー、東京6Rのヒルトンヘッド、東京7Rのプリンシパルスター、東京8Rのキナウとココスタイルとジャコバイテイズム、京都3Rのカレンジラソーレ、京都4Rのトモノメジュール、京都7Rのクロイツエル、京都10Rのマデイデイとジープリデイアとスリラーインマニラとソーデイヴァイン、京都12Rのファンタネットボーに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 16:45TrackBack(0)

2016年04月23日

科学的競馬投資コメrント20160424

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


福島11Rの1000万の福島中央TV杯は、「最強馬場脚質不利克服馬」はアベルツーラで、「馬場脚質不利克服馬」はスマートカルロスの1頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、福島競馬場適正の牡馬適性が高い馬がクラウンカイザーでした。
私は福島11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

東京11RのG2のフローラステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はパールコードの1頭で、「馬場脚質不利克服馬」はトウカイシェーンとチェッキーノの2頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く距離延長の種牡馬適性の高い馬がチェッキーノとエルビッシュでした。
私は東京11Rは上記4頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11RのG2のマイラーズカップは、「馬場脚質不利克服馬」はダノンリバテイとクルーガが出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、休養明適性の調教師種牡馬適性が高い馬がフィエロで、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がアルバートドックで、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がダノンリバテイでした。
私は京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島1Rのゼロカラノキセキ、福島2Rのピーエムルッカ、福島3Rのゲンパチタッチ、福島6Rのカヤドーメジャー、福島9Rのコチニヤック、福島12Rのエイムハイとサトオユニコーンとメリーモナーク、東京2Rのデルマチカラ、東京5Rのエイシンリーダー、東京6Rのタイガーヴォーグ、東京10Rのダノンメジャー、京都2Rのエイシンリキュ、京都3Rのレッドボルテックス、京都4Rのダイシンサクセスに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:01TrackBack(0)

2016年04月16日

科学的競馬投資コメント20160417

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


福島11Rの1000万の奥の細道特別は、「馬場脚質不利克服馬」はゴールドメインの1頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長の牡馬適性が高い馬がサトノフェアリーでした。
私は福島11Rは上記2頭のワイド馬券を検討予定です。

中山11RのG1の皐月賞は、「最強馬場脚質不利克服馬」はサトノダイヤモンドとマウントロブオンの2頭で、「馬場脚質不利克服馬」はマカヒキとウルブルフとプロフェットの3頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は8頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノダイヤモンドとマカヒキとマウントロブオンとアドマイヤダイオウとウルブルフとミッキーロケットとリオンデイーズでした。
私は中山11Rはサトノダイヤモンドを中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


阪神11Rの1600万の難波特別は、「馬場脚質不利克服馬」はダノンムーンが出走しており、「複勝軸馬候補」もダノンムーンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がトーセンビクトリでした。
私は阪神11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島2Rのプロイエット、福島7Rのイルーシヴキャット、中山2Rのスイフトレイド、中山4Rのクラウンマグマとビアンカリボン、中山8Rのブラウンカイ、阪神5Rのキラリジェームス、阪神6Rのマダムクレアシオンとボーサンシー、阪神9Rのクレアドールに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:47TrackBack(0)

2016年04月09日

科学的競馬投資コメント20160410

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


福島11Rのオープンの福島民報杯は、「馬場脚質不利克服馬」はヤマニンボアラクテの1頭で、「複勝軸馬候補」はデウスウルトとマイネルミラノの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、芝ダ変更出走の調教師種牡馬適性が高く距離延長の牡馬適性が高い馬がプレイズアトレイルで、距離延長の牡馬適性が高い馬がマテンンロウボスとヤングマンパワーでした。
私は福島11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。

中山11Rのオープンの春雷ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はエイシンスパルタンとゴールドペガサスとカハラビステイとスカイキューテイの4頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、芝ダ変更出走の調教師適性が高い馬がサドンストームとベルルミエールで、距離適性の牡馬適性が高い馬がエイシンスパルタンで、距離短縮適性の牡馬適性が高い馬がショウナンアチーブでした。
私は中山11Rは上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の桜花賞は、「馬場脚質不利克服馬」はラベンダヴァレイとメジャーエンブレムの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、芝ダ変更出走の調教師種牡馬適性が高い馬がジープルメリアで、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がレドアヴァンセとシンハライトとラベンダヴァレイでした。
私は阪神11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、福島6Rのゼンノリボーン、福島7Rのコアコンビタンスとワンショットキラー、福島8Rのパフューマー、福島12Rのヘニースイフト、中山1Rのフラワーオブライフ、中山5Rのニシノハナムスメ、阪神1Rのクインジョウ、阪神2Rのテイノ、阪神4Rのヴィリアとパレードとユービリーヴニーとムーチャスエルテに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:07TrackBack(0)

2016年04月02日

科学的競馬投資コメント20160403

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、


中山11RのG3のダービー卿CTは、「馬場脚質不利克服馬」はダイワリベラルの1頭で、「複勝軸馬候補」はキャンベルジュニアの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く中山競馬場の牡馬適性が高く距離適性の牡馬適性が高い馬がキャンベルジュニアで、距離適性の牡馬適性が高い馬がダッシングブレイズで、休養明適性の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノアラジンでした。
私は中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。



阪神11RのG2の産経大阪杯は、「馬場脚質不利克服馬」はレッドレイブンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はタッチングスピーチとアンビシャスとレッドレイブンの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がタッチングスピーチとアンビシャスで、休養明適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮の種牡馬適性が高い馬がラブリーデイとショウナパンドラの2頭でした。
私は阪神11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、中山3Rのルネッサンスボーイ、中山7Rのアンリキャトル、阪神2Rのロードセレリテイ、阪神3Rのナリタエイト、阪神6Rのハギノフェリス、阪神8Rのショウナンハルカス、阪神9Rのデルマネコムスメ、阪神10Rのスリラーインマニラに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:05TrackBack(0)