2016年05月28日

科学的競馬投資コメント20160529

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、



東京10RのG1のダービーは、「馬場脚質不利克服馬」はサトノダイヤモンドとマカヒキとマイネルハニーとマウントロブソンとレッドエルデイストの5頭で、「複勝軸馬候補」はヴァンキュッシュランの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がサトノダイヤモンドとマカヒキとマウントロブソンで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がリオンデイーズとヴァンキュッシュランで、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がデイーマジェステイでした。
私は東京10Rは上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都10Rのオープンの安土城ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はミッキーラブソングとマルヨバクシンの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はミッキーラブソングの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は京都11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京8Rのカレングラスジョー、京都1Rのキセキノツヅキとビービーリフレクト、京都2Rのメイショウオニマル、京都3Rのラヴアンドドラゴン、京都6Rのグランジャーに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 16:43TrackBack(0)

2016年05月21日

科学的競馬投資コメント20160522

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


新潟11Rのオープンの韋駄天ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」も、「複勝軸馬候補」も共に1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く芝ダ変更適性の調教師種牡馬適性が高く新潟競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がモリジアナでした。
私は新潟11Rはモリジアナを中心に馬券を検討予定です。

東京11RのG1のオークスは「馬場脚質不利克服馬」はロッテンマイヤーの1頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がシンハライトとレッドアバンセで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がエンジェルフェイスとチェッキーノで、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアウェイクとビッシュででした。
私は東京11Rは上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rの1600万の伊勢志摩サミットは、「馬場脚質不利克服馬」はプロレタリアトの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はアドマイヤケルソの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は6頭で、芝ダ変更適性の調教師種牡馬適性が高い馬がゴッドフロアーで、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がカナロアで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がサンライズタイセイとグラナルマダとタイセイアプローズとウエスタールンドでした。
私は京都11Rは上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟1Rのアドレードヒルとマーブルフレンテ、新潟3Rのツクバキセキ、新潟6Rのエナジータウン、新潟10Rのミッキーデーターとコスモアルドラ、東京1Rのピコット、東京6Rのダイワチャーチル、京都2Rのスズカコメット、京都3Rのシゲルシーラカンス、京都4Rのプラチナメモリー、京都8Rのミコラソンに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:47TrackBack(0)

2016年05月14日

科学的競馬投資コメント20160515

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


新潟11Rの1000万の赤倉特別は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はブレイブリーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がサトノフェアリーで、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がイレプライスプルでした。
私は新潟11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

東京11RのG1のヴィクトリアマイルは「馬場脚質不利克服馬」はスマートレイアーとウインプリメーラとショウナンアデラ3頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は5頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がレッツゴードンキで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がミッキークインとトーセンビクトリーで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がショウナンパンドラで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がウリウリでした。
私は東京11Rは上記5頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rのオープンの栗東ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はキョウワダッフィイの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がクリノヒマラヤオーでした。
私は京都11Rは上記2頭のワイド馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟1Rのラブリエとシャイニーレデイ、新潟5Rのハクサンインパクトとメープルフレイバー、新潟6Rのバルクフルメ、新潟9Rのウインネオルーラー、新潟12Rのコウユウココロザシとサンクロワ、東京4Rのミスドバフイとサイモンキンバリ、東京6Rのラスカルグレイ、東京8Rのベラフォレスタ、東京10Rのオーマイガイ、東京12Rのブラインドサイド、京都2Rのデイープオーパス、京都7Rのギンガ、京都9Rのウエスタンレベッカ、京都12Rのワンダフルラスターに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:40TrackBack(0)

2016年05月07日

科学的競馬投資コメント20160508

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、


新潟11RのG3の新潟大賞典は、「馬場脚質不利克服馬」はフルーキーの1頭で、「複勝軸馬候補」もフルーキーの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がフルーキーで、芝ダ変更適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がパッションダンスで、4歳成長馬の調教師種牡馬適性が高く休養明適性の種牡馬適性が高い馬がサトノラーセンでした。
私は新潟11Rはフルーキーを中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。

東京11RのG1のNHKマイルカップは「最強馬場脚質不利克服馬」はアーバンキッドで、「馬場脚質不利克服馬」はイモータルとテイソーナとストーミーシーとダンツプリウスとシャドウアプローチとメジャーエンブレムの6頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は東京11Rは上記7頭を絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rのオープンの鞍馬ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はマルヨバクシンとトータルヒートの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は京都11Rは上記2頭に上位クラスで入着経験があるミッキーラブソングを加えた4頭を絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、新潟2Rのトウカイメジャーとアドマイヤウエーブ、新潟8Rのラックアサイン、新潟9Rのハイドンセット、東京10Rのブライトエンブレム、東京12Rのベルブラージュ、京都2Rのシーオーク、京都3Rのテイジーフローラ、京都4Rのハリー、京都7Rのセプテイエーム、京都8Rのノボリフジ、京都9Rのシルバーソードに少々興味を持っております。



  
Posted by morishita1 at 16:56TrackBack(0)