2016年06月25日

科学的競馬投資コメント20160626

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11Rの1000万円条件のUHB杯は、「馬場脚質不利克服馬」はアドマイヤゴッドとホツコーサラスターの2頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がアスペンサミットとホツコーサラスターでした。
私は函館11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11Rのオープンのパラダイスステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はミッキーラブソングの1頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の牡馬適性が高い馬がホウライアキコでした。
私は東京11Rは上記2頭を絡めた馬券を検討予定です。


阪神11RのG1の宝塚記念は、「馬場脚質不利克服馬」はヅウラメンテとシュヴァルグランの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は5頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離適性の牡馬適性が高い馬がサトノクラウンで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離延長適性の調教師牡馬適性が高い馬がヅウラメンテで、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアンビシャスとタッチングスピードで、距離延長適性の調教師牡馬適性が高い馬がラストインパクトでした。
私は阪神11Rは上記馬たちにG1を2勝しているキタサンブラックを加えた7頭を絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館4Rのスプレンデイード、函館7Rのザグレス、東京2Rのマコトグランデウス、阪神1Rのトチノマドンナ、阪神4Rのシルビーズモード、阪神6Rのメイショウクロタカ、阪神8Rのウルトラバロックに少々興味を持っております。
  

Posted by morishita1 at 16:50TrackBack(0)

2016年06月18日

科学的競馬投資コメント20160619

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11RのG3の函館スプリントステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はテイソーナの1頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がレッツゴードンキで、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がシュウジとキャンデイバーゲンで、高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がエポワウでした。
私は函館11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


東京11RのG3のユニコーンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はゴールドドリームとスミレの2頭で、「複勝軸馬候補」はゴールドドリームとマイネルバラサの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がレッドウイズダムとダノンフェイスとストロングバローズで、距離延長適性の牡馬適性が高い馬がスミレでした。
私は東京11Rはゴールドドリームを中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


阪神11Rのオープンの米子ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はクイーンズリングとガリバルデイの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は阪神11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館1Rのラフェデビジュー、東京3Rのラガマフィン、東京4Rのカルメンテイス、東京10Rのミュゼスルタン、東京12Rのサンセットトウホク、阪神3Rのダノンジェットとキョウワゼノビア、阪神7Rのエナジータウンとセンセーション、阪神9Rのマッシヴヒーローに少々興味を持っております
  
Posted by morishita1 at 16:28TrackBack(0)

2016年06月11日

科学的競馬投資コメント20160612

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、



東京11RのG3のエプソムカップは、「馬場脚質不利克服馬」はフルーキーとレコンダイトの2頭で、「複勝軸馬候補」はフルーキーとルージュバックの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルバートッドックで、距離適性の調教師種牡馬適性が高い馬がフルーキーで、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がレコンダイトで、芝ダ変更適性の種牡馬適性が高い馬がステラウインドでした。
私は東京11Rはフルーキーを中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


阪神11RのG3のマーメイドステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はアカネイロの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がシュンドルボンでした。
私は阪神11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京3Rのキューノキセキ、東京4Rのアイアムパイオニア、東京12Rのアドマイヤピンク、阪神3Rのエイシンジルコン、阪神6Rのシャケトラとエイシンミコノス、阪神7Rのジャストヴィークル、阪神8Rのエイシンファイヤー、阪神12Rのスズカグランデに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:47TrackBack(0)

2016年06月04日

科学的競馬投資コメント20160605

さて今週日曜日の2競馬場のメインですが、



東京11RのG1の安田記念は、「馬場脚質不利克服馬」はリアルステイールの1頭で、「複勝軸馬候補」はモーリスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がデイサイファでした。
私は東京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


阪神11Rの1600万の垂水ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はマイネグレヴィルの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はオースミナインとトーセンヴィクトリーとドラゴンストリートの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く降級馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がトーセンヴィクトリーで、降級馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がグアンチャーレで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がオースミナインでした。
私は阪神11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのシャインプラチナム、東京10Rのラビダメンテ、阪神2Rのセルバンテイスカズマ、阪神6Rのキープセイクとメイショウピーター、阪神10Rのキングブレイクに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:06TrackBack(0)