2016年07月30日

科学的競馬投資コメント20160731

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG3のクイーンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はウインプリメーラとロッテンマイヤーの2頭で、「複勝軸馬候補」はチェッキーノの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高く距離短縮適性の調教師種牡馬適性が高い馬がチェッキーノで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がテルメヂカラカラでした。
私は札幌11Rはチェッキーノを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


新潟11RのG3のアイビスサマーダッシュは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はベルカントの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明適性の調教師種牡馬適性が高い馬がマイネルエテルネルでした。
私は新潟11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11Rの1600万の佐世保ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はマルヨバクシンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は小倉11Rはマルヨバクシンを中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌4Rのセイクリッドシー、札幌12Rのエビグレイド、新潟1Rのアロハスピリットとシゲルタイガー、新潟8Rのトーセンソユーズ、新潟12Rのタンサンドール、小倉3Rのダイシンサクセス、小倉4Rのタガノガンチャンとクレオメに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 16:50TrackBack(0)

2016年07月23日

科学的競馬投資コメント20160724

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11RのG3の函館2歳ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はドウモワゼルとラーナアゼルとメローブリーズとバリンジャーの4頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、函館競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がポーットジーニーで、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がドウモワゼルとレヴァンテライオンでした。
私は函館11Rはドウモワゼルを軸に上記馬たちを絡めたワイド馬券を検討予定です。


福島11Rのオープンの福島テレビオープンは、「馬場脚質不利克服馬」はショウナンアデラとウインフルブルームの2頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走していませんでした。
私は福島11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。


中京11RのG3の中京記念は、「馬場脚質不利克服馬」はダノンリバテイの1頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、4歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がダノンリバテイで、中京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がダンシングブレイズとトウショウドラフタでした。
私は中京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館3Rのミステリーハンター、函館4Rのブリゲードとミスターギブソン、函館10Rのショウナンカサロ、函館12Rのレオパルデイナ、福島6Rのオロフィナアスール、福島7Rのロクハラタンダイ、福島9Rのグラスレグナムとシャイニングカフェ、中京7Rのイトハユリ、中京8Rのワンダフルラスター、中京12Rのノボリレジェンドとコンテナに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:49TrackBack(0)

2016年07月16日

科学的競馬投資コメント20160717

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11RのオープンのG3の函館記念は、「最強馬場脚質不利克服馬」はツクバアズマオーの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はレッドレイブンとネオリアリズムとマテンロウボスとマエガエシの4頭で、「複勝軸馬候補」はマイネルフロストの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がトーセンレーブで、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がファントムライトで、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がレッドレイブンでした。
私は函館11Rはマイネルフロストとレッドレイブンの2頭を軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


福島11Rのオープンのバーデンバーデンカップは、「馬場脚質不利克服馬」はコスモドールとゴールデンナンバーと霧島御嬢の3頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がゴーイングパワーでした。
私は福島11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


中京11Rのオープンのジュライステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はマスクゾロとモストベーネとブライトアイデイアとピンポンの4頭で、「複勝軸馬候補」はマスクゾロの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、距離適性の種牡馬適性が高い馬がマスクゾロでした。
私は中京11Rはマスクゾロを中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館3Rのタイセイアモーレ、函館6Rのヴィクトールカフェ、函館7Rのトウカイマインドとコパノチャールズ、函館8Rのウインエアホース、福島8Rのプエルトトプリンセサ、福島9Rのヌーナ、中京2Rのモズラコルタ、中京4Rのエイシンイパナマとランデックアブデルとスズカパレード、中京12Rのエフェクトに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:54TrackBack(0)

2016年07月09日

科学的競馬投資コメント20160710

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11Rのオープンのマリーンステークスは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」も1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がヴァンヌーヴォーとショウナンアポロンとヒラボクプリンスでした。
私は函館11Rは上記3馬を中心にワイド馬券を検討予定です。


福島11RのG3の七夕賞は、「馬場脚質不利克服馬」はルミナスウオーリアの1頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルバートドックで、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がマーテインボロで、福島競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がマイネルラクリマでした。
私は福島11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


中京11RのG3のプロキオンステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はノボバカラの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はニシケンモノノフとダノングッドとポネグラネイトの3頭で、「複勝軸馬候補」はニシケンモノノフの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の調教師適性が高い馬がクラリテイスカイでした。
私は中京11Rはニシケンモノノフとノボバカラの2頭を軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館1Rのマイネルヘミネス、函館5Rのアポロノホウリン、函館8Rのワイドヴィンチェレ、福島7Rのアイトラッキングとパステルモーブ、福島9Rのキナウとレッドベリンダ、中京2Rのエイシンキスミー、中京6Rのカントリーロード、中京7Rのイサチルルンナとオースミハナチャン、中京12Rのテーエスナインとサトノワイバーンに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 16:50TrackBack(0)

2016年07月02日

科学的競馬投資コメント20160703

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

函館11Rのオープンの巴賞は、「馬場脚質不利克服馬」はリベルラスとツクバアズマオーの2頭で、「複勝軸馬候補」はルグランフリゾンとレッドレイヴンとオツウの3頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、函館競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がルグランフリゾンとレッドレイヴンとフレイムコードでした。
私は函館11Rはルグランフリゾンとレッドレイヴンとオツウの3頭を軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


福島11RのG3のラジオNIKKEI賞は、「馬場脚質不利克服馬」はゼーヴィントとアバンキッドとカープストリーマーの3頭で、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、福島競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がアップクオークで、3歳成長馬適性の調教師種牡馬適性が高い馬がゼーヴィントでした。
私は福島11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


中京11RのG3のCBC賞は、「馬場脚質不利克服馬」はメイショウライナーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の牡馬適性が高い馬がサドンストームで、距離適性の調教師牡馬適性が高い馬がエイシンブルズアイでした。
私は中京11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、函館2Rのドンポラーレ、函館3Rのローエキスキーズ、福島9Rのヒラボクカイザー、福島10Rのファンデルワールズ、福島12Rのフォルゴーレ、中京3Rのエンジェルユーとレッドブリエ、中京4Rのハリーとデイライトクライとウオーターペガス、中京7Rのマテンロウバッハ、中京9Rのグレンガイルに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:53TrackBack(0)