2016年08月27日

科学的競馬投資コメント20160828

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG3のキーンランドカップは、「馬場脚質不利克服馬」はサトノルパンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はブランボヌールの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、高齢馬適性の牡種馬適性が高い馬がエポワスで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がブランボヌールでした。
私は札幌11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3の新潟2歳ステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はマテラフィールドで、「馬場脚質不利克服馬」はマイネルパラデイとクインツーブルーとアビールバイオとチシャーキャットの4頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はキャスパリーグの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、距離延長適性の種牡馬適性が高い馬がニシノオーカンで、新潟競馬場適性の牡種馬適性が高い馬がマイネルバールマンでした。
私は新潟11Rは上記7頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11Rのオープンの小倉日経オープンは、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」ともに1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬も1頭も出走しておりませんでした。
私は小倉11Rは馬券購入を見送り予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌4Rのレッドカルデイア、札幌7Rのエクシードリミッツ、札幌10Rのクロムレック、新潟1Rのノーム、新潟3Rのデイジーベル、新潟6Rのワイドリーザワン、新潟12Rのオーバーウエルカム、小倉6Rのロマンチックドラマに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 16:54TrackBack(0)

2016年08月20日

科学的競馬投資コメント20160821

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG2の札幌記念は、「馬場脚質不利克服馬」はネオリアリズムとレッドソロモンの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はモーリスの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の種牡馬適性が高い馬がヌーヴォレコルトでした。
私は札幌11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのオープンのNST賞は、「馬場脚質不利克服馬」はドリームドルチェとポメグラメイトとキャプテンシップの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はレーザーパレットとナンチンノンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、高齢馬適性の牡種馬適性が高い馬がレーザーパレットで、新潟競馬場適性の牡種馬適性が高い馬がセトアローでした。
私は新潟11Rは上記6頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11RのG3の北九州記念は、「馬場脚質不利克服馬」はメイショウライナーの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、小倉競馬場適性の牡馬適性が高い馬がマイネルエテルネルでした。
私は小倉11Rは上記2頭に過去にG3を3勝しているベルカントを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌4Rのプチットマドレーヌ、札幌6Rのサンフレイム、新潟3Rのニシノケイト、新潟6Rのミュゼウエルスとバンダムザブラッド、小倉3Rのハリーとホーマンビジュー、小倉4Rのレデイオブフレイム、小倉7Rのメイショウジータ、小倉8Rのキングカーテイスに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 12:39TrackBack(0)

2016年08月13日

科学的競馬投資コメント20160814

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

札幌11RのG3のエルムステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はジュベエルムの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、札幌競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がクリノスターオーで、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がサイモントルナーレでした。
私は札幌11Rは上記3頭に過去にG1及びG2で上位入着しているモンドクラッセとナムラビクターを加えた5頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3の関谷記念は、「馬場脚質不利克服馬」はピークトラムとダノンリバテイの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、芝ダ変更出走適性の調教師適性が高い馬がクラリテイスカイでした。
私は新潟11Rは上記3頭に過去にG3を勝っているマジックタイムとヤングマンパワーの2頭を加えた5頭を中心に馬券を検討予定です。


小倉11Rの1600万円の博多ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はアカネイロとバンドワゴンの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭で、距離短縮の牡馬適性が高い馬がキングストーンとサンライズタイセイで、距離延長の牡馬適性が高く休養明適性の調教師種牡馬適性が高い馬がベルラップでした。
私は小倉11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌1Rのカツヴィーナス、札幌2Rのモズジャカランダとアポロリベリオン、札幌6Rのクラウドチェンバー、札幌7Rのワイルドゲームとアドマイヤロマン、札幌9Rのマルターズゲイル、新潟1Rのレイバック、新潟7Rのアドマイヤピンク、新潟8Rのバリーアークとレッドアフレイム、新潟9Rのカレングラシジョー、小倉7Rのローザスカレッジとラガーギアチェンジ、小倉8Rのテイーエスナイン、小倉10Rのカオール、小倉12Rのサンマルアリュールに少々興味を持っております。





  
Posted by morishita1 at 17:22TrackBack(0)

2016年08月06日

科学的競馬投資コメント20160807

さて今週日曜日の3競馬場のメインですが、

札幌11RのオープンのUHB賞は、「馬場脚質不利克服馬」も「複勝軸馬候補」ともに出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、7歳以上の高齢馬適性の種牡馬適性が高い馬がサドンストームとエポワスでした。
私は札幌11Rは上記2頭に過去にG2及びG3で上位入着しているオメガヴェンデッタを加えた3頭を中心に馬券を検討予定です。


新潟11RのG3のレパードステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はグランセブレイブとネクストムーブとヨシオの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はケイテイブレイブとグレンツエントの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭で、休養明適性の調教師種牡馬適性が高く新潟競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がレガーロで、新潟競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がエネスクでした。
私は新潟11Rはケイテイブレイブとグレンツエントの2頭を軸に上記5頭を絡めた馬券を検討予定です。


小倉11RのG3の小倉記念は、「馬場脚質不利克服馬」はアングライフェンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はマーテインボロとサトノラーゼンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、3歳成長馬の調教師種牡馬適性が高い馬がサトノラーゼンでした。
私は小倉11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。

日曜日の芝ダ変更出走馬は、札幌6Rのハマヒルガオ、新潟2Rのナイアガラロールとショ−マン、新潟9Rのブレイクエース、新潟10Rのオーネットサクセス、小倉2Rのハーランズワンダーとカフジキセキに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 16:48TrackBack(0)