2017年01月28日

科学的競馬投資コメント20170129

さて今週の3競馬場のメインですが、


東京11RのG3の根岸ステークスは、「最強馬場脚質不利克服馬」はブルミラクルの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はモンドクラッセの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はモンドクラッセの1頭が出走しておりました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、高齢馬適性の種牡馬適性が高く東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がタールタンで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストウオーリアで、東京競馬場適性の種牡馬適性が高く距離適性の種牡馬適性が高い馬がベストマッチョした。
私は、東京11Rはモンドクラッセを軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


中京11Rの1600万の長篠ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はマルヨバクシンとアルチマブラッドの2頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はフィヅウーシアの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がマルヨバクシンで、中京競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がフィヅウーシアでした。
私は、中京11Rは上記馬たちを中心に馬券を検討予定です。


京都11RのG3のシルクロードステークスは、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はネロの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭で、休養明け適性の種牡馬適性が高い馬がブランボヌールでした。
私は京都11Rは上記2頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、東京1Rのプラクテイス、東京3Rのアルーフクとグロースアルテイヒ、東京6Rのアポロノホシ、東京9Rのアンノートル、東京12Rのフォーワードカフェ、中京7Rのルールアゲイン、中京9Rのタカラフローリックとファドとフェザリータッチ、京都6Rのダブルスピリット、京都8Rのブンブンブラウに少々興味を持っております。

  

Posted by morishita1 at 17:41TrackBack(0)

2017年01月21日

科学的競馬投資コメント20170122

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11RのG2のAJCは、「馬場脚質不利克服馬」はクラリテイスカイの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は4頭が出走しており、中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がミライヘノツバサで、距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がナスノセイカンで、4歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がゼーヴィントで、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がヤマニンボアラクテでした。
私は、中山11Rは上記5頭を中心に馬券を検討予定です。


中京11RのG2の東海Sは、「最強馬場脚質不利克服馬」はモズライジンの1頭が出走しており、「馬場脚質不利克服馬」はリッカルドとピオネロとメイショウウタゲの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はグレンツエントとロワジャルダンの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭が出走しており、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がラストインパクトでした。
私は、中京11Rはグレンツエントとロワジャルダンの2頭を軸に軸に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


京都11Rの1600万の石清水ステークスは、「馬場脚質不利克服馬」はテラノヴァとキングハートとウインムートの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」はエステイタートの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭も出走しておりませんでした。
私は京都11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山1Rのセイウンチャームとハクサングロウ、中山2Rのボールバンドル、中山4Rのザベストエバー、中山5Rのベルウッド、中山8Rのカキツバサチグサ、中山10Rのキングストーン、中山12Rのオージャイト、中京2Rのジュングレイド、中京10Rのシンボリダビッド、京都1Rのサイレントアスカ、京都3Rのベルエスメラルダ、京都4Rのヴィーナスフローラとクールファンダジー、京都10Rのメイショウスイズキに少々興味を持っております。
  
Posted by morishita1 at 17:09TrackBack(0)

2017年01月14日

科学的競馬投資コメント20170115

さて今週の3競馬場のメインですが、


中山11RのG3の京成杯は、「馬場脚質不利克服馬」はバリングラとボボカテベトルとアサギリジョーの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高く中山競馬場適性の種牡馬適性が高く距離延長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がバリングラで、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がボボカテベトルで、距離延長適性の種牡馬適性が高く中山競馬場適性の種牡馬適性が高い馬がイブキでした。
私は、中山11Rは上記4頭を中心に馬券を検討予定です。

中京11Rの1000万の知立特別は、「馬場脚質不利克服馬」はワンツウワンの1頭が出走しており、「複勝軸馬候補」もワンツウワンの1頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は1頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がワンツウワンでした。
私は、中京11Rはワンツウワンを軸に馬券を検討予定です。



京都11RのG2の日経新春杯は、「馬場脚質不利克服馬」は1頭も出走しておらず、「複勝軸馬候補」はミッキーロケットとモンドインテロの2頭が出走していました。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は3頭が出走しており、距離短縮適性の種牡馬適性が高い馬がミッキーロケットとモンドインテロとレーヴミストララルでした。
私は京都11Rは上記3頭を中心に馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのオウケンスターダとパトリヨテスム、中山4Rのプエルトプリンセサ、中京3Rのキョウエイボヌール、中京9Rのグローサーザール、京都1Rのハシルマサムネ、京都2Rのゼンノワスレガタミ、京都3Rのノゾミとネオヴェッキオ、京都4Rのフオーカード、京都5Rのロードコランダム、京都8Rのゼンノタチカラオ、京都9Rのキングストーンに少々興味を持っております。


  
Posted by morishita1 at 17:39TrackBack(0)

2017年01月07日

科学的競馬投資コメント20170108

さて今週の2競馬場のメインですが、


中山11RのG3のフェアリーステークスは、馬場脚質不利克服馬」はブラックオニキスとジャストザマリンとモリトシラユリの3頭が出走しており、「複勝軸馬候補」は1頭も出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬も1頭もいませんでした。
私は、中山11Rは上記3頭のワイド馬券を検討予定です。



京都11RのG3のシンザン記念は、「最強馬場脚質不利克服馬」はブレイブバオーズの1頭で、「馬場脚質不利克服馬」はトラストとタイセイスターリーとマイスタイルとメイショウソウビとブラックランナーの5頭で、「複勝軸馬候補」は1頭が出走していませんでした。
Adinhunter5の調教師種牡馬適性に関しては注目すべき馬は2頭が出走しており、3歳成長適性の調教師種牡馬適性が高い馬がアルアイン、芝ダ変更出走適性の種牡馬適性が高い馬がケンシンでした。
私は京都11Rは調教が抜けて良いアルアインを中心に上記馬たちを絡めた馬券を検討予定です。


月曜日の芝ダ変更出走馬は、中山2Rのニシノオマージュ、中山3Rのマイネルヴィレとゲンパチマサムネ、中山8Rのブレツイオーレ、中山12Rのロジテースト、京都1Rのブルーブラッド、京都3Rのテイルバックとスニグラーチカ、京都5Rのライオネルカズマ、京都7Rのメイショウミソラに少々興味を持っております。

  
Posted by morishita1 at 17:00TrackBack(0)